カテゴリー : Gadget

Surface2の良いところ・悪いところ

そろそろ購入して5ヶ月。
その間運用して自分の中で便利な点、改善が望まれる点が
はっきりしてきたのでまとめてみる。

○良いところ
・(ほぼ)フルセットのOfficeが動く。
特にWordやOneNoteのフル版が利用出来る点。
キーボードカバーという入力しやすいオプションがあることもあって
ノートが格段に取りやすくなった。

・(フルセットに近い)リモートデスクトップが動く
iOSやAndroid向けと違い、Remote FX vGPUやRemoteAppといった
より高度なリモートデスクトップクライアント機能が利用出来る。
コレによって、単体では実現が難しい作業もクラウドの機能を借りて実行しやすい。

・本体とキーボードが接続されている
surface2とtype/touch coverはVAIO Tap11の様に離れている訳ではなく、磁気でカチっと繋がっている
これが実使用面においては結構便利で、電車の中で膝に載せてタイピングしたい時も
キーボード側さえ保持していればおおよそ問題なく打ち込むことが出来る。
所謂タブレットスタンド付きBluetoothキーボードだと安定が悪かったり
Bluetoothの所為でレスポンスが悪かったりすることも有るけど、そういった事は一切無く快適。

・デザイン
オサレなキャッフェで取り出しても恥ずかしくないデザインって結構重要だなーと
色々な所に持ち込んで改めて思った。
surface2が使いにくくてasus辺りのノートへの買い換えを検討することもあったけど
結局の所デザインが気に入って継続して使っているので、毎日持ち歩く道具のデザインは大事。

○悪い所
●ハードウェア編

・重い
本体(676g)+Typecover2(255g)=931g
フルセットのノートPCが800gを切る時代に、ARMを積んでいても931g
やはり質感重視で本体重量がそこそこ行ってしまうのに加えてのCover。
鞄に忍ばせるにもやっぱりずっしり来る。
ARMタブレット+αの製品として、許せる重量かと思うと微妙な所。

・TypeCover2のタッチパッドが最悪
起毛加工してあることから指滑りが悪く、またダブルタップによるドラッグも出来ない。
静電気が溜まりやすいのか利用していると一定時間で動作がおかしくなることがあり
その場合一旦本体から取り外すと復旧する。 キーボード部分とバックライトに関しては
とても満足しているだけに、このタッチパッドの品質は如何ともしがたい。

・液晶の色再現性が悪い
競合がsRGB色域100%を実現しているにも関わらず、60%程度なので見劣りする。
最近のスマートフォンは色表現の仕方は兎も角色域は広いので、それと比べてしまうと結構気になる。
ModernUIアプリにはデジカメのRAWファイルが扱えるアプリが幾つかあるが、そういったアプリも
ハードウェアの性能が足りない所為で生かすことが出来ない。

・バッテリーが持たない
実感としてmiix2 8よりも持たない。 iPad 3rdと比較すると実使用時間で7割程度に感じる。
この辺りはInstantGo対応の所為でスタンバイ中に動作していることも関係しているのだろうけど
それを加味しても、1日持ち歩いて利用するには厳しい消費量。

・スペックが足りてない
Tegra4を積んでいるとはいえ、やっぱりARMなので操作に突っかかることも多かったりする。
メモリもOfficeでそこそこ大きいファイルを開いたり、IEで重いページ(名指しすると楽天とか)を開くと
不足して強制終了ダイアログが開くことが度々。
(このときtaskmgrを開くと空きが見かけ上不足していないこともあり、RT特有のバグの可能性もある。)
miix2 8では仮想メモリが効いているのか、同等以上に厳しい環境でも強制終了ダイアログが
開いたことはない。

