タグ : eroge

フユウソとことのはアムリラートと鬼がくる。のバナーを設置しました。

『フユウソ -Snow World End-』を応援しています!
フユウソについて
ウソシリーズもいよいよフユが舞台に。
DRMが気になりますがウソシリーズは好きなのでここまでは買います。 発売が楽しみです。
#大きいバナーが公開されたので差し替えました。


ことのはアムリラートについて
スタッフがカタハネ、ソルフェージュ、白愛という百合百合黄金コンビの今作。
楽しみです。
#発売日は今のところ8/25(金)だそう。


鬼がくる。について
企画・原画があの「鬼うた。」の泉水いこ氏です。
これは…期待していいんでしょうか。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

最近プレイした作品雑感

書こうと思っていながらダラダラ一ヶ月経ってしまったので、後から書き換える前提でとりあえず。
水葬銀貨のイストリア

作品の内容について語る前に、クリアして一番に思ったのはこの作品の作りの雑さです。
テキストの誤字、立ち絵バグ、音声バグ、OPはBGMと重なってろくに見られない始末。
デバッグしていないのではないかと思われるレベルです。 一度でも通しプレイをしていれば直せるバグばかり。
かみまほでも思いましたが、せっかくの良いシナリオに対して、水を差す様な雑さはもったいないと思います。

共通ルートからTrueへの流れは読ませるシナリオだと思います。
相変わらず文章に独特のクセはありますが、読んでいて素直に面白いといえます。
個別ルートはとってつけたような内容というのは、かみまほと同じ。
Trueのためのツマとして存在するというのは否定しませんが、物語の構成的にも雑に感じられました。

ルクル氏のシナリオは運命予報でも、かみまほでも、本作でも、エロゲという舞台装置を否定したいが様な物語の流れを
組みますが、結局の所エロゲとしてのお約束に依存しているお話でもあります。

「―――ハッピーエンドを、約束しよう」

かみまほをプレイした人からすれば、これ以上の煽り文句も無いでしょうが
この煽り文句に期待してプレイすると、若干肩透かし感も。
面白いんだけど、色々な所が雑。そんな作品でした。

ChronoBox
一本筋の通ったテーマを軸にして進むストーリー展開。
グロが結構あるのと、読み手が考察する前提の話構成なので好みが分かれそうですが、今年やった中ではダントツに面白かったですね。
水葬銀貨の後に読んだこともあり、物語の作りの丁寧さが好印象でした。
昨年のRe:LieFと話のパーツは似ていて、表現の手段を変えるとこういう話にもなるのかな、と思いました。

ピュアソングガーデン!のバナーを設置しました。

いつものように右下にちょこっとだけですが。
ピュアソングガーデン 2017.6.30 Live Start!
ピュアソングガーデン!について
「ココロNEO」「なついろレシピ」「見上げてごらん、夜空の星を」と最近のPULLTOPでおなじみの高嶋栄二氏企画の本作品
シナリオには紺野アスタ氏も参加しており、最近のトレンドを取り入れた新しい物語が楽しめそうです。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

水葬銀貨のイストリアのバナーを設置しました。

いつものように右下にちょこっとだけですが。
ウグイスカグラ『水葬銀貨のイストリア』

ヨナキウグイスの「運命予報をお知らせします」
ウグイスカグラの「紙の上の魔法使い」
ルクル氏のシナリオはひと味違って、毎回良い意味で予想を裏切ってくれます。

「―――ハッピーエンドを、約束しよう」

今回も楽しみです。

さくらむすびを無理矢理Windows10/8.1で動かす方法

表題の通り。
さくらむすびは多分7以降できちんと動かないので、それを無理矢理動かす方法のメモです。
せっかくの名作が新しいOSで動かないのが残念なので方法を書いておきます。

1.インストール時にProgram files(x86)以外の任意のディレクトリにインストールする
インストールフォルダ配下にsaveデータを吐く為、Program files(x86)フォルダに
インストールすると管理権限なしでは起動できません。
(32bit OSの場合Program filesフォルダ)
ドライブ直下なりドキュメント配下なり通常ユーザが書ける所にインストールします。

2.公式サイトより修正パッチをDL、適用します。

3.このパッチをダウンロードし、インストールディレクトリで実行します。

4.インストールディレクトリ配下の以下のファイル名を変更します。
インストールディレクトリ\system\sakura.csx

インストールディレクトリ\system\wanko.csx

例:C:\CUFFS\さくらむすびにインストールした場合
C:\CUFFS\さくらむすび\system\sakura.csx

C:\CUFFS\さくらむすび\system\wanko.csx
に変更します。

5.起動します。
ゲームタイトルが別物になりますが、とりあえず動きます。
Windows10(64bit/AU適用済)で紅葉ルートを一週してとりあえず動くことは確認済みです。
ああ、紅葉かわいいよ紅葉。
紅葉ルートは幼馴染みスキーとしては最高のお話だと思います。

実施は自己責任でよろしくお願いします。
サポートに問い合わせも厳禁です。
#いい話だと思うのですけど、リメイクしないのかなぁ…

Lowすぺっくとアキウソのバナーを設置しました。

Lowすぺっくとアキウソのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。
#2016/09/27:Lowすぺっくのバナーを追加設置。
はむはむソフト | Lowすぺっく!?応援バナー

これについては代表の方がTwitterで色々ツイートされているのをみて、応援したくなったので追加です。
このブログを書いている人も他人事ではない(時々そっち業界向けのお仕事をしたりしてます)ので
頑張って欲しいなと思って追加しました。このBlog自体、Sessionが300/Dayのぐらいの本当に
アクセス少ないブログですが、それでも出来る事があればと思っていつもバナーを貼っています。
#ちなみに、当然予約はしました 中の人の嗜好はもうおにティのバナーでバレバレなので隠しません。

