タグ : windowsRT

Surface2の良いところ・悪いところ

そろそろ購入して5ヶ月。
その間運用して自分の中で便利な点、改善が望まれる点が
はっきりしてきたのでまとめてみる。

○良いところ
・(ほぼ)フルセットのOfficeが動く。
特にWordやOneNoteのフル版が利用出来る点。
キーボードカバーという入力しやすいオプションがあることもあって
ノートが格段に取りやすくなった。

・(フルセットに近い)リモートデスクトップが動く
iOSやAndroid向けと違い、Remote FX vGPUやRemoteAppといった
より高度なリモートデスクトップクライアント機能が利用出来る。
コレによって、単体では実現が難しい作業もクラウドの機能を借りて実行しやすい。

・本体とキーボードが接続されている
surface2とtype/touch coverはVAIO Tap11の様に離れている訳ではなく、磁気でカチっと繋がっている
これが実使用面においては結構便利で、電車の中で膝に載せてタイピングしたい時も
キーボード側さえ保持していればおおよそ問題なく打ち込むことが出来る。
所謂タブレットスタンド付きBluetoothキーボードだと安定が悪かったり
Bluetoothの所為でレスポンスが悪かったりすることも有るけど、そういった事は一切無く快適。

・デザイン
オサレなキャッフェで取り出しても恥ずかしくないデザインって結構重要だなーと
色々な所に持ち込んで改めて思った。
surface2が使いにくくてasus辺りのノートへの買い換えを検討することもあったけど
結局の所デザインが気に入って継続して使っているので、毎日持ち歩く道具のデザインは大事。

○悪い所
●ハードウェア編

・重い
本体(676g)+Typecover2(255g)=931g
フルセットのノートPCが800gを切る時代に、ARMを積んでいても931g
やはり質感重視で本体重量がそこそこ行ってしまうのに加えてのCover。
鞄に忍ばせるにもやっぱりずっしり来る。
ARMタブレット+αの製品として、許せる重量かと思うと微妙な所。

・TypeCover2のタッチパッドが最悪
起毛加工してあることから指滑りが悪く、またダブルタップによるドラッグも出来ない。
静電気が溜まりやすいのか利用していると一定時間で動作がおかしくなることがあり
その場合一旦本体から取り外すと復旧する。 キーボード部分とバックライトに関しては
とても満足しているだけに、このタッチパッドの品質は如何ともしがたい。

・液晶の色再現性が悪い
競合がsRGB色域100%を実現しているにも関わらず、60%程度なので見劣りする。
最近のスマートフォンは色表現の仕方は兎も角色域は広いので、それと比べてしまうと結構気になる。
ModernUIアプリにはデジカメのRAWファイルが扱えるアプリが幾つかあるが、そういったアプリも
ハードウェアの性能が足りない所為で生かすことが出来ない。

・バッテリーが持たない
実感としてmiix2 8よりも持たない。 iPad 3rdと比較すると実使用時間で7割程度に感じる。
この辺りはInstantGo対応の所為でスタンバイ中に動作していることも関係しているのだろうけど
それを加味しても、1日持ち歩いて利用するには厳しい消費量。

・スペックが足りてない
Tegra4を積んでいるとはいえ、やっぱりARMなので操作に突っかかることも多かったりする。
メモリもOfficeでそこそこ大きいファイルを開いたり、IEで重いページ(名指しすると楽天とか)を開くと
不足して強制終了ダイアログが開くことが度々。
(このときtaskmgrを開くと空きが見かけ上不足していないこともあり、RT特有のバグの可能性もある。)
miix2 8では仮想メモリが効いているのか、同等以上に厳しい環境でも強制終了ダイアログが
開いたことはない。

●ソフトウェア編
・WindowsRT
TypeCoverやTouchCoverと共に売られている以上、ノートPCの様な使い方を
ある一定上の頻度でもって期待してしまうのだけど、WindowsRT特有の制限
(3rd PartyアプリはModernUI限定であること、FEPの選択肢も無い)がやっぱり
色々な所で足を引っ張る。
Android TabletやiPadと同レベルだと考えればそれほど悪くないのかもしれないけど
今時のx86 Windowsタブレットと比較して重量やサイズ的に優位な点があるわけではないので
どうしても制限の方に目が向きがち。
x86 Windowsの場合、使いにくければDesktopアプリを利用するという逃げ道があるけれど
WindowsRTの場合回避できないのでそれが不満として残ってしまう。
利用しているユーザが少なく、またMSとしてもナレッジが無いのかサポートを受けにくいのも
一層不満の蓄積に役立っている。