●ソフトウェア編
・WindowsRT
TypeCoverやTouchCoverと共に売られている以上、ノートPCの様な使い方を
ある一定上の頻度でもって期待してしまうのだけど、WindowsRT特有の制限
(3rd PartyアプリはModernUI限定であること、FEPの選択肢も無い)がやっぱり
色々な所で足を引っ張る。
Android TabletやiPadと同レベルだと考えればそれほど悪くないのかもしれないけど
今時のx86 Windowsタブレットと比較して重量やサイズ的に優位な点があるわけではないので
どうしても制限の方に目が向きがち。
x86 Windowsの場合、使いにくければDesktopアプリを利用するという逃げ道があるけれど
WindowsRTの場合回避できないのでそれが不満として残ってしまう。
利用しているユーザが少なく、またMSとしてもナレッジが無いのかサポートを受けにくいのも
一層不満の蓄積に役立っている。

・ModernUIアプリ
上の項目とも重複するけれど、やっぱり10インチくらいのディスプレイでノートPC
のような使い方を期待する場合、ModernUIのUI設計というのは不便であると思う。

例えばSkypeで連絡を取りつつ、Evernoteのノートを参照しながらSSHで作業をしたいと思った場合
Skypeはバックグラウンドでも動作出来るのだけど、SSHクライアントはバックグラウンドに回すと
接続が切れてしまうので、ログインしなおしになる。
(ガイドライン的にはバックグラウンドに回されたアプリはシステム側のリソース見合で強制終了
されるのだけれど、surface2はそれほどシステムリソースに余裕が無いので、この様な場面では
バックグラウンドに回す=強制終了で接続が切れるといった状態になることが多い。)

また、UI設計上同一アプリケーションで複数のウインドウを持ちにくい設計になっているので
複数のホストにSSHしながら作業、というのも行いにくい。
上げた例はSSHクライアントだけど、同一のアプリケーションで複数の作業を行う場面では
似たような状態が起きる。 これは現在のModernUIのデザインである限り回避が難しい。

・Microsoftアカウント
これは統合しすぎて柔軟性がなくなっている。
MSアカウントとSkypeを統合した場合、ModernUIのSkypeではサインインしているMS IDに紐付く
Skypeアカウントでしかログインが出来ない。
例えば個人と仕事でアカウントを分けていた場合、仕事のアカウントでSkypeを利用しようと
思うと、別のMS IDで別ユーザとしてOSにサインインしなければならない。
x86 Windows環境の様にDesktopアプリのSkypeを利用するという選択肢がとれないので
こういった使い方はかなり不便を強いられることになる。
Skypeに限らずOneDriveでも同様で、クラウドサービスのアカウントにPCのアカウントが
引きづられてしまうのは使い勝手が悪い。

○まとめ
・デザインは良い
・WindowsRTはやっぱり駄目だ
・TypeCover2のタッチパッドはオマケレベルなのでマウスが必要
・中身がBayTrailになったら買い換えたい
WP_20140325_16_35_01_Pro
改めて書いてみると悪い面ばっかり思い浮かぶんだけど、OfficeとIEがほぼフルセットで動くので
インターネットタブレット+αとしては悪い選択肢ではないと思う。(が人には進めづらい。)
喫茶店で開いて軽作業をするぐらいなら、オシャレだし良いと思うのだけど…

MVNO製スマートフォンもどきのリスク

具体的に言うとほぼスマホとかfreebit mobileの様な
データのみのDocomo MVNO SIM+インターネット電話+端末のセットで
維持費の安いスマートフォンとして売っている様なサービスの話。

これらの製品って、売り方的にこれ1台で済むものとして売っている様に見えるけど
普通の携帯電話と比べた時、「緊急時に使い物になるか」という点でやっぱり
安いなりのリスクがあると思うのです。

具体的には以下の点

1.緊急通報が出来る事が保証されていない
音声通話は出来るけれど、あくまで「インターネット電話」なので緊急通報は出来ない。
実際の網接続がどうなってるかは知らんので繋がるかも知れないけど、
繋がったところで通報先に発信端末の位置情報通知もされない。

