カテゴリー : Gadget

スマートスピーカーについて

スマートスピーカを導入して数ヶ月経ち、その間に得られた情報を書き出しておきます。

・Amazon Echo Dotについて
発売と同時に招待されて2017年11月15日に購入。
毎日最初の1回目、もしくは時間をおいて話かけた1回目において、「すみません。 EchoDotの接続が中断されました。」
というエラーを起こすことが多い。 Echoのアップデートはユーザに通知されず、Alexaアプリからもバージョン情報が得られないため発生条件は分からない。
2017年2月にサポートに依頼して本体交換をした所改善、上記の通りソフトウェアの状態がわからないのでハードウェア起因なのか、ソフトウェア起因なのかは分からないが交換後は1度も発生していない。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識した事は一度もない。

カレンダーにExchangeを指定可能。

Amazon Musicは国内では今のところ手持ち音源のアップロードが出来ないので音楽再生はBluetooth経由が使いやすいが音質的にスマートフォンとの差は小さく、あまりスピーカーとして利用する意味はない。

・Google home miniについて
半額キャンペーン実施中の2017年12月3日に購入。
本体上部のボタンはアップデートで無効にされているはずだが、なんらかの拍子に有効になることがある。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識することは時折あるが、コマンドと認識できなかった場合サイレントに待機に戻るので気にならない。

カレンダーはGoogle Calendarのみ利用可能。

Google Play Musicは手持ち音源のアップロードが出来、かつサブスクリプションを結ばなくても
再生が可能なため、単体で音楽再生が可能。 ただし曲名や歌手名、特に英語のものについては認識精度が悪く予めPCなどでプレイリストを作成しておき、それを指定する方が使いやすい。
プレイリスト名も日本語以外は認識しづらい。
この認識は音声認識エンジンの問題というよりは、Google Play Music側の問題に見える。
例えば「橘ありすのin factを再生」と呼びかけると、アクティビティからは正常に認識していることが分かるが、一致する楽曲があっても
「現在利用できないようです」との応答を返す場合がある。この事象は曲によりけりで、認識しない曲はプレイリスト以外で再生することができない。
例えば「橘ありすの曲を再生」と呼びかけると橘ありすの曲を順番に再生し始めるが、上記エラーが返る楽曲はスキップされて再生されない。

・LINE Clova WAVEについて
先行版を2017年8月に購入。
ウェイクワードの誤認識/音声認識不良が非常に多く、アップデートでも改善されないため2017年12月に処分。
Bluetoothスピーカとしても、LINE MUSIC使用時とBluetooth使用時で音質差があり、使用に耐えるものではなかった。

・LINE Clova Friendsについて
WAVE先行版利用者向けの特典として、12月に無償提供された。
ウェイクワードの誤認識はWAVEに比べて幾分改善されているが、他の製品と比較すると頻度はかなり多い。
認識状態になるとどんな音でも反応してしまい、また連続して認識状態となるため、長時間無意味な応答を返し続ける事が多い。

LINE通話機能は便利そうにみえるが、既に利用しているLINEアカウントとのヒモ付が必要で、かつそのアカウントからの発信扱いとなるため環境によっては不便。
例えば妻と夫が居て、Friendsに夫のアカウントを登録した場合、外から夫が家にいる妻に電話をかけても、Friendsは反応しない。
逆に妻が夫に電話した時には反応する。
LINEメッセージはClova Friendsのアカウントが作成され、そこへのメッセージ送信となるため、妻と夫どちらのアカウントでもFriendsは反応する。 
通話とメッセージで仕様が違う理由は不明。

LINE MUSIC以外の音楽プロバイダを選択することはできず、LINE MUSIC自体に手持ち楽曲アップロード機能が存在しないため
手持ち楽曲を再生するにはBluetooth接続しかない。 WAVEと違い音質差はほぼないが、そもそも音質があまり良くない。

Amazon EchoやGoogle Homeと違い、現時点で開発者向けのインターフェイスは提供されていないので出来ることはかなり少ない。 

2017年、買って良かったもの、そうでもなかったもの

良かったもの
1.iPhone SE
巨大ファブレット全盛の中4インチというコンパクトさで片手で操作しやすく
性能もメインストリームラインということで凄く使いやすいです。
ローズゴールドの色も綺麗で、5Sの後継として活躍してくれています。

2.GPD Pocket
KickStater組でした。最初から例のマークもあり、大した不具合もなかったので
VAIO type Pの後継として大活躍してくれています。ポインティングデバイスもあり
フルサイズのUSBポートもあり、普通に使えるノートとして大活躍してくれています。

