投稿者のアーカイブ

最近プレイしたゲームの雑記

ここの所Blog更新サボり気味なので、ここ数ヶ月でやったゲームの雑感を
箇条書き的に書いておきます

まいてつ
E-mote採用の今作、演出面では今年1番の出来です。
キャラクターのかわいさと、E-moteならではのちょっとした動きが演出に花を添えます。
主要登場人物全てにルートがある上に、一度攻略すれば
どの箇所からも再開出来るシステムは中々手が掛かってると思います。
シナリオ面でもそれぞれキャラクタが活きる展開になりますし、
グランドルート以外はとても良い感じでした。
グランドは各シナリオをくっつけただけなので要らなかったんじゃないかなぁ

ナツウソ
ウソシリーズ第二弾。
前回同様メインヒロイン1人ということもあって、綺麗に話が纏まっていると思います。
Afterシナリオがそれまでの展開からするとうーん?という所もあって
ハルウソと比べると最初の方が良かったかな、という場面もありますが、満足しています。
アキウソも楽しみですね。

アマツツミ
絵がとても綺麗。あと挿入歌の入れ方が素晴らしいです。
シナリオは御影氏ということもあって、efっぽいとか水夏っぽいとか
そんな場面もありますが総じて良いお話でした。
ほたるルートはENDが2つありますが、これは賛否が分かれるところだと思います。
個人的にはEND1の方が好きな終わり方ですが、END2の方が大団円っぽいので
こちらが好みという人も居るでしょう。

カタハネ ―An’ call Belle―
良い作品は時間が経っても色あせない。そんな作品でした。
本編は画面サイズが変わった以外の変更はないのですが、旧作は4:3の画面を
よく活かした画面構成だったので、ワイド対応の今作だとちょっと印象が変わります。
何度もプレイしていますが、Memories are hereの流れるグランドエンディングはやはり卑怯なくらい涙腺を刺激します。
付属の冊子も2冊組みで内容もファン垂涎もの。満足度が高いです。

#今月の作品だと生命のスペアが気になっているのですが、同じライターの前作が良くなかったので
買おうかどうか迷っています。 友人のレビュー待ちです。

見上げてごらん、夜空の星を雑感

ここの所Blog更新サボり気味なので、ここ数ヶ月でやったゲームの雑感を
箇条書き的に書いておきます。 まずはみあげて。

見上げてごらん、夜空の星を(含むFD)
それぞれキャラクター毎に別々の天文要素を入れているのですが、無理に入れ
なくても良かったんじゃないかな、と思う描写がしばしば。
前作ころげては部活としてのゴールが1つだったので、部活仲間+モーニンググローリーを目指す
という共通目標で地盤を固めた上で各キャラクターに焦点が当たっていましたが
今作はそれぞれ部活としてのゴールも別で、それとは別にキャラクタ間の人間関係も描いて、と
色々やっているのでどのルートも散漫な感じではありました。

ひかりルートが一番綺麗にまとまっている感じで、次点が織姫ルートかな。
沙夜ルートはキャラクタは可愛いのですが、お話的にちょっと。
主人公が好きなのに3人の関係に気を遣って我慢して、そしてやっと結ばれたのに
その「幸せ感」みたいなものがあまり見られない描写でした。

全体的にころげての期待感のままみあげてに行ってしまったので、肩すかし感があります。
あと、FDでひなみんルートが期間限定DLというのが一番萎えました。
予約して定価で買っているのですから、予約特典はDisc収録で物理媒体で提供すべきだと
思いますし、百歩譲ってもダウンロードに期限を設ける必要はないと思います。

ワイモバイルPHSの迷惑メール防止機能仕様変更に関するメモ

2016年6月下旬から、ワイモバイルの迷惑メール防止機能の変更が実施されました。
この仕様について、一部分かりにくい点があったため、問い合わせた
結果についてメモしておきます。

新しい迷惑メール防止機能では、受信許可・拒否設定(いわゆるホワイトリスト・ブラックリスト)が
オンラインサインアップの他、My Y!mobileからも設定可能になりました。

この機能はオンラインサインアップとMy Y!mobileで設定が同期しているのではなく
それぞれ独立して設定を保持しており、また、チェックについても
オンラインサインアップの受信設定と、My Y!mobileの受信設定とで、2重にチェックされます

メールの配送としては簡単に書くと

外部MTA→Y!mobileMTA(→My Y!mobile迷惑メール防止機能システム(1回目)
→オンラインサインアップ受信許可・拒否設定システム(2回目))→端末
となる様です。