2.基盤レベルの緊急速報が受信できない
DocomoとMVNO間では約款上エリアメールの受信はできるはずだけど、少なくとも端末側の対応が必要。
上の2つはサポート窓口レベルでは非対応をうたっている。
ゆれくるコールみたいなインターネット網で通知するアプリを導入すれば
一応の受信は出来るけど、インターネット経由の時点で遅延の可能性は十分にある上
MVNOの回線品質を考えれば信頼性は数段落ちる。

3.災害時伝言掲示板が提供されていない
これは上記2つに限らず、MVNO各社全く整備されていない。
元MNOの掲示板を利用することも出来ないので、NTT東のweb171辺りをユーザレベルで頼るしかない。

4.輻輳に弱い
災害時には一般の電話でも通話や通信が集中して輻輳することがあるけれど
これら端末の通話はあくまでインターネット電話なので、データ通信用帯域が混雑する影響をモロに受ける。
一般的な電話は発信制限が掛かっても繋がりさえ出来れば通話は問題なく出来るけど
インターネット電話の場合、継続的にパケットが流れてこなければ通話自体が使い物にならない。
これはMVNOがMNOから買っている帯域以上の通信が出来ないことから、災害時には顕著に現れる可能性がある。

 

維持費が月数千円安くなるなら、引き替えにするリスクとしては高いものでないけれど
3.11の時に携帯電話に期待され、実際に果たした役割を考えると
この辺りをきちんと説明して売られているのか、ちょっと疑問だったりする。
どちらもテレビCMまでやって「そういうのよくわかってない人達」にまでリーチされている以上
その辺りの役割ってしっかりすべきじゃないの?と思うのです。

※2014/10
なんか一部誤解されているようなので日本語の表記を多少変更。

nano iDSDでPortable DSD再生

昨年後半くらいからぽつぽつ出てきていた
ポータブルでDSDファイルがネイティブ再生できるアンプを買いました。

購入したのはnano iDSD。
HERUSと迷いましたがボリュームボタンの有無と価格差でiDSDに決定。
PS3でDSFファイルが再生出来る様になった頃からこつこつ貯めた
DSDファイルが結構な数あるので、外でも再生出来るデバイスの登場は嬉しいです。

最初はmiix2 8と組み合わせようと思っていましたが、ハイレゾ再生がまるで正常に動かないので
iPhone 4SをiOS7にして使っています。
iDSD+4S
4Sとの組み合わせだとDockコネクタが抜けやすくて操作しにくいので
友人に教えて貰ったBluetoothリモコンを組み合わせて使っています。
これなら本体を触らずとも操作ができるので便利です。

nano iDSDは最初来たものが初期不良で交換に一月ちょいかかり、まだまだ聴き込んではいませんが
DSDの再生に限っては十分満足出来る音質です。
#DSD以外については殆ど聴いてないので未評価。

nano iDSDはボリュームダイヤルが軽いので鞄の中で擦れて急に音量が変わることがあります。
この辺りはPHA等のボリュームガードのあるアンプが羨ましくなりますが
ワークアラウンド的に切って使うタイプの普通のヘアバンドをボリューム周辺に
巻くことで動きを押さえられます。
VolumeBand
見た目不格好ですが、ポタアンを接続している時点で綺麗ではないので許容範囲。
ちなみにこのヘアバンド、再生機とアンプの固定にも使えて便利です。

ボリュームダイヤルは動きが若干ピーキーで回していくと急に音量が大きくなる箇所も
あるので抵抗値の小さいイヤホンでは運用が辛い場面があります。
調整でアッテネータを噛ますとBA型のイヤホンでは露骨に音質が変わるのでこれも結構悩みどころ。