3.TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 11 USD (F004S)
いわゆるたむきゅー。
SEL2470Zが寄れなかったり撮るもののと合わなかったりとでα7IIで使える
ポートレートレンズが欲しかったのですが、LA-EA1/3でAFが使えるモータ内蔵の
F004Sが他のマウントと比べて半額になっていたのでポチり。
90mmなので狭い部屋でドール撮影するとちょっと苦労するのですが、寄れますし
撮れる絵もやわらかで好みの絵なので、これから活躍してくれると思います。

4.iPad Pro 10.5
新しいiPad(3rd)がiOS9でもういい加減使うのがつらいので思い切って買い替えました。
重量が軽くなり画面も広くなったので、ビューワーとしては凄く活躍してくれています。
iOS11でファイル操作が若干出来るようになったため、クリエイティブな用途にも活躍を
期待しましたが、やはりまだアプリ間でのファイルの受け渡しや、機能的な制限から
PCのような高度な作業というのは難しい様に思えます。

そうでもなかったもの
1.LINE Clova WAVE
未完成
8月の先行体験版から三ヶ月様子を見ましたが、競合と比べて音声認識で大きく劣り
アプリやデバイスの連携も皆無で今のところ周回遅れのプロダクトだと思いました。
Google HomeやEcho Dotは活躍してくれています。

2.Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS (SEL2470Z)
α7IIでフルサイズの標準ズームが欲しかったので買いましたが
あんまり描写が好みでなく、寄れないのに加えて後からFE 24-105mm F4 G OSSが発表されたので
買うならこちらを買えばよかった…という気分です。
ワイド保証5年つけてしまったので値段分は使い倒す気ではありますが、24-105も気になります….

スマートスピーカー3種雑感

Google HomeとEchoが国内でも出て揃った感があるので軽く触った感じをメモ。

Google Home mini
不具合でアクションボタン使えなくなったのが地味に痛い。
Ok Google(ねえ、Google)というウェイクワードが呼びにくい印象だが
音声認識精度は悪くないし、合成音声も聞き取りやすい。
Actions on Googleがどれくらい広まるかがキモ。
綺麗に実装してあれば「ねぇ、Google ○○して」でボイスコマンドが収まるので
一番スッキリしている。

Amazon Echo Dot
早くから開発環境を公開していただけあってSkill(出来ること)が充実している。
RoombaもHueも操作出来るし、IRリモコンも各社出揃ってる。
音声認識精度も合成音声も悪くない。スマホのAlexaアプリで認識結果を確認出来て
そこからフィードバックを投げられるので操作のストレスも少ない。
ボイスコマンドの呼び方は「アレクサ ○○(Skill名)で○○(詳細)をして」と、現段階では
Google Assistantより長くなりがちなので、エイリアスが設定できるといいと思う。
特にナビタイム、列車の運行情報を知るのに「アレクサ、ナビタイム運行情報で中央線を教えて」と
かなりコマンドが長くなるので使いづらい。「アレクサ、中央線の状況を教えて」ぐらいで使いたい。
Skillによって終了コマンドが違うので呼び出した後止められなくなることがある。(じゃらんの終了方法がわからない…)
Echo Dotはライン出力がついていてホームオーディオに出力を流せるので既設の環境に組み込みやすいのがよい。

LINE Clova WAVE
日本でのリリースは一番早かったが機能としては最も未成熟。
LINE MUSICのターゲット層でサブスクリプションチケットを買ったら「かなり不便な」Bluetoothスピーカーが着いてきたぐらいの気持ちでいないと多分買ったのを後悔する。している。
音声認識周りが本当に未熟でテレビをつけているとウェイクワードを誤検知してずっと喋っている。
ボイスコマンドの確認もできないのでどうやったら動くか確認できずストレスだけが溜まっていく。
サードパーティの機能実装が現状殆どない(radikoが聴けるくらい)なので何もできない。
LINE MUSIC再生時とBluetooth経由で音楽を再生する時に音質差が結構あり、後者は音がスカスカになる。ワザとやってんのかなコレ。


開発者のスタンスがこんな感じなので、正直今後も期待出来ない。
Google HomeやEchoの発売に焦って正式版として販売しているが、中身は本当に未成熟で
先行する2者に比べて周回遅れになっている。こんなんで店頭販売されても普及を妨げるだけ。

