代替機のFiiO X5 2ndが来ました。

FiiO X7を素直に送り出し、代替機としてX5 2ndを借りています。
X7と比べて結構音に違いがあるので、軽く個人的な感想を書いておきます。
X5 2nd
音は極めてフラットで味付けが少なく、抜けが非常に良いです。
DSDはネイティブという事ですが、上記の通りの音なので
DSDらしい暖かさといったものは少なく、冷たいはっきりとした音がします。
X7は比較的リスニング向けの味付けがしてあり、DSDも暖かい感じなので
同じメーカーの上位下位で結構違うものだと驚かされます。
丁度ソニーのNW-ZX1とZX2の関係に近いものがあるのかもしれません。

画面は高精細ではありませんが色は鮮やかで、ジャケットが綺麗に表示されます。

操作性はホイールと5つのボタンを駆使して操作しますが、曲が大量にあると
プレイリストへの追加が面倒で、イコライザも一度トップメニューに戻ってから
設定に入らないといけないので結構手間です。
ホイールと中央のボタンは結構簡単に反応するので、ロックせずにポケットに
入れると反応してしまって余り使い勝手は良く有りません。
これくらいの価格帯のDAPだとUIにかなり癖があるものもの(VALOQ、CayinのN兄弟等)がありますが
それらに比べれば操作はしやすいです。

個人的にはある程度リスニングに合わせてチューニングが入っているX7の方が好みですが
ここまで音が違うとX5 2ndの方が好き、という方も結構多いのではないのかと思います。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。