#個人的にiOS7がかなり好みではないのでmiixで動いてくれないのが残念。
iFiの本国公式ではWin8.1対応ドライバが出ていますが、それでも再生出来ず。
間にUSB2.0ハブを挟んでも無理。
miix2 8は内部的にUSB3.0対応チップセットの下にUSB2.0ハブが繋がっている構成っぽいので
iDSDが現時点でUSB3.0非対応なのが関係しているのかも知れません。
この辺りに関してはファームウェアアップデートが予定されているみたいです。
(ちなみにこの記事ではAir 2013 midで動かないと書いてあるけれど、手元の環境だと動作していたり。
8.1非対応の情報後出しとその言い訳記事と言い、あんまり日本のサポートが頼りになる印象がなかったり。)

miix2 8の音量ボタン無効化

miix2 8の本体右側面にある音量ボタンを無効化するには
デバイスマネージャから「HID準拠コンシューマー制御デバイス」を無効化します。
sc
Windowsボタンが左にくる持ち方で利用していると、不意に音量ボタンが操作されて
外出先でmiixに「提督っ、一生懸命頑張りますっ!」とか言われたりする悲劇が発生。
物理ボタンを無効化する方法を探していたら、これであっさり行けました。
この状態でもWindowsボタンや電源ボタンの動作に影響は無く、音量ボタンだけを
無効化出来る様です。

1日で止まる腕時計を消磁して動かす

90年代初めころに購入したオメガの時計があるのですが
これが製品としては微妙な代物で、兎に角止まります。

古いクオーツ、かつ舶来品なのである程度は磁気に弱いというのは
わかるのですが、それにしても止まる。
時計屋から修理品を受けった帰り道にとまることもあるくらいで
携帯電話の様な製品が一般化した昨今には実用品として厳しかったりします。

オメガにオーバーホールに出すと一応部品交換で帰ってくるのですが
半年ぐらいで各部品が帯磁してしまって元通り。
オメガを扱ってる時計屋曰くモデル的に特に磁気に弱いらしく
飾っておくのが一番良いとまで言われる始末。

そんなので長い間ケースの中で埃をかぶっていたのですが
テレビ用の消磁器で消磁すると良い感じだとというのを教えてもらいました。

丁度手元にホーザンの古いテレビ用消磁器(HC-21)があったので
ダメ元でやってみたところ、良い感じに動き始めました。

消磁器の上に時計をおいて電源ボタンを押し、時計をゆっくりと放して
十分に離したらボタンを離す。

これを数回やると、時計の上に方位磁石をおいてもピクリともしなくなります。
やったあとPC作業をするような場所で1日過ごしても止まりません。
3~4日に一回消磁をして毎日持ち出していますが、今のところ1月ぐらい動き続けています。

今までオバーホール直後以外で1週間止まらずに動いたことがなかったので
簡単な対処で使えるようになって満足しています。

元々が時計用でない強力な消磁器なので、そのうち副作用がでるかもしれませんが
動かないよりも断然よいのでしばらく様子を見てみようと思います。

WindowsRT8.1でRemoteFX USB Redirectionが正常に動かない。

○やりたかったこと
Surface2(RT8.1)からx86_x64の8.1環境に接続
USB Redirectを利用してiTunesとiPhoneを同期

○環境
ホスト
Windows 8.1 Enterprise with Windows Server 2012 R2
クライアント
Surface2(WindowsRT 8.1)

○設定
この辺りの設定を投入。
Some USB devices are not available via RemoteFX USB redirection
+RTの場合Group Policy Clientサービスがデフォルト無効なので有効にするくらい。

○遭遇した事象
RT8.1ではApple Mobile Device USB Driverが開始できない。
(RTではない)8.1環境では同ホストで正常にデバイスが開始できる。
RT8.1でもPTPデバイスとしてのiPhoneなら正常に見える。
iPhone以外のMTPデバイスとかも正常に見える。
#追記
Android adb interfaceは開始できるけど
Android bootloader interfaceは開始できない
暇があったらこの辺りのドライバを読んでみよう

○結論
WindowsRT8.1側のバグ?