今のところ各社ともボイスコマンドというか、決まった指示言葉を組み合わせて操作する形なので
自然な会話で操作が出来るわけではない。今後の成熟に期待。

Android端末で受信したLINE通知をiOS端末にも通知させる

普段はXperiaでLINEを受信しているのですが、たまに持ち出し忘れたり
するとメッセージに全く気が付かないので、他の端末で新着通知だけでも
飛ばす方法を探しました。
とりあえず動いているので備忘録として書いておきます。

1.処理全体の流れ
1.Androidの通知のうち、LINEのみをより分けてEventを起こす。(Tasker)
2.EventをiOS端末へPush通知する(Pushbullet)

2.セットアップ
1.Pushbulletのインストールと動作確認
Android,iOS端末両方にPushbulletをインストールし、相互にメッセージを送って
Push通知が届く事を確認します。 iOSで通知が来ない時は一度サインアウトしてから
やり直すとうまくいきます。
(Pushbulletには通知ミラーリングという機能がありますが、これはAndroidからPCに通知を送る機能で
iOS端末へは通知が遅れないので今回は使用しません。)

2.TaskerのインストールとEventの設定
(1)Android端末にTaskerをインストールし、初期設定(通知の許可・ユーザ補助の許可)をしておきます。
(2)TASKSの+ボタンを押し、適当に名前をつけた後Actionを追加します。
ActionはPluginのPushbulletを選択します。
(3)Action Editの画面でConfigrationの左にある鉛筆マークを選び、Pushbulletの通知設定をします
Toに対象となるiOS端末を入れ、タイトルに「LINE:%evtprm2 %evtprm3」と入力
メッセージは特に設定せずチェックマークをいれて戻ります。

(4)Taskditの画面に戻ったら通知をプッシュという表題でActionが追加されていると思いますので
左下の再生ボタンを押し、iOSへ通知が飛ぶかを確認します。
(スクショは2件表示されていますが、これは2台設定しているので1台だけならば1件表示されます)

この時点で以下のような通知がiOSへ飛べばOKです。

(5)PROFILESの+ボタンを押し、EventのUIにあるNotificationを選択します。
(6)Event Edit画面でOwner ApplicationとしてLINEを選択します。他は空欄でOKです。

(7)矢印で戻るとTASKを紐付けろと言われますので、先程作ったタスクを指定します。

(8)ハンバーガーメニューからExitを選びTaskerを一度閉じて再度開きます。
(これを行わないとTaskが反映されない事があるようです。)

3.動作確認
Android端末をスリープにして、他の端末からメッセージを送ってみます。
以下のような形でiOS端末に通知が飛べば成功です。

Androidの柔軟性に全力で助けられる形で機能を実現しています。
こういう細かい所に手が届くのをみるとやっぱりAndroid端末便利だなぁと思います。
iOSは逆に何もさせないことで安定性を担保しているので、こちらはこちらで運用が楽ですね。

・補足
%evtprmはNotificationの内容が変数として入ります。%evtprm2がタイトル、%evtprm3が内容です。
・以下試して駄目だったこと
IFTTTをトリガして通知をとばす。
両端末にIFTTTをインストールし、ifにAndroid Notication、thenにIFTTT Notificationを設定して
通知を飛ばす方法。これは個別の通知を選べないのでAndroidの通知が全て飛んでしまい綺麗ではありませんでした。
LINEもIFTTTに対応しているので細かく設定出来るかなと思ったら、ifには一切設定出来ないので意味がありませんでした。

GPD WIN/Pocketの英語環境を(APIから見て)日本語環境化する

GPD WIN/GPD Pocketでは標準でインストールされているOSが純粋な日本語版ではなく
英語(en_US)版に、お好みで日本語言語パックを入れるという形になっています。

日本語化については、ログオン後のUnicodeなUI部分の表示は
コンパネ->時計、言語、および地域->言語を追加するを選び、日本語を選択してダウンロードして
規定の言語にすることで設定できます。

また、Welcomeスクリーン、非Unicode、環境の日本語表示は上記設定後
コンパネ->時計、言語、及び地域->地域を選び、場所に日本、管理で
「ようこそ画面と新しいユーザアカウント」の設定のコピー及び
その下の「Unicode対応でないプログラム言語」のシステムロケールの変更で日本語を選ぶことで設定できます。

ここまでやると大部分の場所が日本語化されるのですが、完全に日本語OSとなる訳ではありません。
この時点でAPIで言語関係の関数を叩くと
GetSystemDefaultLCID()
GetUserDefaultLCID()
GetSystemDefaultLangID()
GetUserDefaultLangID()
GetUserDefaultUILanguage()
についてはロケール ID (LCID)が0x0411(ja_JP)で帰ってきますが

GetSystemDefaultUILanguage()
に関しては0x0409(en_US)が帰ってきます。

GetSystemDefaultUILanguage()に関してはMSのリファレンス

>This function never returns a language identifier for a Language Interface Pack (LIP).

