nano iDSDがmiix2 8で動いた

一旦はiPhoneと組み合わせてnano iDSDを使っていたものの
iPhoneのストレージ不足やDockコネクタの抜けやすさから
運用上のストレスがそこそこ溜まっていました。

日本のiFiサポートでも公式にwindows8.1対応が公表されたので
本国のサポートにメールを投げてみたところ、以下のような回答が(英語なので要約)。

>USB3.0Portの実装についてチップによって方言があり、互換性に問題が出ている。
>これはTechnetのサポートスレッドにも上がっていて、IntelのxHCI等が該当する。
>もし、xHCIをBIOSでDisableに出来るならそれを試して欲しい。
>これに対処するfirmwareを現在開発していて、数週間のうちにテストリリースする予定。

とのことだったのでmiix2 8のUEFI設定を見てみたところ、”USB Debug”の項目を発見。
これをONにするとxHCIが見えなくなり、代わりにEHCIが見える様になるみたい。

この状態でmiix2 8にnano iDSDを接続したところ、無事DSDやハイレゾ音源の再生が出来ました。
ドライバのspytoolを使ってみてもパケット落ちが無くなっているので、正常に動いています。

早速動いた旨をサポートに返信すると
>xHCIを無効にすることによって解消する、intel USB3.0 Portの問題はもうすぐアップデートする。
>アップデートがあったらまた連絡するよ。
との回答でした。

USB Debugを有効にした状態だと、nano iDSDが動く代わりに他のデバイスの認識が不安定になる様で
xHCIでも動作出来る様になるなら嬉しい限り。

アップデートを期待して待ちつつ、暫くはUSb DebugをONにして運用しようと思います。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。