タグ : iOS

Android端末で受信したLINE通知をiOS端末にも通知させる

普段はXperiaでLINEを受信しているのですが、たまに持ち出し忘れたり
するとメッセージに全く気が付かないので、他の端末で新着通知だけでも
飛ばす方法を探しました。
とりあえず動いているので備忘録として書いておきます。

1.処理全体の流れ
1.Androidの通知のうち、LINEのみをより分けてEventを起こす。(Tasker)
2.EventをiOS端末へPush通知する(Pushbullet)

2.セットアップ
1.Pushbulletのインストールと動作確認
Android,iOS端末両方にPushbulletをインストールし、相互にメッセージを送って
Push通知が届く事を確認します。 iOSで通知が来ない時は一度サインアウトしてから
やり直すとうまくいきます。
(Pushbulletには通知ミラーリングという機能がありますが、これはAndroidからPCに通知を送る機能で
iOS端末へは通知が遅れないので今回は使用しません。)

2.TaskerのインストールとEventの設定
(1)Android端末にTaskerをインストールし、初期設定(通知の許可・ユーザ補助の許可)をしておきます。
(2)TASKSの+ボタンを押し、適当に名前をつけた後Actionを追加します。
ActionはPluginのPushbulletを選択します。
(3)Action Editの画面でConfigrationの左にある鉛筆マークを選び、Pushbulletの通知設定をします
Toに対象となるiOS端末を入れ、タイトルに「LINE:%evtprm2 %evtprm3」と入力
メッセージは特に設定せずチェックマークをいれて戻ります。

(4)Taskditの画面に戻ったら通知をプッシュという表題でActionが追加されていると思いますので
左下の再生ボタンを押し、iOSへ通知が飛ぶかを確認します。
(スクショは2件表示されていますが、これは2台設定しているので1台だけならば1件表示されます)

この時点で以下のような通知がiOSへ飛べばOKです。

(5)PROFILESの+ボタンを押し、EventのUIにあるNotificationを選択します。
(6)Event Edit画面でOwner ApplicationとしてLINEを選択します。他は空欄でOKです。

(7)矢印で戻るとTASKを紐付けろと言われますので、先程作ったタスクを指定します。

(8)ハンバーガーメニューからExitを選びTaskerを一度閉じて再度開きます。
(これを行わないとTaskが反映されない事があるようです。)

3.動作確認
Android端末をスリープにして、他の端末からメッセージを送ってみます。
以下のような形でiOS端末に通知が飛べば成功です。

Androidの柔軟性に全力で助けられる形で機能を実現しています。
こういう細かい所に手が届くのをみるとやっぱりAndroid端末便利だなぁと思います。
iOSは逆に何もさせないことで安定性を担保しているので、こちらはこちらで運用が楽ですね。

・補足
%evtprmはNotificationの内容が変数として入ります。%evtprm2がタイトル、%evtprm3が内容です。
・以下試して駄目だったこと
IFTTTをトリガして通知をとばす。
両端末にIFTTTをインストールし、ifにAndroid Notication、thenにIFTTT Notificationを設定して
通知を飛ばす方法。これは個別の通知を選べないのでAndroidの通知が全て飛んでしまい綺麗ではありませんでした。
LINEもIFTTTに対応しているので細かく設定出来るかなと思ったら、ifには一切設定出来ないので意味がありませんでした。

iPhone SEを買いました。

2月ぐらいにiPhone SEを買いました。
年初にあんしんGPS用に持っていたiPod Touchを割ってしまったのと
目覚ましに使っていた5Sのバッテリー妊娠。
それにZ5Cへの色々な不満が重なって、物欲が爆発。

iPhoneを0円以外で買うのはゴミクズだったiPhone3G以来ですが
SEの今となっては小柄なサイズと、ローズゴールドの上品な色合いはとても気にっています。
久しぶりのiOS機なので何かにつけて無駄な制限があるのは変わってないなぁという感じですが
ハイエンドのはずのZ5Cよりも圧倒的に快適な速度で動くので満足度は高いです。
iOS機だけというのも辛いので、しばらくはZ5Cと併用して使っていこうと思います。

#5インチ以上は携帯ではなくタブレットだよ教徒なので最近の大型化した携帯には全く興味がなく
#Appleが4インチを5Sで廃盤にせずSEを出してくれたことにはとても感謝しています。

nano iDSDでPortable DSD再生

昨年後半くらいからぽつぽつ出てきていた
ポータブルでDSDファイルがネイティブ再生できるアンプを買いました。

購入したのはnano iDSD。
HERUSと迷いましたがボリュームボタンの有無と価格差でiDSDに決定。
PS3でDSFファイルが再生出来る様になった頃からこつこつ貯めた
DSDファイルが結構な数あるので、外でも再生出来るデバイスの登場は嬉しいです。

最初はmiix2 8と組み合わせようと思っていましたが、ハイレゾ再生がまるで正常に動かないので
iPhone 4SをiOS7にして使っています。
iDSD+4S
4Sとの組み合わせだとDockコネクタが抜けやすくて操作しにくいので
友人に教えて貰ったBluetoothリモコンを組み合わせて使っています。
これなら本体を触らずとも操作ができるので便利です。

nano iDSDは最初来たものが初期不良で交換に一月ちょいかかり、まだまだ聴き込んではいませんが
DSDの再生に限っては十分満足出来る音質です。
#DSD以外については殆ど聴いてないので未評価。

nano iDSDはボリュームダイヤルが軽いので鞄の中で擦れて急に音量が変わることがあります。
この辺りはPHA等のボリュームガードのあるアンプが羨ましくなりますが
ワークアラウンド的に切って使うタイプの普通のヘアバンドをボリューム周辺に
巻くことで動きを押さえられます。
VolumeBand
見た目不格好ですが、ポタアンを接続している時点で綺麗ではないので許容範囲。
ちなみにこのヘアバンド、再生機とアンプの固定にも使えて便利です。

ボリュームダイヤルは動きが若干ピーキーで回していくと急に音量が大きくなる箇所も
あるので抵抗値の小さいイヤホンでは運用が辛い場面があります。
調整でアッテネータを噛ますとBA型のイヤホンでは露骨に音質が変わるのでこれも結構悩みどころ。

#個人的にiOS7がかなり好みではないのでmiixで動いてくれないのが残念。
iFiの本国公式ではWin8.1対応ドライバが出ていますが、それでも再生出来ず。
間にUSB2.0ハブを挟んでも無理。
miix2 8は内部的にUSB3.0対応チップセットの下にUSB2.0ハブが繋がっている構成っぽいので
iDSDが現時点でUSB3.0非対応なのが関係しているのかも知れません。
この辺りに関してはファームウェアアップデートが予定されているみたいです。
(ちなみにこの記事ではAir 2013 midで動かないと書いてあるけれど、手元の環境だと動作していたり。
8.1非対応の情報後出しとその言い訳記事と言い、あんまり日本のサポートが頼りになる印象がなかったり。)