とありますので、言語パックの影響を受けず、インストール時に設定された初期言語が返されます。
このため、一部の日本製アプリケーションでは、主にDRM的な観点からこの関数を用いて
ユーザのOS言語を検出し動作しないことがあります。(逆もしかり)
上記理由から具体的にどれが該当するかは書きませんが主にゲーム系のアプリケーションで多い様です。

これはレジストリの
HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Nls\Language\InstallLanguageキー
en_USである0409からja_JPである0411に変更することで解決することができます。
ここを変更後再起動すると、GetSystemDefaultUILanguage()の値も0x0411となり、上記の様なアプリケーションでの動作が改善されます。
#ちなみに、日本語言語を既定にしてProにアップグレードするとここの値は0x411となるようです。

軽く確認しただけなので他の関数ではまた違う値が出るかもうしれませんし
WinRTに関しては触ってもいないので一緒に変わるかは全く不明ですが
日本製のゲームが動かない、という方は一度試してみてはいかがでしょうか。

添付に上記で挙げた関数の値をベタ出力するコピペプログラムを貼り付けておきます。
現在のOS設定値を確認する参考としてどうぞ。
#Defenderだと”Trojan:Win32/Sprisky.C!cl”と出る場合がありますが誤検知です。MSに解除申請が通ったのでそのうち表示されなくなるはずです。

#6月に買ったものの、セットアップで蹴られて積んでいた某ゲームがこれでやっと出来る. やったー

Fossil Q Marshalを買いました。

Fossil Q Marshalを購入しました。
Moto360のバッテリーが消耗して電源が入らなくなったので買い替え。
本当はAndroid wear2.0プリイン機を待ちたかったのですが、wearを結構便利に
使っていたので不便さに耐えきれず、セールで割り引かれていたのもあって、つい。
Fossilの時計はWrist PDA以来なので、大分久しぶりですね。

Android wearとしての使い勝手は、SoCが新しくなっているので動作が速くなっているのと
腕を振る動作での操作の精度がかなり良くなっています。
バッテリーも第一世代に比べてかなり持つ印象で、丸24時間ぐらいは普通に使える様に見えます。
Moto360と比較するとパルスセンサーがありませんが、そちらはPULSENSEに任せているので問題なし。
それよりもディスプレイが有機ELでなく液晶なので、ウォッチフェイスを画像にしていると軒並み白浮きするのが気になります。
背景が暗い画像だとよくわかるので、ここは有機ELの方が良かったですね。
購入後すぐにwear2.0が降ってきましたが、写真では龍頭に見えるものが実際には押しボタンなので、
龍頭をダイヤルとして使うことが前提の2.0のUIはちょっと慣れていません。

写真でみるとMoto360とあまり変わらないように見えますが、本体の重量がかなりあります。
例としてあげると
G-SHOCK(MTG0910DJ-2JF):118g
Moto360+ pebble steel スチールバンド:81g
iPhone SE:132g
に比べて
Q Marshal:152g
となり、iPhoneよりも重いです。ガワが厚いのもありますが、ベルト部も分厚くて重いです。
腕に152gは結構ずっしりきます。タイピングしている時にはちょっと手首が痛くなりますね。

Fossilは2年保証なのが嬉しいですね。Moto360の様にバッテリーが消耗してもカバー出来ます。
重さとディスプレイ品質以外はとても満足しているので、これから2年頑張ってもらおうと思います。

iPhone SEを買いました。

2月ぐらいにiPhone SEを買いました。
年初にあんしんGPS用に持っていたiPod Touchを割ってしまったのと
目覚ましに使っていた5Sのバッテリー妊娠。
それにZ5Cへの色々な不満が重なって、物欲が爆発。

iPhoneを0円以外で買うのはゴミクズだったiPhone3G以来ですが
SEの今となっては小柄なサイズと、ローズゴールドの上品な色合いはとても気にっています。
久しぶりのiOS機なので何かにつけて無駄な制限があるのは変わってないなぁという感じですが
ハイエンドのはずのZ5Cよりも圧倒的に快適な速度で動くので満足度は高いです。
iOS機だけというのも辛いので、しばらくはZ5Cと併用して使っていこうと思います。

