カテゴリー : Photo

追憶、写真を始めた頃

F60D
初めて写真を意識したのは、確か幼小の頃「子供の科学」に載っていた
フォトコンの写真だったと思う。
それは夕陽の写真で、子供心ながらに「こんな写真を撮ってみたい」と思わせる
力を秘めていた。

それから図書館に通って写真雑誌を読むようになって、親のカメラを借りて写真を撮るようになった。
といっても当時はまだ小学生、小遣いは月500円で1月に1本フィルムを買って、次の月に現像して
そのまた次の月でネガから選んだ数枚をL版プリントするのが精一杯だった。

PLフィルターが使いたくて一眼レフが欲しくなった。
カメラ屋でカタログを貰って、眺めているのが楽しかった。

特にニコンのF60D、カメラ本体よりもそのカタログに出てくる女の子が可愛くて
よく眺めていた。
F60D_01F60D_08
中学に入ったか、入る直前か、それくらいの時に念願の一眼レフを買った。
お年玉のやりくりで精一杯貯めた金額ではF60Dは買えなくて、当時EOS KissIIIが出て
在庫処分になっていたNew EOS Kissを買った。
それも純正キットじゃなくて、当時よくやっていた安レンズとのセット品、レンズはタムロンだった。
でも、それで十分だった。

中学校では写真部に入った。
写真部は顧問のこだわりからモノクロ写真限定で、指定フィルムはトライX。
そこで初めてモノクロ写真の楽しさを知った。
現像も引き延ばしも、全て学校で出来たから沢山写真を撮った。
まあ当時からセンスに乏しかったので、散々顧問には扱かれたのだけど。

初めて写真に触れてから20年近く経ったけど、今でも写真は撮っている。
携帯のカメラだったり、デジタル一眼だったり、フィルムだったり、そのときによって
道具は様々だけど、写真を撮るという行為自体は変わっていない。
年々フィルムの生産停止が増えて、やがてフィルムがなくなる日も来るんだろうけれど
きっと、そうなっても写真を撮るという行為は変わらず続けていくんだろう。

で、なんでこんな記事をポストしたかというと、最近当時欲しかった
ニコンのF60Dを偶然手に入れることが出来た。

実家を漁っていたら当時のカタログも出てきて、懐かしいこと懐かしいこと。
今見ても、カタログの彼女は可愛かった。

そこに、コダックのBW400CNがディスコンになるという話も入ってきて
自分が写真を始めたのってなんだったけなーとふと思って。
特に話に意味は無いのだけれど、書いてみたくなりました。

awayuki #6

ここ半年ほどまとまった時間がとれず、ドールはご無沙汰だったのですが
たまたま時間が空いたので久しぶりに写真を撮りました。

昨年のドルパか何かで購入した服を着せて、部屋の隅っこで淡雪さんをパチリ。

これはどう見ても秋服ですとか、構図にひねりがないとか色々あるのですが
とりあえず今回は写真が撮れただけで満足しています。
#DD向けの服あんまりもっていないので、被りを考慮したらこれしかなかったのです。

あきらさんとmisuzuさんも弄ってあげたいのですが、今回は時間足らず。

GWでもうちょっとまとまった時間がとれたら、初夏らしい服を着せて
何処かに撮りに行きたいです。

Canon CP900をwindows8.xで使う。

Canonの昇華型プリンタCP900
L版の写真を手軽に印刷出来るのでCP910が出る直前に買ったのですが
よく確認したらWindows8系列はサポート対象外で、ドライバがありません。

発売が2012年9月でWindows8の一般発売直前とはいえ
そのまま1年売っていたので当たり前に対応していると思っていたのですが
対応予定もなくバッサリ。

確認しなかったのが悪いのですが、このまま使えないのも悔しいので
ちょっと工夫してドライバをインストールします。

CP900のドライバはWindows7向けが用意されているので、それをDL。
そのまま実行すると
「現在のWindowsバージョンでは、プリンタードライバをインストール出来ません。」とダイアログが出ますが
この時後ろではtempフォルダにドライバ一式が展開されています。

このダイアログのOKボタンを押さずにそのまま
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Temp\CanonUPW_000
にあるドライバのフォルダをDesktop等にコピーします。
このフォルダの
INST\windows7_32(or64)\CP900
にある、cnycpins.exeを互換モード(Windows7)で実行すると、ドライバのインストールが出来ます。

SecureBoot環境や64bit環境の場合、ドライバの署名がWindows8向けでない為
インストールに失敗します。
SecureBoot環境の場合はUEFIでSecureBootを無効にした上で
この辺りを参照してドライバー署名の強制を無効にするとインストール出来ます。

Wi-Fi経由でLightroom等から印刷していますが、今のところ問題なく使えています。
キヤノンは製品発売中にリリースされたOSぐらい対応して欲しいものです。

VAIOは創るための道具では無くなった

「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(中編)――“世界最軽量”タッチ対応Ultrabookはディスプレイもキーボードも妥協なしか (3/4)

高画質の定義は高解像度と、色正確性ではなく色が鮮やかであればそれで良い、ということなのでしょうか。

VAIO Zがついに消え、13インチのモバイルワークステーションの選択肢が無くなりました。

後継として期待してたVAIO Proは外部GPUが無くなり、Iris Proグラフィックスすら積んでおらず
CPUも低電圧版。
ディスプレイもZやFではAdobe RGBに手が届きそうだったものがsRGBぎりぎりで
ブラビア譲りの高輝度と過剰な色表現でとても正確な表現は期待できそうにありません。
記事ではVAIO Zの視野角の狭さを指摘してProの優位性をアピールしていますが、その角度から
ディスプレイをみて仕事をする人なんて居るのでしょうか。 

元々職場以外で映像の仕事をするためにハイエンドのVAIOを選び続けてきたのですが、正直ガッカリです。
VAIOはいつの間にか映像を創造するものから、鑑賞するためだけのものになってしまった様に思います。
薄くて多少頭の良いPCなんて、それこそ吐いて捨てる程出てきています。
VAIOを選ぶ理由がありません。

VAIOに拘らなければ15インチなら多少は選択肢がありますが、そこそこまともなディスプレイを積んで
CUDAに耐えうる外部GPUを積んだ機種はMacbook Pro Retinaか、MouseComputerの業務モデル
それからDellのWSくらい。
RetinaはsRGBをカバーしているもののAdobe RGBには全く手が届かず、他の2モデルは
正確なディスプレイスペックが載っていないモノの、どちらもWorkStationとして売られているので
酷いことはなさそうという程度。
15インチモデルは最低重量2kg、Quadroを求めると3kgは軽く超えるので「モバイルワークステーション」
としては正直辛いモノがあります。単体3kg超えの固まりを持ち歩くのは苦痛です。

自分の仕事は最終的な納品が紙ではなくsRGBの色域で足りるため、Adobe RGBに拘る必要は
それ程ないのですが、ディスプレイの経年劣化を考えるとsRGBぎりぎりしか出せない
デバイスより、より広色域のものが欲しくなります。

コンテンツをただ消費するためのデバイスとしてはタブレットやスマートフォンが十分に普及しているのに
それらを創るためのデバイスすら、同じ方向に流れていることがとても残念です。