投稿者のアーカイブ

フユウソのバナーを設置しました。

『フユウソ -Snow World End-』を応援しています!
フユウソについて
ウソシリーズもいよいよフユが舞台に。
DRMが気になりますがウソシリーズは好きなのでここまでは買います。 発売が楽しみです。
#大きいバナーが公開されたので差し替えました。

Fossil Q Marshalを買いました。

Fossil Q Marshalを購入しました。
Moto360のバッテリーが消耗して電源が入らなくなったので買い替え。
本当はAndroid wear2.0プリイン機を待ちたかったのですが、wearを結構便利に
使っていたので不便さに耐えきれず、セールで割り引かれていたのもあって、つい。
Fossilの時計はWrist PDA以来なので、大分久しぶりですね。

Android wearとしての使い勝手は、SoCが新しくなっているので動作が速くなっているのと
腕を振る動作での操作の精度がかなり良くなっています。
バッテリーも第一世代に比べてかなり持つ印象で、丸24時間ぐらいは普通に使える様に見えます。
Moto360と比較するとパルスセンサーがありませんが、そちらはPULSENSEに任せているので問題なし。

購入後すぐにwear2.0が降ってきましたが、写真では龍頭に見えるものが実際には押しボタンなので、
龍頭をダイヤルとして使うことが前提の2.0のUIはちょっと慣れていません。

写真でみるとMoto360とあまり変わらないように見えますが、本体の重量がかなりあります。
例としてあげると
G-SHOCK(MTG0910DJ-2JF):118g
Moto360+ pebble steel スチールバンド:81g
iPhone SE:132g
に比べて
Q Marshal:152g
となり、iPhoneよりも重いです。ガワが厚いのもありますが、ベルト部も分厚くて重いです。
腕に152gは結構ずっしりきます。タイピングしている時にはちょっと手首が痛くなりますね。

Fossilは2年保証なのが嬉しいですね。Moto360の様にバッテリーが消耗してもカバー出来ます。
重さ以外はとても満足しているので、これから2年頑張ってもらおうと思います。

ここ数年、桜を撮る機会に恵まれなかったのですが
久しぶりにお休みと開花が合ったのでお出かけしてきました。
ようやくα7IIに合うフルサイズ用のレンズを手に入れたので、それの試写も兼ねて。
Cherry blossom 2017
空模様は残念ながら快晴とはいかず曇りでしたが、過ごしやすい気温でした。
桜の淡い色と曇がかぶるとなんだか白っぽい絵になってしまって
自分の腕だとあまり良い写真は撮れませんでしたが、久しぶりに充実した1日でした。
Cherry blossom 2017

桜のトンネル。写真だと微妙ですが実際はかなりいい感じの場所です。

Cherry blossom 2017

来年もまた桜がみられるといいな。 できれば快晴で。

iPhone SEを買いました。

2月ぐらいにiPhone SEを買いました。
年初にあんしんGPS用に持っていたiPod Touchを割ってしまったのと
目覚ましに使っていた5Sのバッテリー妊娠。
それにZ5Cへの色々な不満が重なって、物欲が爆発。

iPhoneを0円以外で買うのはゴミクズだったiPhone3G以来ですが
SEの今となっては小柄なサイズと、ローズゴールドの上品な色合いはとても気にっています。
久しぶりのiOS機なので何かにつけて無駄な制限があるのは変わってないなぁという感じですが
ハイエンドのはずのZ5Cよりも圧倒的に快適な速度で動くので満足度は高いです。
iOS機だけというのも辛いので、しばらくはZ5Cと併用して使っていこうと思います。

#5インチ以上は携帯ではなくタブレットだよ教徒なので最近の大型化した携帯には全く興味がなく
#Appleが4インチを5Sで廃盤にせずSEを出してくれたことにはとても感謝しています。

ピュアソングガーデン!のバナーを設置しました。

いつものように右下にちょこっとだけですが。
ピュアソングガーデン 2017.6.30 Live Start!
ピュアソングガーデン!について
「ココロNEO」「なついろレシピ」「見上げてごらん、夜空の星を」と最近のPULLTOPでおなじみの高嶋栄二氏企画の本作品
シナリオには紺野アスタ氏も参加しており、最近のトレンドを取り入れた新しい物語が楽しめそうです。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

IYH! Carl Zeiss!

IYH! Carl Zeiss!