#5インチ以上は携帯ではなくタブレットだよ教徒なので最近の大型化した携帯には全く興味がなく
#Appleが4インチを5Sで廃盤にせずSEを出してくれたことにはとても感謝しています。

(GPD WIN)JoyToKeyがスタンバイ復帰時に暴走するのをなんとかする

#2017/01/14:電源OFFからの起動時に上手く動作してなかったのを修正

GPD WINについているスティック類を有効活用出来るのがJoyToKeyですが
これを起動したままスリープや休止状態にした後、ある程度時間が経ってから
復帰させるとポインタの速度がしばらく高速になり操作が難しくなります。

原因はどうやらJoyToKeyの側にあるっぽく、プロセスを再起動すると直ります。
毎回手で再起動するのも面倒くさいので、コピペでスクリプトを書いて
ロック解除時に実行する様にタスクスケジューラに組み込みました。

しばらく使ってみて問題無さそうなので貼り付けておきます。

設定
1.このzipファイルをダウンロードして解凍します。

2.JoyToKeyを以下のディレクトリに配置。
C:\Programs\JoyToKey\JoyToKey\JoyToKey.exe

3.「restartjoytokey.vbs」を以下のディレクトリに配置
C:\Programs\JoyToKey\restartjoytokey.vbs

4.この上でタスクスケジューラに「JoyToKey Logon statup.xml」をインポートすると
任意のユーザでロックを解除した際にJoyToKeyを強制的に再起動します。

中身も簡単なのでもし動かなかったら適当に直してみてください。

代理店としての仕事をしない緑屋電気

Makuake(緑屋電気)経由で入手したGPD WINですが
付属しているWindowsのライセンスが怪しいという話があり
手元のプロダクトキーについてMSに問い合わせてみたところ
MSDN向けのライセンス、つまり非正規品でした。
電話口でプロダクトキーをロックするとも言われたので、使用も出来ません。
緑屋電気には12/10に確認のメールを送っているのですが、未だ返答がありません。

Makuake経由のGPD WINには緑屋が入れた1年保証の紙が入っていますが
この分だと他の件でも対応されるかどうか。
本件で問題があるのはもちろん非正規なライセンスを添付しているGPD社ですが、緑屋電気も
Makuakeで国内において必要な手続きを請け負うといううたい文句で出資を集めています。
国内総代理店を自称しておきながら必要な仕事が全く出来ておらず、呆れてしまいます。

とりあえず手持ち分はロックされてしまったので、余っていたリテール版ライセンスに入れ替えていますが
これもPCの買い換えで剥がしたいと思っているので、緑屋電気には早急な対応をしてもらいたいものです。

2017/01/20:追記
何度かといあわせた所、やっと新しいプロダクトキーが送られてきました。
正規品かどうかという問い合わせについては「メーカーが正規品と言ってるから正規品です」という回答。
子供のおつかいじゃないんだからさぁ…
一応チャネルはリテールからOEMに変わったものの、どうも怪しいので正規の10 Proを買ってインストールしました。
突然使えなくなったりしたら嫌ですからね。

FiiO X7のケースと3.xβ

FiiO X7と同時に購入した純正のケース、本革のLC-X7Bを使用していましたが
約半年の利用で各部ともボロボロになってきたので買い直しました。

X7は重量があり、鞄に入れておくと各部とも擦れて駄目になっていくのが早い気がします。
今度購入したのは合皮のLC-X7A、本革とは$2違いでAliexpressで売られています。
1週間ほどで届きましたが、合皮だからなのか本革のX7Bよりも伸びが少なく
ケースだけ持っても本体がすっぽ抜けないので良い感じです。
ケースの質感については本革の方が良い気もしますが、この辺りは好みかと。
X7自体が1年前の機種(といってもFiiO的にはまだ最新フラッグシップですが)なので
純正以外のケースの選択肢がなくなっていきています。
本体重量があることもあり、結構簡単に傷が入ってしまうので、ケースはあるうちに
確保しておいた方が良いかもしれません。

昨年10月くらいから、FiiO X7のFirmware3.xβが始まりました。
元々X7のAndroidはSoCの都合上4.4までしか対応しないという話でしたが、
FiiOの方でドライバから書き起こすという大プロジェクトで5.1に上がることとなりました。
Androidのバージョンアップだけでなく、各種ブラッシュアップや、ViPER4Android、apt-Xの搭載
新機能のオンパレードで、中国企業らしい勢いの良さを感じさせます。
βも週一回のアップデートを何度も経て、3.10では大分完成度も高くなりました。
まだバグが残っている場所もありますが、安定すれば素晴らしいプレイヤーになると思います。