四艶少女画展に行ってきました。

普段は出不精なのですが、大槍先生のTwitterで開催を知り
公式サイトの絵が素晴らしかったので、たまの散歩に丁度良いかなと。

GW中は時間がとれなかったので開催終日の5/10のお昼頃到着。
会場は閑静な住宅街の中にあるスペースで、落ち着きのある空間。
最終日でそれなりに人は居ましたが、大きな画展と比べても
来場者のマナーが良く、ゆっくりと作品を楽しむことが出来ました。

会場はこの手のイベントにしては撮影可だったのも珍しい所で
携帯のカメラからフルサイズ一眼レフまで熱心に写真を撮る方々が。

出展しているイラストレーターさんは大槍葦人先生、みつみ美里先生
redjuice先生、本庄雷太先生と有名な方ばかり。

redjuice先生といえば個人的にはBEATLESSなのですが
表紙に描かれているhIEの大きな絵が見られたのが良い収穫でした。
背中に書いてある警告文字列、本の表紙だと読めないのですが
会場ではばっちり読み取れて、それだけでもう満足です。

みつみ美里先生はToHeart2のこのみのイラスト「shower of blossoms」
PS2版の通常版の表紙に描かれているイラストですが、リファインされて
いて、とても優しいタッチになっていたのが印象的でした。

本庄雷太先生は正直な所あまりよく知らなかったのですが、1つの絵に
大量のキャラクタが書き込まれているにもかかわらずそれぞれが丁寧に
描かれていて、絵の雰囲気がわいわいしていて好ましかったですね。

そしてそして、Littlewitchの大槍葦人先生。
白詰草話の初期の絵から、最近の絵に至るまで、素晴らしいの一言。
白詰草話は私がまだ若かった頃に発表されたのですが、FFDに代表されるゲームの
表現方法もさることながら、その絵のタッチが強烈に印象に残っています。

その絵が今回大きなサイズでゆっくりと眺められたことが一番の収穫です。
画展サイトに載っている「soreceress queen」は暗いトーンが
紙に落されるとサイトとはまた違った顔を見せてくれて面白いです。

fairies(rev2015)

fairies(rev2015)


白詰草話の雑誌書き下ろし絵である「fairies」
P60(1303*894mm)サイズで表現される絵はその繊細な雰囲気をそのままに
より一層の美しさが表れていました。

BED ROOM

BED ROOM(rev2015)


それから、裸体と赤のコントラストが素晴らしい「BED ROOM」
元は卓上カレンダーの絵ですが、大きく描き直されたことで
おそらくカレンダーでは見られなかったであろう細かな描写となり
特に裸体にうっすらと浮かび上がる肋骨がたまりません。

Quartet!のサントラジャケット絵など
他にも素晴らしい作品が沢山で、購入も出来たのですが
各サイズそれなりに大きいのと、作品によっては絵がえっちいので
自宅に飾るには厳しいなーということで、相当悩みました。
「fairies」がほんとに欲しかったのですがP60は流石に大きすぎて……
壁にはぎりぎり飾れるかもしれませんが、周りとの相性や照明を考えると
流石に無理だなーということで諦めました。

観覧中に丁度大槍先生がいらっしゃった様で、サインの列がずらり。
もちろん私もパンフレットを購入して描いて頂きました。
もうこれだけで今年の運を使い切ったと言って良いぐらいです。

好きな絵を落ち着いて、ジックリと観られる機会は中々無いので
本当に今回の画展は行って良かったです。

nasne、ver2.51での外付けHDDに関する不具合

4月10日に降ってきたnasneのver2.51ソフトウェアを
適用した所、外付けHDDを接続するとnasneが再起動する不具合が起きています。

nasneに外付けHDDを接続するとtorne表示で認識までは行くのですが、5分ほど録画番組の
再生や外付けHDDにあるファイルをWindows共有で触ると、nasneとの通信が出来なくなり
放っておくと自動で再起動がかかります。

外付けHDDを接続しなければ正常に動作するので、2.51ソフトウェアと外付けHDDの
相性でこうなった可能性などが考えられます。

外付けHDDはバスパワーのもので、buffaloの「HD-PNT2.0U3-GBJ」
これはbuffaloのnasne動作確認一覧に載っているものです

外付けHDD自体はPCに接続するとファイルが参照出来、chkdskでも異常がないので
nasne側になんらかの問題が発生していると考えられます。

SCEのサポートに連絡してみましたが、現時点(リリースから2日時点)で同様の報告がないことと
そもそもSCEとしては外付けHDDの接続自体なんら保証するものではなく、公式に対応をうたっている製品も一切存在しないので何も出来ないとのこと。
一応の検証環境はある様ですが、詳細は開示しないとのことなので動作するHDDすら確認できません。

