GENYMotionのVMイメージをシンボリックリンクでSDに逃がす。

AndroidエミュレータGenyMotionは標準だと%UserProfile%以下に
VMイメージを置きます。Nexus7のイメージだと2GB弱ぐらいで
miix2 8の32GBだと気になる容量です。
試しにmicroSDに移してみることにします。

Windows Vista以降でフォルダのsymlinkを作るには、MKLINK /D。

MKLINK

フォルダのショートカットとは違います。

symlink

左がsymlink、右がフォルダのショートカットです。

フォルダのショートカットと違い、プロパティでもきちんと容量などが反映されています。

microSDは内蔵のeMMCよりも大分速度に劣るので、GenyMotionのパフォーマンスが
落ちます。 実用に耐えるかどうかは個人の感覚次第。

私はKindleの為だけに設定しているので特に気になりませんでしたが
色々触っていると若干もたつきが出ているのが分かります。
とは言うものの、GalaxyNexusと比較すると実機も似たようなもたつきがあるので
十分許容範囲かな、と思います。

AppData以下にファイルを溜込むアプリケーションは大抵この方法で
microSDに逃がせると思います。
ここまでやると32GBのeMMCでも十分に空きが出来るので、実用上困ることはありません。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。