(GPD WIN)JoyToKeyがスタンバイ復帰時に暴走するのをなんとかする

#2017/01/14:電源OFFからの起動時に上手く動作してなかったのを修正

GPD WINについているスティック類を有効活用出来るのがJoyToKeyですが
これを起動したままスリープや休止状態にした後、ある程度時間が経ってから
復帰させるとポインタの速度がしばらく高速になり操作が難しくなります。

原因はどうやらJoyToKeyの側にあるっぽく、プロセスを再起動すると直ります。
毎回手で再起動するのも面倒くさいので、コピペでスクリプトを書いて
ロック解除時に実行する様にタスクスケジューラに組み込みました。

しばらく使ってみて問題無さそうなので貼り付けておきます。

設定
1.このzipファイルをダウンロードして解凍します。

2.JoyToKeyを以下のディレクトリに配置。
C:\Programs\JoyToKey\JoyToKey\JoyToKey.exe

3.「restartjoytokey.vbs」を以下のディレクトリに配置
C:\Programs\JoyToKey\restartjoytokey.vbs

4.この上でタスクスケジューラに「JoyToKey Logon statup.xml」をインポートすると
任意のユーザでロックを解除した際にJoyToKeyを強制的に再起動します。

中身も簡単なのでもし動かなかったら適当に直してみてください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。