タグ : Camera

IYH! Carl Zeiss!

IYH! Carl Zeiss!

追憶、写真を始めた頃

F60D
初めて写真を意識したのは、確か幼小の頃「子供の科学」に載っていた
フォトコンの写真だったと思う。
それは夕陽の写真で、子供心ながらに「こんな写真を撮ってみたい」と思わせる
力を秘めていた。

それから図書館に通って写真雑誌を読むようになって、親のカメラを借りて写真を撮るようになった。
といっても当時はまだ小学生、小遣いは月500円で1月に1本フィルムを買って、次の月に現像して
そのまた次の月でネガから選んだ数枚をL版プリントするのが精一杯だった。

PLフィルターが使いたくて一眼レフが欲しくなった。
カメラ屋でカタログを貰って、眺めているのが楽しかった。

特にニコンのF60D、カメラ本体よりもそのカタログに出てくる女の子が可愛くて
よく眺めていた。
F60D_01F60D_08
中学に入ったか、入る直前か、それくらいの時に念願の一眼レフを買った。
お年玉のやりくりで精一杯貯めた金額ではF60Dは買えなくて、当時EOS KissIIIが出て
在庫処分になっていたNew EOS Kissを買った。
それも純正キットじゃなくて、当時よくやっていた安レンズとのセット品、レンズはタムロンだった。
でも、それで十分だった。

中学校では写真部に入った。
写真部は顧問のこだわりからモノクロ写真限定で、指定フィルムはトライX。
そこで初めてモノクロ写真の楽しさを知った。
現像も引き延ばしも、全て学校で出来たから沢山写真を撮った。
まあ当時からセンスに乏しかったので、散々顧問には扱かれたのだけど。

初めて写真に触れてから20年近く経ったけど、今でも写真は撮っている。
携帯のカメラだったり、デジタル一眼だったり、フィルムだったり、そのときによって
道具は様々だけど、写真を撮るという行為自体は変わっていない。
年々フィルムの生産停止が増えて、やがてフィルムがなくなる日も来るんだろうけれど
きっと、そうなっても写真を撮るという行為は変わらず続けていくんだろう。

で、なんでこんな記事をポストしたかというと、最近当時欲しかった
ニコンのF60Dを偶然手に入れることが出来た。

実家を漁っていたら当時のカタログも出てきて、懐かしいこと懐かしいこと。
今見ても、カタログの彼女は可愛かった。

そこに、コダックのBW400CNがディスコンになるという話も入ってきて
自分が写真を始めたのってなんだったけなーとふと思って。
特に話に意味は無いのだけれど、書いてみたくなりました。