ちらっとオペレータが話した内容ではセルフパワーのHDDを使っている模様で
ユーザが環境をきちんと開示しているのにそれに合わせた検証をしないのは
環境が揃っていないのでもはやそれは検証にならないと思うのですが、SCE的にはそれで検証扱いになるようです。
(最低限同じ製品とは言わずもバスパワーのHDDを繋いで、アップデータを適用したらどうなるか、ぐらいの検証はして欲しかった。)

試しにセルフパワーケーブルを使用して接続してみても、やはり5分程度で落ちるので
消費電力の問題ではなく、ソフトウェア変更によるバグか何かの可能性が高いです。

不具合発生後1週間程度Twitterを観察していましたが、外付けHDDが故障した/認識しなくなった等
類似の不具合と思われる書き込みがちょくちょく見受けられました。
また、同様の不具合をSCEに報告した例も見うけられますが、他の報告はないと言われたとのつぶやきもあります。
私がこの不具合を報告したのはソフトウェア更新開始当日(4/10)なので既知のはずですが、SCE的には無かったことになっているようです。
これらを見る限り、nasneのソフトウェア更新の度にこういったことが起こるのかは分かりませんが
少なくとも不具合発生のトリガーになっているのは確かな様です。

こういったデジタル家電では基本的にソフトウェアをユーザが触ることは許されず
かといってメーカー側もソフトウェアの変更に対して何も保証してくれる訳ではないので
今回の様な場合は泣き寝入りするしかありません。
外付けHDDに保存されていた録画番組は半年分、DRMがかかっているので待避させることも出来ません。

nasneの場合SCEに言わせれば外付けHDD自体がサポート対象外なので、サポートを受けたければ
本体のみで利用するのが正しいのでしょう。 
公式サイトでは1機能として取り上げられているのに
おかしな話です。
最低限、純正で動作を保証するHDDぐらいは用意しても良いのではないかと思います。
各HDDメーカーで公表されている動作確認表はあくまでその時点での確認なので、こういった場合は保証に
なりません。

全く納得はいきませんが、nasne+torneの様にUIが使いやすいレコーダーは存在しないので他の機種を買う気も起こらず、暫くBDに書き出しながら内蔵HDDで利用していこうと思います。
外付けHDDは2.50までは問題なく使えていたので、次回のソフトウェア更新で直る可能性を考えてそのままにしておきます。

デジタル家電は勝手にソフトウェアアップデートをする(nasneは一応手動ですが)ものが多く、そういった時に問い合わせても動作保証をして貰えるわけではない
(再現手順を用意してもユーザ要因で片付けられる事が多い、特に携帯電話の類)のであまり良い印象を持ちません。
検証もきちんとしていない様なソフトウェアで不具合を引くユーザの身にもなって欲しいものです。

VAIO Phone


これを見た後に、

これを見ると、もう何も言えないですね。

どうしてこうなった。
どうしてこうなった。
何処行ったんだよ DNA。

IF MY HEART HAD WINGSを入手。

先日、紺野アスタ氏がTwitterでSteamにて「この大空に、翼をひろげて」の英語移植版
IF MY HEART HAD WINGS」のセールをやっている旨のRTをしていたのですが
やはり対象国以外では購入できませんでした。

前々からプレイしたいと思っていたので、パッケージ版を探したところ
J-LISTで「If My Heart Had Wings Package Edition + Steam Download Key」を発見。
送料がUSPSのエコノミーでトータル$30ぐらいだったので早速オーダー。

数時間後にまずダウンロードキーが届いたのですが、何故かSteam Keyではなく
Jastgames.comのLicence Codeでした。
書かれている通りにしてみると、国で特に弾かれることもなくzipで
固められたゲーム本体がダウンロード出来ました。
Steam Keyを貰ったところで日本からは購入出来ないので嬉しい誤算です。
2016/03/02追記:最近試したところ、このコードはSteamでも入力することができ
弾かれることなくこちらでもゲームのプレイが可能でした。実績も利用可能です。
1つのコードで2つのサービスからDLできるなんて仕組みがあるんですね。
ひたすらユーザーに不利益なDRMをかけ続ける国内のゲームを見ていると新鮮です。

