FiiO X7 購入後即回収……

nano iDSDがヘタってきたのと、ケーブルの取り回しが面倒だったので
新しいDAPを探しました。

先日のポタ研で色々聴いてみた所、FiiO X7が良いと感じたのですが
本体に技適マークがありません。
オヤイデブースの方に聞いても要領を得ない回答で不安を感じつつも
まさか量販店で販売している製品で認証を取得していないという事はないだろうと
その日のうちに購入しました。
FiiO X7
翌日届いた製品を見てみたのですが、本体外装、電磁的表示、説明書共に認証の表示がなく
これはマズいのではないかと思いと問い合わせた所、確認するとの回答。
案の定、本日回収のお知らせが出てしまいました。

FiiOは海外の実売価格と国内の実売価格に結構な差があり、代理店のマージンが高いと言われています。
高い分、代理店として当然の仕事をしていると思いきや、そうではありませんでした。
結局製品は認証取得まで回収され一ヶ月以上使えない見込みで、希望者には代替機が貸し出される
とはいえ下位機種。 ちょっと残念な結果です。

普段携帯電話を中心としたクラスタにいると、技適マークの話題は日常的であり
国内で正規に売られている製品は取得して当たり前、という認識なのですが
オーディオ関係だとまだまだ認知度は低い様です。
Wi-FiやBluetoothは包括免許ではないので、使用者本人が罪に問われます。
販売する側も、この辺りはもうちょっとセンシティブに対応して頂きたいものです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。