このため、どちらか片側で許可設定をしていても、もう片方で拒否設定をしていた場合
拒否設定に従いメールが配送されません。

オンラインサインアップからはMy Y!mobileでの設定を確認することはできず、
またMy Ymobileからもオンラインサインアップでの設定を確認することはできません。

オンラインサインアップ側は設定可能な項目数も少ないので、My Y!mobile側に手動で
設定を移行するのが綺麗な対処方法かなと思います。

カタハネとアマツツミのバナーを設置しました。

カタハネ ―An’ call Belle―及び
アマツツミのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。

カタハネ ―An' call Belle―

カタハネはブログ用のバナーが公式で用意されていないので貰ったクリアファイルをバナー代わりに。
J-MENT氏がGoogleDriveで画像配布されていたのでそちらに差し替えました。(7/2:発売日延期に伴い画像差し替え)
個人的に大好きな作品のリニューアルとあって、とても楽しみにしています。

【アマツツミ】応援バナー

アマツツミはCGが幻想的で綺麗、水夏を書いた御影氏のシナリオも楽しみです。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

春のヘッドフォン祭2016に行ってきました。

箇条書きで感想など。
DSC09179

・64Audio ADEL
友人が絶賛していたのですが、聴いてみてびっくりしました。
カナル型でありながら、音のヌケが非常に良く、閉塞感がありません。
聴き疲れもなく、何時間でも聴いていられそうでした。
12ドライバと10ドライバを聴きましたが、10ドライバは開放感が高く
12ドライバはその上で密な音鳴りでした。曲によって使い分けたい感じです。
価格が価格なのでおいそれとは手が出せませんが、非常に面白い製品でした。

・Shenzhen Qili Audio Application 8SH/CH
8ドライバと多ドライバ構成でありながら、その音は一言で言うならばとてもシンプルです。
良い意味でシングルドライバのような1つにまとまった綺麗な音色でした。
IEMが多ドライバ化するにつれてどんどん音が「こってり」していく傾向にある中
一つ飛び抜けているようなモデルでした。

ここから下はあくまで個人的な感想です。貶める意図はありません、と前置きした上で

・ULTRASONE Tribute 7
ベースモデルが12年前のモデルということもあり、まず装着感の段階であまりよくありません。
側圧が高く数分の試聴でも違和感を感じました。 頭、耳共に、上手くフィットしません。
音についても釣るしで売っているbeyerdynamic辺りの数千円のヘッドフォンの方が「鳴る」と
言えるレベルで、正直な所希少価値以外に良い点を感じられませんでした。

・けいおん!ハイレゾ音源
会場のコンテスト評価項目で1曲、先行で聴くことが出来ましたが
元々けいおん!の楽曲は(上から下にばらつきがあるアニソンの中でも特に)音質が良くなく、それは
ハイレゾリマスタになっても変わりませんでした。音圧が高くてダイナミックレンジが狭く、割れているような音です。
そういう表現の曲と言われればそれまでですが、評価機材が色々拘ってる機材ばかりなのもあって、悪目立ちしていました。

FiiO X7のあれこれとAM2。

DSC09189
AM2
技適未取得による回収のお詫びとしてAM2モジュールが発売日に届きました。
AM1と比べて解像感が上がっており、音の伸びやかさも上がっているようにきこえます。
最初からこちらを付属していたら、評価もまた違ったのかもしれません。

FiiO X7のあれこれ
X7はAKシリーズと違ってあまり数が出ていない様でレビューが少ないです。
音質的な側面については聴いてみるのが一番だと思うので
それ以外の実際に使ってみてわかる部分について書きます。

・純正ケース
付属のプラスチックケースとは別にFiiO公式の革ケースがあります。オヤイデは取り扱っていませんが
aliexpress等でLC-X7A/LC-X7Bという型番で扱っています。片方が合皮でもう片方が本革とのこと。
本革の方が19ドルぐらいでした。上の写真にあるものがそれです。
写真の通りアンプモジュールの為に底面が全て解放されているので、ケースだけ持つと
スポッっと抜けて落としそうになりますが、質感は悪くありません。
オプションドックのK5(日本未発売)はケースを付けた状態では装着出来ません。

・バッテリーの持ち
公式の持続時間はMP3での再生時間だそうで、flac大多数/少数DSDの構成でランダムループすると
6~7時間ぐらいといった所です。 Wi-Fi有効でネットラジオを聴くとその半分くらい。