水葬銀貨のイストリアのバナーを設置しました。

いつものように右下にちょこっとだけですが。
ウグイスカグラ『水葬銀貨のイストリア』

ヨナキウグイスの「運命予報をお知らせします」
ウグイスカグラの「紙の上の魔法使い」
ルクル氏のシナリオはひと味違って、毎回良い意味で予想を裏切ってくれます。

「―――ハッピーエンドを、約束しよう」

今回も楽しみです。

(GPD WIN)JoyToKeyがスタンバイ復帰時に暴走するのをなんとかする

#2017/01/14:電源OFFからの起動時に上手く動作してなかったのを修正

GPD WINについているスティック類を有効活用出来るのがJoyToKeyですが
これを起動したままスリープや休止状態にした後、ある程度時間が経ってから
復帰させるとポインタの速度がしばらく高速になり操作が難しくなります。

原因はどうやらJoyToKeyの側にあるっぽく、プロセスを再起動すると直ります。
毎回手で再起動するのも面倒くさいので、コピペでスクリプトを書いて
ロック解除時に実行する様にタスクスケジューラに組み込みました。

しばらく使ってみて問題無さそうなので貼り付けておきます。

設定
1.このzipファイルをダウンロードして解凍します。

2.JoyToKeyを以下のディレクトリに配置。
C:\Programs\JoyToKey\JoyToKey\JoyToKey.exe

3.「restartjoytokey.vbs」を以下のディレクトリに配置
C:\Programs\JoyToKey\restartjoytokey.vbs

4.この上でタスクスケジューラに「JoyToKey Logon statup.xml」をインポートすると
任意のユーザでロックを解除した際にJoyToKeyを強制的に再起動します。

中身も簡単なのでもし動かなかったら適当に直してみてください。

代理店としての仕事をしない緑屋電気

Makuake(緑屋電気)経由で入手したGPD WINですが
付属しているWindowsのライセンスが怪しいという話があり
手元のプロダクトキーについてMSに問い合わせてみたところ
MSDN向けのライセンス、つまり非正規品でした。
電話口でプロダクトキーをロックするとも言われたので、使用も出来ません。
緑屋電気には12/10に確認のメールを送っているのですが、未だ返答がありません。

Makuake経由のGPD WINには緑屋が入れた1年保証の紙が入っていますが
この分だと他の件でも対応されるかどうか。
本件で問題があるのはもちろん非正規なライセンスを添付しているGPD社ですが、緑屋電気も
Makuakeで国内において必要な手続きを請け負うといううたい文句で出資を集めています。
国内総代理店を自称しておきながら必要な仕事が全く出来ておらず、呆れてしまいます。

とりあえず手持ち分はロックされてしまったので、余っていたリテール版ライセンスに入れ替えていますが
これもPCの買い換えで剥がしたいと思っているので、緑屋電気には早急な対応をしてもらいたいものです。

2017/01/20:追記
何度かといあわせた所、やっと新しいプロダクトキーが送られてきました。
正規品かどうかという問い合わせについては「メーカーが正規品と言ってるから正規品です」という回答。
子供のおつかいじゃないんだからさぁ…
一応チャネルはリテールからOEMに変わったものの、どうも怪しいので正規の10 Proを買ってインストールしました。
突然使えなくなったりしたら嫌ですからね。

FiiO X7のケースと3.xβ

FiiO X7と同時に購入した純正のケース、本革のLC-X7Bを使用していましたが
約半年の利用で各部ともボロボロになってきたので買い直しました。

X7は重量があり、鞄に入れておくと各部とも擦れて駄目になっていくのが早い気がします。
今度購入したのは合皮のLC-X7A、本革とは$2違いでAliexpressで売られています。
1週間ほどで届きましたが、合皮だからなのか本革のX7Bよりも伸びが少なく
ケースだけ持っても本体がすっぽ抜けないので良い感じです。
ケースの質感については本革の方が良い気もしますが、この辺りは好みかと。
X7自体が1年前の機種(といってもFiiO的にはまだ最新フラッグシップですが)なので
純正以外のケースの選択肢がなくなっていきています。
本体重量があることもあり、結構簡単に傷が入ってしまうので、ケースはあるうちに
確保しておいた方が良いかもしれません。

昨年10月くらいから、FiiO X7のFirmware3.xβが始まりました。
元々X7のAndroidはSoCの都合上4.4までしか対応しないという話でしたが、
FiiOの方でドライバから書き起こすという大プロジェクトで5.1に上がることとなりました。
Androidのバージョンアップだけでなく、各種ブラッシュアップや、ViPER4Android、apt-Xの搭載
新機能のオンパレードで、中国企業らしい勢いの良さを感じさせます。
βも週一回のアップデートを何度も経て、3.10では大分完成度も高くなりました。
まだバグが残っている場所もありますが、安定すれば素晴らしいプレイヤーになると思います。