nano iDSD運用

現在のポタアン運用は以下のような感じ。

○接続
-outer-
Bluetooth Remocon or Apple Remote App
-in bag-
miix(player) <–> microUSB延長 <–> USBHostCable <–> USBHub(+Battry,SD) <–> DAC

(option:Portable Wi-Fi Router)

miix2 8とnano iDSDを接続する為にUSBホストケーブルを挟んでいるのですが
それだけではバッテリーが持たないため、ポータブルバッテリーを追加。
また大量のDSDファイルを持ち歩くためUSBハブ経由でSDカードを追加しています。
miix2 8と各種機器の間はmicroUSB延長ケーブルを挟む事で、取り回しの難を回避。
操作はBluetoothリモコンか、無線LAN経由でRemoteアプリを利用しています。

○構成機材
・プレーヤー
Lenovo miix2 8 + foobar2000

・アンプ
nano iDSD

・リモコン
iRemote Shutter
or
Remote(+foo_touchremote)
WindowsPhone8/iOS

・ケーブル
二股USBホストケーブル (miix USBHub/Battry間)

microUSB延長ケーブル
CAP-LMM

・USBハブ(+SDカードリーダー)
USB-HCS307

・USBケーブル (USBHub/DAC間)
USB3-RL07BK

・USB周り供給バッテリー
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version

・ストレージ
sandiskの適当な64GB SDcard

miix+iDSD

この構成でのバッテリー持ち時間は8時間程度。
モバイルバッテリー1つでnano iDSDとmiix2 8、USBハブの電源を供給するので
ここの容量が大きければその分再生時間も延びるはず。
この時のnano iDSDはバスパワーモードで内部バッテリーの消費はなし。
miix2 8も電源供給を受けながら動作するのでタブレット本体のバッテリー基本は減りません。
(miix2 8で重い作業をすると供給が追いつかなくなり、多少減ることもあります。)

miix2 8はInstantGoの所為でディスプレイをOFFにするとデスクトップアプリの動作が止まるので
基本ディスプレイは最小輝度のまま付けっぱなしになります。

操作はボリュームだけnano iDSDを触る必要がありますが、あとはBluetoothリモコンか
各種Remoteアプリから可能です。
iRemote ShutterはiOS専用の表記ですがwindowsでも問題なく利用出来、WMPやfoobarなどの
メディアリモコンとして設定なく使えるので結構便利です。 バッテリー消費も抑えめ。
各種Remoteアプリは間にW-LANルータが必要ですが、iTunesで操作するのと同じく
曲名選択やプレイリストの選択、ジャケットの表示が出来るのでスマートフォンで音楽再生するのと
変わらない操作性が得られます。 ただしバッテリーはそれなりに食う模様。

DSDひとつの為にここまでやるのか、という感もあるのですが、iOS機の様に曲のインポートに
苦労することも無く、アンプやバッテリーもろもろはひとまとめにして鞄に放り込めば
外に出ているのはイヤホンとリモコンだけなので取り回しも楽です。

動作中の電力はモバイルバッテリーからすべて消費されるので、充電も1つで済むのが便利。
iOS機との連携だとアンプとiOS機別々に充電しなければならず、その度にコネクタを外すのが
面倒でしたが、この構成ならバッテリーにmicroUSBケーブルを挿すだけで済みます。
ケーブルは多くなりますがDockコネクタのような接続が不安定な箇所がなくなるので
移動中に音が止まることもなくなります。

暫くこれで運用してみようと思います。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。