・リモコン
Bluetooth接続のリモコン(iRemote ShutterやSP-01Mで確認)で再生・停止・曲送り戻し・ボリュームの操作が可能です。

・OS
Androidは4.4、Head-FiのX7スレによると、SoCの都合上5.x系以降には
対応する予定はないそうです。

2016/10/09追記:誤情報でした すみません。
近々リリース予定で5.1のpublic betaが始まりました。新機能満載で楽しみです。

・FiiO Musicのタグ文字化け
今の所UTF-8揃えにしないとタグが化けるみたいです。 MediaGoで取り込むとタグもジャケットも
綺麗につくので、flacに揃えるのと合わせて取り込み直しました。

・FiiO Musicの検索バグ
今の所検索でIMEからの入力だと、2文字目以降が表示されません。
1文字入れた後Backspaceで消して、もう一度入れると表示されます。
入力自体は出来ているので、そのまま勘で入力しても検索できます。

・動作モード
X7にはAndroidとして動くANDROIDモードと、FiiO Musicのみが動くPure Musicモードが
ありますが、2つのモードの違いは、ホームアプリが切り替わり、FiiO Music”しか”呼べない
ホームアプリが設定されるか、通常のホームアプリが設定されるかの違いでしかありません。

Pure Musicモードはオヤイデの紹介ページには「他のAndroidアプリとのシステム競合が起きない」と
書いてありますが、実態としてバックグラウンドアプリケーションの起動が抑制されたりはせず
インストールされているアプリはHomeから呼べないだけで動き続けるため、例えばPowerAMPなど
他のミュージックアプリを入れていた場合、イヤホンジャックの抜き差し等をトリガーとして競合します。
これはBatteryMixのような常駐するタスクマネージャ機能のあるアプリをインストールする事で
確認出来ます。(ステータスバーの表示も抑制されないので、Pure Musicモードでもこれらは動きます)

初期のレビュー(Engadget等)では独自OSとAndroid OSの排他のような書き方をされている所もありますが
上記の通り、動作モードの設定はただのホームアプリ切り替え機能に過ぎません。

・ネットラジオアプリ
音泉、らじるらじるはGoogle Playからインストール出来動きますが、radikoはインストール出来ません。
これはFiiO X7の構成として位置情報サービスが有効でない(設定の位置情報項目自体が存在しない)為で
apkのみを入手してインストールしても同サービスが動かないため、利用出来ません。
(恐らく同様の理由で)i-dioもインストール出来ません、apkで入れてみましたがチューナーへ接続が出来ませんでした。

・Wi-Fiとノイズ
X7をIEMで利用する場合、Wi-FiをONにすると出力にノイズが乗ります。これはHead-Fiのスレッドで既に議論されていて
抵抗値の高いヘッドホンで起きなければ、製品としての仕様の範囲、という回答が出ています。
初期ロットの一部についてはヘッドホンでも乗るものがあるらしく、これは交換対象になるようです。
音楽再生中は分からなくなるレベルのノイズなので、個人的には気にしていません。

・DACモードドライバ
署名されていません。 よって、SecureBoot環境では丸ごと無効にしないとDACモードは利用出来ません。
X7に限らず、FiiOの製品は皆署名されていない様です。
今時国内で署名されていないのなんて評価ボード系ぐらいだと思いますが、この辺りは流石大陸メーカーのDAPだな、と。
オヤイデにもFiiO本体にも要望は出しましたが、この先対応されるかは分かりません。

その後、署名したドライバがリリースされています。
オヤイデのサポートページだとページによってまだ古いドライバへのリンクがありますが
FiiO公式の方から落とすとXシリーズ統合ドライバがダウンロード出来ます。
手元のWindows10(64bit/SecureBoot)環境で試しましたが正常に入りました。
本体Firmware2.0からはDACモードでDoPもサポートされたので良い感じです。

オータムリーフ管弦楽団第11回定期演奏会に行ってきました。

以前からYoutubeチャンネルで存在は知りつつも
中々行く機会に恵まれなかったオータムリーフ管弦楽団
定期演奏会にやっと行くことが出来ました。

DSC08903

この楽団のちょっと変わったところは、他と違って
主に美少女ゲームの楽曲を演奏している所です。

ゲームミュージックを扱う楽団や演奏家は結構あったりしますが
美少女ゲームの楽曲はジャンルがジャンルだけに表立って
活動されている方が少なく、この楽団の存在は非常に貴重です。

入場後のWelcomeコンサート(入場~開演までの間に行われる数人での演奏)では
幻想楼閣や櫻ノ詩を生の楽器で聴くことができて、それだけでも感動します。
こういった楽曲はそもそもがDTMなどで制作されている事が多く
生の楽器で演奏された音源自体が殆どありません。
それが目の前で「生演奏」されているのですから、それは、もう。