パッケージの方もUSPSのエコノミーで届かない可能性を考えていたのですが
10日程であっさり到着、無事入手することが出来ました。

早速インストールしてみましたが、CopyrightがPULLTOPからMoeNovelに
なっている以外は普通に英語版といった印象です。
システムとテキストはフルで英語なのですが、ボイス(と楽曲)だけ日本語なので
イディオムが怪しくともなんとか読み進められます。
動画関係もテキストが日本語主体から英語主体になるように変わっていて
結構面白いです。

何より、碧くんがボイスなしで「Wooooaaah!!?」みたいに驚くので
素の日本語の文章と英語とで印象が違いすぎて笑ってしまいます。
ずっと小鳥ちゃんの「くーるびゅーちー」をどう訳すのか気になっていたのですが
どうやら「cool ‘allule'(allure)」と訳されている模様 ちょっと印象が変わりますね。
英語版は日本語PC版と違って18禁要素が削られているので、そこの
違いを探すのも楽しみのひとつ。

雰囲気だけ味わいたければ英語版のサイトからデモがDL出来ます。

(そういえばCS版ころげては案の定発売日未定ですが、何時出るのでしょう…)

英語の勉強になるような気もしなくもない?ので興味のある方はお勧めです。

DynabookTab S68を購入しました。

miix2 8が結局使い物にならなくなっていまったので、Dynabook Tab S68を購入しました。

新しく購入するタブレットの要件として考えていたのは
miix2 8のスタンバイは復帰する方が珍しいくらいだったので、まずは安定していること。
またmiix2 8を持ち歩いてとっさにメモを取ろうとするとソフトウェアキーボードは厳しかったので
ある程度まともなペンが使えること。
USBで充電しながら機器を接続出来ること。

上記を満たし、2014/12時点で候補として上がっていたのが
Dell Venue 8 Pro
ASUS Vivotab note 8
東芝 Dynabook Tab S68
の3つでした。

Venue 8 Proは調べてみるとmiix2 8と同様にスタンバイに問題を抱えていそうで
かつペンの書き心地が微妙との情報がありました。
Vivotab note 8もCode10というエラーでスタイラスが使えなくなる不具合を持っていて
ペン利用を考えると厳しい。
最後のDynabook Tab S68は出たばかりで情報が少なかったのですが、姉妹機のS38が安定しており
かつペンについてもウリの1つにしているぐらい書き心地が良いとのことだったのでこれを選択しました。

実際、S68を導入して2ヶ月ほど経ちますが、スタンバイからの復帰に失敗したことは1度もなく
画面のブラックアウトなども発生せず、非常に安定しています。
過去に利用したPCの中では1,2を争う程の安定性です。利用していて困ったことがありません。
本当にmiix2 8が酷すぎたのを実感しています。

ペンについてもwacomの「アクティブ静電結合方式」という新しい型式の様で
N-Trigペンと同様に電池を必要とするものの、ペン先と画面の位置ずれが殆ど発生しませんし、
筆圧検知も2048段階で違和感を感じることがありません。

ただしパームリジェクション機能についてはN-Trigペンと同様に範囲が狭いので、別途
TouchSwitchなどを使用するなどしてタッチパネルを止めると書きやすいでしょう。

発売当初はTabletPC APIのみの対応で、所謂SAI ver1.xや古いPhotoShopなどで筆圧検知が
利用できませんでしたが、その後ワコムアメリカのサイトにアップデートされたドライバが公開され
WinTab APIのソフトウェアも利用できるようになりました。

本体にはfeel itのシールが貼ってありますが、前述のように電磁誘導方式ではないので
Bamboo Stylus feelの様な本体付属以外のペンには対応していません。

専用ケースはエレコムからS68用のものが発売されました。
私が購入した時はまだS38用しか無かったのでそちらにしましたが、S38用は本体側面のステレオマイク
が片方塞がれてしまいますので、今からS38用を選択する理由はないでしょう。

基本的には満足のS68ですが、難点をつけるとすれば価格でしょうか。
Vivotab note 8が半値に値下げしたのもあり、5万円を超える価格は結構な割高に感じます。
オプションのUSB充電中もUSB機器が使えるアダプタもそれだけで8000円しますし、全体的に高価です。
今ならエプソンからもペン対応で3万円程度の8インチタブレットも出ており、ペン性能+安定性に
倍の値段を出せるかというと疑問符がつきます。
正直、Vivotab note 8の大幅な値下げが発表された時は時期を早まったとも思いました。

