miix2 8のmicroSDをローカルディスク化する。


2013/12/28 Update:
microSDを32GBから64GBにした時に再度実行したら、「ドライバ署名の強制を無効」にせずともできました。
クリーンな環境でやっていないので確定できませんが、以下の手順で出来るかもしれません。
0.Class10のmicroSDを用意し、NTFSでフォーマットする
1.hitachi microdrive filter driverを入手する
2.Secure Bootをオフにする
5.ドライバのインストール
6.キャッシュの有効化
8.移動できる物は移動

32GB版で空き容量が雀の涙なので、microSDをローカルディスク化します。
これでリムーバブルドライブを拒絶するアプリケーション(Evernote等)やシステムフォルダを
microSDに移せる様になります。
※他にシンボリックリンクを張るという手もあります。

miix2 8はUEFIでSecurebootが設定されているので、旧世代の
PCよりも多少手順が面倒です。

Securebootを無効にすることによるセキュリティリスクは
旧来のPC同等と割り切るとして、気になるのが高速スタートアップ他の
OSとドライバが密接に連携する部分の動作。

暫く使ってみて問題がありそうなら戻そうと思います。
2013/12/28:特に問題なさそうです。

○やりかた。(2013/12/28記述変更)
0.Class10のmicroSDを用意し、NTFSでフォーマットする。
(略) miix2 8はUHS-I対応でないので、Classで一番速いsdcardが良い。

1.hitachi microdrive filter driverを入手する。
->Google.
ちなみにinfファイルの操作はしなくても何時も導入出来ている。
(その代わり互換性のあるデバイス一覧には出てこない)

2.Secure Bootをオフにする.
チャームの設定からPC設定の変更を呼び出す。
保守と管理から回復を選び、「PCの起動をカスタマイズする」で今すぐ再起動するを実行。
トラブルシューティングの詳細オプションから「UEFIファームウェアの設定」を選ぶ。
タッチ操作できるUEFIが起動するので、ConfigrationのSecure BootをOFFに。
Exitで「Exit Saving Chaniges」を選び設定を保存して起動。

2.5.BitLockerの無効化(やらなくてもいいかも)
※やらなくても出来るが、後ステップで50桁ぐらいの回復キーを入力するのが面倒だったら行う。
スタートアップ設定時に内蔵eMMCを読めるように、一旦BitLockerを無効化する。
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerの管理を選ぶ。
オペレーティングシステムドライブの「BitLockerを無効にする」を選ぶ。

3.回復キーの記録(やらなくてもいいかも)
※2.5をやった場合やらなくていい。
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerの管理を選ぶ。
オペレーティングシステムドライブの「回復キーのバックアップ」を選ぶ。
適当な方法を選び回復キーをメモしておく。

4.ドライバの署名を無効にして起動する.(やらなくてもいいかも)
※これは32bit版は要らない認識だと思っていたが、今回必要だった。
W500Sでは必要なかった覚えが有るので、8.1+UEFI環境での制限?
※このステップはUSB接続のキーボードが必須

チャームの設定からPC設定の変更を呼び出す。
保守と管理から回復を選び、「PCの起動をカスタマイズする」で今すぐ再起動するを実行。
トラブルシューティングの詳細オプションから「スタートアップ設定」を選ぶ。
※縦画面で出てこない時は「その他の修復オプションを表示」で表示される。

回復キーの入力を促されたら2で記録した回復キーを入力
※2.5をやった場合は出てこない。

スタートアップ設定で7を押し、ドライバ署名の強制を無効にして起動。

5.ドライバのインストール.
ExplorerのPCを右クリックして管理を選択。
デバイスマネージャーからディスクドライブの「Generic *** SD Card」を探す。
右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。
「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択。
「コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択。
「互換性のあるハードウェア」のチェックを外し、「ディスクの使用」を選択。
用意したhitachi microdrive filter ドライバのinfを選択して選び、次へ。
ドライバ署名がないことを警告されるので無視選びインストール。
再起動してドライバの詳細を開けば以下のようになっているはず。

microDrive

6.キャッシュの有効化
そのままだとキャッシュなしで遅いのでキャッシュを有効化する。
ExplorerのPCを右クリックして管理を選択。
デバイスマネージャーからディスクドライブの「Generic NCard SD Card」を探す。
右クリックして「プロパティ」を選択。
ポリシーの「高パフォーマンス」を選択。
これも再起動して適用。
※これを行った場合、動作中にmicroSDを抜くと容易にデータロストするので注意する。

7.5 BitLockerの再有効化
※2.5をやった場合
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerを有効にするを選ぶ。
あとはウィザードに従ってって有効化。

8.移動できる物は移動
%UserProfile%以下のドキュメント、ミュージックといったものをmicroSDに移動する。
各ディレクトリで右クリックをして、場所タブから移動出来る。
SkyDriveを使い込んでいると結構持っていくので、それも移動出来る。

ちなみに、SecureBootをOFFにせず無署名ドライバを導入するとOSの起動に失敗します。
その場合表示される回復メニューから、UEFIに入ってSecureBootをOFFにすれば起動します。

    • faron
    • 2015 4/26 9:09am

    こんにちは、コメント失礼します。
    今、miix 2 8の購入を検討して、容量がネックでしたのでこちらの方法を使ってmicro SDカードを使ってDドライブ化しようと思います。

    この記事を全て読み質問がありますが、まず今現在もこの方法は使えますか?
    また、micro SD 64GBを使用されたということですが、micro SDXCですか?HCですか?

    差し支えなければお返事よろしくお願いします。

    突然失礼しました。

      • lacia
      • 2015 5/7 5:36pm

      コメントに気が付くのが遅れてすみません。
      特に弄っていないmiix2 8であればどのモデルでもこの方法は利用できるかと思います。
      使用したSDはmicroSDXCをNTFSでフォーマットしなおしたものです。

  1. トラックバックはまだありません。