開演後の演奏も各曲、とても素晴らしいものでした。
特に楽曲のゲームをやっていると、そのゲームに対する思い入れと一体となって
生の楽器の伸びやかで天井のない音が、心を打ちます。

前半、特に良かったのが「アイの庭」です。
Gardenというゲームの背景、アイの庭自体の楽曲の良さ、そしてアレンジされた
生の演奏、全てが一体となって、聴き手に響いていきます。
語彙が少ないので表現しきれませんが、途中で涙が出てきそうになりました。

後半は「iを解きなさい」
原曲が割とエレクトロニカなサウンドなので、どうアレンジされるのかが楽しみでしたが
なるほどそうきたか、と。原曲の雰囲気を崩さず、綺麗に演奏されていました。

アンコールのPOWDER SNOWも素晴らしかったです。(語彙力が尽きました)

ここまで記事を書いていて自分の語彙力の無さに絶望していますが
個人的にはこれまで聴いたコンサートの中では一番の体験でした。

私は昔ピアノをちょっとかじったぐらいで音楽は素人なので
応援しかすることが出来ませんが、これからも続いていって欲しいと思います。

2016/08追記:動画がアップロードされていましたのでペタリ。

録音だとかなり印象が違っているのですが、会場だと包み込まれるような生の音でこれが聴けるのです。
これ、一度聴いたらやみつきになりますよ。

FiiO X7が帰ってきました。

まさかの技適取得してませんでした事件から一ヶ月、FiiO X7が帰ってきました。
当初の案内ではFirmwareアップデートによる電磁的表示の予定でしたが
結果としては本体へのシール貼付で対応となりました。
giteki
同梱されいたお知らせ書類の内容から察するに、並行輸入品対策でもありそうです。

X5 2ndに一ヶ月慣らされたので改めて見ると本体でかっ、重量おもっと感じますが
Bluetoothリモコンが使えるので、この辺りは鞄に入れてしまえば気にならないハズ。
FiiO X5 2nd,X7
X5 2ndと聞き比べてみると、やっぱりこっちの方がリスニング向けで
聴いていて疲れない感じです。どちらが良いかは好みが分かれそうですね。

今回の回収協力者には今後発売されるAM2アンプモジュールが無償提供されるらしく
今のAM1と比較して、どの様な音になっているか楽しみです。

代替機のFiiO X5 2ndが来ました。

FiiO X7を素直に送り出し、代替機としてX5 2ndを借りています。
X7と比べて結構音に違いがあるので、軽く個人的な感想を書いておきます。
X5 2nd
音は極めてフラットで味付けが少なく、抜けが非常に良いです。
DSDはネイティブという事ですが、上記の通りの音なので
DSDらしい暖かさといったものは少なく、冷たいはっきりとした音がします。
X7は比較的リスニング向けの味付けがしてあり、DSDも暖かい感じなので
同じメーカーの上位下位で結構違うものだと驚かされます。
丁度ソニーのNW-ZX1とZX2の関係に近いものがあるのかもしれません。

画面は高精細ではありませんが色は鮮やかで、ジャケットが綺麗に表示されます。

操作性はホイールと5つのボタンを駆使して操作しますが、曲が大量にあると
プレイリストへの追加が面倒で、イコライザも一度トップメニューに戻ってから
設定に入らないといけないので結構手間です。
ホイールと中央のボタンは結構簡単に反応するので、ロックせずにポケットに
入れると反応してしまって余り使い勝手は良く有りません。
これくらいの価格帯のDAPだとUIにかなり癖があるものもの(VALOQ、CayinのN兄弟等)がありますが
それらに比べれば操作はしやすいです。

個人的にはある程度リスニングに合わせてチューニングが入っているX7の方が好みですが
ここまで音が違うとX5 2ndの方が好き、という方も結構多いのではないのかと思います。

ナツウソと見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYSのバナーを設置しました。

ナツウソ-Ahead of the reminiscence-及び
見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYSのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。

ナツウソ-Ahead of the reminiscence-

ハルウソはお手軽価格なのに結構充実感あって、シナリオも面白かったので今回も楽しみです。

見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 2016.5.27 First light!

FDは出さないブランドだったPULLTOPが半年も経たずにリリース、きっと既定路線だったのでしょう。
また通い妻ちゃんに会えるのが楽しみです。
(とはいえ、本編発売から3ヶ月足らずでフルプライスに近いFDの発表、本編同梱でも1万円ちょいだと
予約してフルプライスの本編を買った身からするとちょっと複雑です。
これくらい価格差があると、次回は予約しないでしばらく様子を見ようかなぁ、なんて思ってしまいます。)

#例によってしばらくこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。