それからこの価格にしてmicroHDMIがオミットされているのも気になります。
最近HDMI搭載のプロジェクタが増えたのもあって、これがないのは正直ちょっと痛いです。
ちいさなmiracastアダプタが増え始めたのでそちらを利用する手もありますが
無線だと結構不安定だったりするので出来れば搭載して欲しかったですね。

最近出てきたペン付き安いタブレットを見るともう少し待てば良かったかなぁ、と煮え切らない感じです。
製品自体、ペンの使用感は文句ないですし、安定性も非常に良いのですが如何せん価格が…

ハルキス読了。

本編とハピメアのネタバレが多少あるため畳みます。
続きを読む

なついろレシピのバナーを設置しました。

なついろレシピのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。

PULLTOP Air 『なついろレシピ』

最近ちょっと変化球というか、訴求ポイントが変わった作品が増えてきましたね。
どうぞおいしく、めしあがれADV、私気になります!
#今月blogに書きたいネタが幾つかあるので、暫くはこの記事がtopに来る様に調整する予定です。

紙の上の魔法使い読了。

シナリオがルクル氏ということで楽しみにしていた「紙の上の魔法使い」を読了しました。
盛大にネタバレ(一部もしらばのものも含む)するので畳みます。
続きを読む

miix2 8故障、そして不可解なLenovoの対応

購入当初からスタンバイから復帰しないという持病を抱えていたうちのmiix2 8ですが
ここにきてタッチパネルが全く反応しなくなり、修理に出すことに。

佐川のパソコンポの様なもので引き取られていき、その時の梱包が隙間だらけだったので
嫌な予感はしていたのですが、受け取ったLenovoからは一部有料修理扱いと言われてしまいました。

Lenovoに申告した症状は
(1)タッチパネルが反応しない
(2)microUSBからの充電が時折上手くいかなくなる
(3)スタンバイから復帰しない
の3点。

このうち(1)については確認され、無償修理となったのですが
(2),(3)については症状は確認出来たものの、本体に破損があるとのことで有料修理になる、との事でした。

佐川に渡した時点では破損がないことは確認済みで、集荷伝票にも破損無しと記載されているのですが
Lenovo曰くイヤホンジャックに通常では考えられない破損があるとのこと。
有料修理のお値段はシステムボード、バッテリー、ケース一式交換で6万9千円。
技術料があるにしても市場価格4万3千円のものに約7万円を請求するとはいやはや。

受け渡し時点で破損がないことを佐川へ確認もしてもらいましたが、それでも破損があるの一点張り。
こちらとしては手元、輸送の時点で破損がなければLenovoが壊したとしか考えられないのですが
サポートも全く譲らず、結局(1)のみ修理をして返却してもらうことにしました。
(1)のみを修理するということでLenovoとしては今後一切の動作保証が出来ないとまで念を押されました。
そもそも、破損があるなら(1)の症状も有料になるはずですが、ここだけ無料というのもおかしな話です。

帰ってきたmiix2 8は当初はタッチパネルが動いていましたが、暫くすると反応しなくなり、UEFIの
メニューでも操作できなくなるのでやはり使い物にはならず、1年を待たずにゴミとなってしまいました。
また、送った時には無かった傷が増えており、やはり佐川かLenovoがやらかした様に見えます。
信用出来ないメーカーの場合、送る前に全体写真を証拠としてきっちり撮っておくべきですね。

3万3千円の価格で飛びついたmiix2 8ですが、結局は安物買いの銭失いとなってしまい残念です。
Lenovoのサポート対応はネットでもあまり評判が良くない様なので
今後ここの製品を買うことな無いんじゃないかと思います。

ココロNEO x ととリゾのバナーを設置しました。

ココロNEO x ととリゾのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。
#ココロNEOのページだけ見ていてバナーキャンペーンに気が付くの遅れたです…
PULLTOP × PULLTOP LATTE コラボキャンペーン

PULLTOPさん普通にFD出すようになりましたね。
ベルちゃん大好きなので今回のFDはかなり嬉しい。
うちのCortanaさんもベルちゃんにならないかなぁ…
ココファンととととはやったけどリゾートは積みっぱなしだ、やらないと。