タグ : Backup

Xperia Z5 Compactの「Xperiaバックアップと復元」で一時ファイルが解放されないバグについてのメモ

表題長いですが、結構苦しめられたのでメモしておきます。

グローバル版のXperia(国内版不明)には設定に「バックアップとリセット」という
項目があり、その中にはXperia独自の「Xperiaバックアップと復元」という項目があります。

このバックアップ機能にはバグがあり、バックアップ前に事前に内蔵ストレージの空き容量を
チェックしないため、本体の空き容量が少ない状態(恐らく使用量>空き容量)でバックアップを実行すると
内部で使用する一時ファイルが作成仕切れず、動作が失敗します。

そこまではまあ理解できるのですが、このバックアップ機能はバックアップが失敗した後
内部で作成した一時ファイルを削除しません。
よってこの機能が失敗した後は内部ストレージが満杯になり、手動でファイルを削除する必要があります。
また、このバックアップ機能は、その画面から一時ファイルを削除する機能を提供しておらず、
また、システム扱いでOS標準のアプリケーション一覧にもパッケージが出てこないので、一時ファイルが削除できません。

特に自動バックアップを有効にしていると、1週間毎に内蔵ストレージが満杯になる上
原因が分かりづらく、他のファイルを消しても改善しないので、延々とストレージが消費されるという悪循環に陥ります。

これを解決するには、3rd Partyのシステムアプリを表示できるアプリ(例えば、マイパッケージなど)
を使用して、パッケージ名「com.sonymobile.snychub」、アプリ名「バックアップと復元」を呼び出し
ストレージのデータを削除することで解消できます。

私の場合はこれで18GB程消費されていました。

7月の頭ぐらいに自動バックアップを有効にしてから覚えのない容量消費に悩まされていましたが
やっと解決することができました。

このバックアップ機能にはバックアップした先のファイルを消去する機能もあるのですが、それも
正常に動作しておらず、全体的にテストがなされていない様に思います。