これに限らず、x86な8.1とRT8.1で挙動が違うことがチマチマあるのだけれど
そのあたりドキュメントはないし、RTなんて誰も使ってないし
MSに聞いてもまず間違いなく有料サポートに誘導されるので解決が難しい。
#+MSのSurfaceサポート担当はRTの知識がなくて、適当に回答されることが多い…

もうWindowsRTみたいなイロモノは避けて素直にBayTrailな8.1タブレットに買い替えたい。

miix2 8のmicroSDを64GBに交換。

32GBだとエロゲ3本くらいしか入らなかったので。
買ったのはTranscendのTS64GUSDU1E。

exFATでフォーマットされていたので、diskpartでcleanした後
NTFSで領域確保、その後ローカルディスク化してデータ移動。
BitLocker有効化まで特に問題なく出来ました。
1週間程利用していますが特に問題なさそうです。

DiskMarkを実行した結果は以下の通り。
microSD_Transend

DisplayMateでSurface2のDisplay測定結果が出ていた。

Surface Pro2ではなくSurface2です。 おそらくPro2も同等かとは思いますが。
DisplayMate:
Windows Tablet Display Technology Shoot-Out

良くない数字ですね。

sRGB色域は63%しかカバーされておらず、結構青寄り。
ガンマカーブは綺麗なので、階調再現性は高いようです。
全体としてはiPad mini Retinaにちょっと劣るというところでしょうか。

Androidタブレットも一部モデルはかなり良い所まで来ているので
後発のSurfaceがこれはちょっともったいないですね。
iPad2相当といえば最低限に思えますが、やはり直接競合するiPad Airの様な高い再現性を望みたい。

GENYMotionのVMイメージをシンボリックリンクでSDに逃がす。

AndroidエミュレータGenyMotionは標準だと%UserProfile%以下に
VMイメージを置きます。Nexus7のイメージだと2GB弱ぐらいで
miix2 8の32GBだと気になる容量です。
試しにmicroSDに移してみることにします。

Windows Vista以降でフォルダのsymlinkを作るには、MKLINK /D。

MKLINK

フォルダのショートカットとは違います。

symlink

左がsymlink、右がフォルダのショートカットです。

フォルダのショートカットと違い、プロパティでもきちんと容量などが反映されています。

microSDは内蔵のeMMCよりも大分速度に劣るので、GenyMotionのパフォーマンスが
落ちます。 実用に耐えるかどうかは個人の感覚次第。

私はKindleの為だけに設定しているので特に気になりませんでしたが
色々触っていると若干もたつきが出ているのが分かります。
とは言うものの、GalaxyNexusと比較すると実機も似たようなもたつきがあるので
十分許容範囲かな、と思います。

AppData以下にファイルを溜込むアプリケーションは大抵この方法で
microSDに逃がせると思います。
ここまでやると32GBのeMMCでも十分に空きが出来るので、実用上困ることはありません。

miix2 8のmicroSDをローカルディスク化する。


2013/12/28 Update:
microSDを32GBから64GBにした時に再度実行したら、「ドライバ署名の強制を無効」にせずともできました。
クリーンな環境でやっていないので確定できませんが、以下の手順で出来るかもしれません。
0.Class10のmicroSDを用意し、NTFSでフォーマットする
1.hitachi microdrive filter driverを入手する
2.Secure Bootをオフにする
5.ドライバのインストール
6.キャッシュの有効化
8.移動できる物は移動

32GB版で空き容量が雀の涙なので、microSDをローカルディスク化します。
これでリムーバブルドライブを拒絶するアプリケーション(Evernote等)やシステムフォルダを
microSDに移せる様になります。
※他にシンボリックリンクを張るという手もあります。

miix2 8はUEFIでSecurebootが設定されているので、旧世代の
PCよりも多少手順が面倒です。

Securebootを無効にすることによるセキュリティリスクは
旧来のPC同等と割り切るとして、気になるのが高速スタートアップ他の
OSとドライバが密接に連携する部分の動作。