アキウソ -The only neat thing to do-

ウソシリーズは絵が段々幼くなっている様にみえるのは気のせいか。
#延期してからアキウソのページが公開になっているのに気がつきました。

アキウソはこれまでと変わらずですが、campusの作品はこれからインターネット認証型DRMという
正規ユーザーになんのメリットもない最悪な方式に変わるらしく、嫌な感じです。
基本ユーザにあまりに不利益のあるDRMがかかった作品は買わない方針なので、フユウソがこの方式なら購入しないかもです。

DRMは音楽配信黎明期のOpenMGを始め、散々嫌な思いもしてきましたし
今時のOSで過去のゲームが遊べない理由の半分ほどはDRMが対応しないからなので、基本正規ユーザには悪でしかないです。
特にDRMをかけたコンテンツを売っておきながらサービス終了でコンテンツに触れなくなるというのを
散々味わってきたので、インターネット認証型のDRMは嫌悪感しかありません。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

生命のスペア I was born for you 雑記

結局生命のスペアを購入したので軽く雑感を。
ネタバレ全開なのでたたみます。

続きを読む

最近プレイしたゲームの雑記

ここの所Blog更新サボり気味なので、ここ数ヶ月でやったゲームの雑感を
箇条書き的に書いておきます

まいてつ
E-mote採用の今作、演出面では今年1番の出来です。
キャラクターのかわいさと、E-moteならではのちょっとした動きが演出に花を添えます。
主要登場人物全てにルートがある上に、一度攻略すれば
どの箇所からも再開出来るシステムは中々手が掛かってると思います。
シナリオ面でもそれぞれキャラクタが活きる展開になりますし、
グランドルート以外はとても良い感じでした。
グランドは各シナリオをくっつけただけなので要らなかったんじゃないかなぁ

ナツウソ
ウソシリーズ第二弾。
前回同様メインヒロイン1人ということもあって、綺麗に話が纏まっていると思います。
Afterシナリオがそれまでの展開からするとうーん?という所もあって
ハルウソと比べると最初の方が良かったかな、という場面もありますが、満足しています。
アキウソも楽しみですね。

アマツツミ
絵がとても綺麗。あと挿入歌の入れ方が素晴らしいです。
シナリオは御影氏ということもあって、efっぽいとか水夏っぽいとか
そんな場面もありますが総じて良いお話でした。
ほたるルートはENDが2つありますが、これは賛否が分かれるところだと思います。
個人的にはEND1の方が好きな終わり方ですが、END2の方が大団円っぽいので
こちらが好みという人も居るでしょう。

カタハネ ―An’ call Belle―
良い作品は時間が経っても色あせない。そんな作品でした。
本編は画面サイズが変わった以外の変更はないのですが、旧作は4:3の画面を
よく活かした画面構成だったので、ワイド対応の今作だとちょっと印象が変わります。
何度もプレイしていますが、Memories are hereの流れるグランドエンディングはやはり卑怯なくらい涙腺を刺激します。
付属の冊子も2冊組みで内容もファン垂涎もの。満足度が高いです。

#今月の作品だと生命のスペアが気になっているのですが、同じライターの前作が良くなかったので
買おうかどうか迷っています。 友人のレビュー待ちです。

見上げてごらん、夜空の星を雑感

ここの所Blog更新サボり気味なので、ここ数ヶ月でやったゲームの雑感を
箇条書き的に書いておきます。 まずはみあげて。

見上げてごらん、夜空の星を(含むFD)
それぞれキャラクター毎に別々の天文要素を入れているのですが、無理に入れ
なくても良かったんじゃないかな、と思う描写がしばしば。
前作ころげては部活としてのゴールが1つだったので、部活仲間+モーニンググローリーを目指す
という共通目標で地盤を固めた上で各キャラクターに焦点が当たっていましたが
今作はそれぞれ部活としてのゴールも別で、それとは別にキャラクタ間の人間関係も描いて、と
色々やっているのでどのルートも散漫な感じではありました。

ひかりルートが一番綺麗にまとまっている感じで、次点が織姫ルートかな。
沙夜ルートはキャラクタは可愛いのですが、お話的にちょっと。
主人公が好きなのに3人の関係に気を遣って我慢して、そしてやっと結ばれたのに
その「幸せ感」みたいなものがあまり見られない描写でした。

全体的にころげての期待感のままみあげてに行ってしまったので、肩すかし感があります。
あと、FDでひなみんルートが期間限定DLというのが一番萎えました。
予約して定価で買っているのですから、予約特典はDisc収録で物理媒体で提供すべきだと
思いますし、百歩譲ってもダウンロードに期限を設ける必要はないと思います。

カタハネとアマツツミのバナーを設置しました。

カタハネ ―An’ call Belle―及び
アマツツミのバナーを設置しました。
いつものように右下にちょこっとだけですが。

カタハネ ―An' call Belle―

カタハネはブログ用のバナーが公式で用意されていないので貰ったクリアファイルをバナー代わりに。
J-MENT氏がGoogleDriveで画像配布されていたのでそちらに差し替えました。(7/2:発売日延期に伴い画像差し替え)
個人的に大好きな作品のリニューアルとあって、とても楽しみにしています。

【アマツツミ】応援バナー

アマツツミはCGが幻想的で綺麗、水夏を書いた御影氏のシナリオも楽しみです。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。