・ModernUIアプリ
上の項目とも重複するけれど、やっぱり10インチくらいのディスプレイでノートPC
のような使い方を期待する場合、ModernUIのUI設計というのは不便であると思う。

例えばSkypeで連絡を取りつつ、Evernoteのノートを参照しながらSSHで作業をしたいと思った場合
Skypeはバックグラウンドでも動作出来るのだけど、SSHクライアントはバックグラウンドに回すと
接続が切れてしまうので、ログインしなおしになる。
(ガイドライン的にはバックグラウンドに回されたアプリはシステム側のリソース見合で強制終了
されるのだけれど、surface2はそれほどシステムリソースに余裕が無いので、この様な場面では
バックグラウンドに回す=強制終了で接続が切れるといった状態になることが多い。)

また、UI設計上同一アプリケーションで複数のウインドウを持ちにくい設計になっているので
複数のホストにSSHしながら作業、というのも行いにくい。
上げた例はSSHクライアントだけど、同一のアプリケーションで複数の作業を行う場面では
似たような状態が起きる。 これは現在のModernUIのデザインである限り回避が難しい。

・Microsoftアカウント
これは統合しすぎて柔軟性がなくなっている。
MSアカウントとSkypeを統合した場合、ModernUIのSkypeではサインインしているMS IDに紐付く
Skypeアカウントでしかログインが出来ない。
例えば個人と仕事でアカウントを分けていた場合、仕事のアカウントでSkypeを利用しようと
思うと、別のMS IDで別ユーザとしてOSにサインインしなければならない。
x86 Windows環境の様にDesktopアプリのSkypeを利用するという選択肢がとれないので
こういった使い方はかなり不便を強いられることになる。
Skypeに限らずOneDriveでも同様で、クラウドサービスのアカウントにPCのアカウントが
引きづられてしまうのは使い勝手が悪い。

○まとめ
・デザインは良い
・WindowsRTはやっぱり駄目だ
・TypeCover2のタッチパッドはオマケレベルなのでマウスが必要
・中身がBayTrailになったら買い換えたい
WP_20140325_16_35_01_Pro
改めて書いてみると悪い面ばっかり思い浮かぶんだけど、OfficeとIEがほぼフルセットで動くので
インターネットタブレット+αとしては悪い選択肢ではないと思う。(が人には進めづらい。)
喫茶店で開いて軽作業をするぐらいなら、オシャレだし良いと思うのだけど…

WindowsRT8.1でRemoteFX USB Redirectionが正常に動かない。

○やりたかったこと
Surface2(RT8.1)からx86_x64の8.1環境に接続
USB Redirectを利用してiTunesとiPhoneを同期

○環境
ホスト
Windows 8.1 Enterprise with Windows Server 2012 R2
クライアント
Surface2(WindowsRT 8.1)

○設定
この辺りの設定を投入。
Some USB devices are not available via RemoteFX USB redirection
+RTの場合Group Policy Clientサービスがデフォルト無効なので有効にするくらい。

○遭遇した事象
RT8.1ではApple Mobile Device USB Driverが開始できない。
(RTではない)8.1環境では同ホストで正常にデバイスが開始できる。
RT8.1でもPTPデバイスとしてのiPhoneなら正常に見える。
iPhone以外のMTPデバイスとかも正常に見える。
#追記
Android adb interfaceは開始できるけど
Android bootloader interfaceは開始できない
暇があったらこの辺りのドライバを読んでみよう

○結論
WindowsRT8.1側のバグ?

これに限らず、x86な8.1とRT8.1で挙動が違うことがチマチマあるのだけれど
そのあたりドキュメントはないし、RTなんて誰も使ってないし
MSに聞いてもまず間違いなく有料サポートに誘導されるので解決が難しい。
#+MSのSurfaceサポート担当はRTの知識がなくて、適当に回答されることが多い…

もうWindowsRTみたいなイロモノは避けて素直にBayTrailな8.1タブレットに買い替えたい。