タグ : skydrive

SkyDriveの空き容量制限

Surface2でSkyDriveから壁紙を設定しようと思ったら、ファイルコピーエラー。
何だろうと思ってSkyDriveアプリを立ち上げてみたら、以下の表示が。

skydrive

どうやら空きが3GB未満のシステムドライブにSkyDriveフォルダがある場合、操作に失敗するようです。
ストアアプリしか入らないSurface2でも、音楽や画像をSkyDriveから落して置くとあっという間にシステムドライブが3GB以下になります。
フルセットのWindows8が乗っているタブレットなら、なおさらです。

これを回避するにはディスクリーンアップで要らないファイルを消すか、SkyDriveフォルダをシステムドライブ以外に置くの2パターン。

surface2で試しにディスククリーンアップを実行してみた所、メモリダンプが6GBも溜まっていました。
ストアアプリしか動かないWindowsRTでダンプファイルを残してしても仕方ないので、サックリ削除&ダンプを残さない設定にしました。

ダンプを残さない設定はコントールパネルの「システム」から、「システムの詳細設定」に飛び、詳細設定タブを表示。
起動と回復の「設定」ボタンを押して、デバッグ情報の書き込みを「なし」にすればOK。
ここの設定以外でもダンプが吐かれることはありますが、BSoDで落ちたときのMiniDumpやMemoryDumpはここの設定なので変更して置いて損はないはず。

もう一つの手として、SkyDriveフォルダをシステムドライブに置く場合。
システムフォルダを移動する時は、移動先がNTFSでなくてはなりません。
surface2のmicroSDを利用する場合、先にNTFSでフォーマットして領域を確保しておきます。
あとは%UserProfile%(C:\Users\username\等)以下のSkyDriveフォルダを右クリックしてプロパティを開き、場所タブから移動出来ます。

Windows(RT)8.1になってSkyDriveも賢くなり、必要なファイルだけローカルに置いておくことが
出来るようになりましたが200GBクーポンで容量が大きくなると、置いておきたいファイルも増えがち。
警告が出る前に早めにフォルダを移動しておくのが良いかも知れません。