暫く使ってみて問題がありそうなら戻そうと思います。
2013/12/28:特に問題なさそうです。

○やりかた。(2013/12/28記述変更)
0.Class10のmicroSDを用意し、NTFSでフォーマットする。
(略) miix2 8はUHS-I対応でないので、Classで一番速いsdcardが良い。

1.hitachi microdrive filter driverを入手する。
->Google.
ちなみにinfファイルの操作はしなくても何時も導入出来ている。
(その代わり互換性のあるデバイス一覧には出てこない)

2.Secure Bootをオフにする.
チャームの設定からPC設定の変更を呼び出す。
保守と管理から回復を選び、「PCの起動をカスタマイズする」で今すぐ再起動するを実行。
トラブルシューティングの詳細オプションから「UEFIファームウェアの設定」を選ぶ。
タッチ操作できるUEFIが起動するので、ConfigrationのSecure BootをOFFに。
Exitで「Exit Saving Chaniges」を選び設定を保存して起動。

2.5.BitLockerの無効化(やらなくてもいいかも)
※やらなくても出来るが、後ステップで50桁ぐらいの回復キーを入力するのが面倒だったら行う。
スタートアップ設定時に内蔵eMMCを読めるように、一旦BitLockerを無効化する。
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerの管理を選ぶ。
オペレーティングシステムドライブの「BitLockerを無効にする」を選ぶ。

3.回復キーの記録(やらなくてもいいかも)
※2.5をやった場合やらなくていい。
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerの管理を選ぶ。
オペレーティングシステムドライブの「回復キーのバックアップ」を選ぶ。
適当な方法を選び回復キーをメモしておく。

4.ドライバの署名を無効にして起動する.(やらなくてもいいかも)
※これは32bit版は要らない認識だと思っていたが、今回必要だった。
W500Sでは必要なかった覚えが有るので、8.1+UEFI環境での制限?
※このステップはUSB接続のキーボードが必須

チャームの設定からPC設定の変更を呼び出す。
保守と管理から回復を選び、「PCの起動をカスタマイズする」で今すぐ再起動するを実行。
トラブルシューティングの詳細オプションから「スタートアップ設定」を選ぶ。
※縦画面で出てこない時は「その他の修復オプションを表示」で表示される。

回復キーの入力を促されたら2で記録した回復キーを入力
※2.5をやった場合は出てこない。

スタートアップ設定で7を押し、ドライバ署名の強制を無効にして起動。

5.ドライバのインストール.
ExplorerのPCを右クリックして管理を選択。
デバイスマネージャーからディスクドライブの「Generic *** SD Card」を探す。
右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。
「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択。
「コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択。
「互換性のあるハードウェア」のチェックを外し、「ディスクの使用」を選択。
用意したhitachi microdrive filter ドライバのinfを選択して選び、次へ。
ドライバ署名がないことを警告されるので無視選びインストール。
再起動してドライバの詳細を開けば以下のようになっているはず。

microDrive

6.キャッシュの有効化
そのままだとキャッシュなしで遅いのでキャッシュを有効化する。
ExplorerのPCを右クリックして管理を選択。
デバイスマネージャーからディスクドライブの「Generic NCard SD Card」を探す。
右クリックして「プロパティ」を選択。
ポリシーの「高パフォーマンス」を選択。
これも再起動して適用。
※これを行った場合、動作中にmicroSDを抜くと容易にデータロストするので注意する。

7.5 BitLockerの再有効化
※2.5をやった場合
PCを開き、ドライブCを右クリック->BitLockerを有効にするを選ぶ。
あとはウィザードに従ってって有効化。

8.移動できる物は移動
%UserProfile%以下のドキュメント、ミュージックといったものをmicroSDに移動する。
各ディレクトリで右クリックをして、場所タブから移動出来る。
SkyDriveを使い込んでいると結構持っていくので、それも移動出来る。

ちなみに、SecureBootをOFFにせず無署名ドライバを導入するとOSの起動に失敗します。
その場合表示される回復メニューから、UEFIに入ってSecureBootをOFFにすれば起動します。