空に刻んだパラレログラムとさくら、もゆ。のバナーを設置しました。

空に刻んだパラレログラム\とさくら、もゆ。のバナーを設置しました。

ウグイスカグラ『空に刻んだパラレログラム』
フォーリズムっぽいですが、ルクルさんのシナリオがそんな青春劇な訳がない

さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation- 応援中!!
胃に優しいゲームだといいなぁ。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。
#画像埋め込み型のバナーのURLを変更するときはせめて告知がほしいです。またChromeのバグを踏んづけたかと思った…

hp ENVY x360 13インチ買いました。(CPUベンチ比較結果追加)

Ryzen5の方です。VAIO Z(2010)が限界だったのでとりあえずの繋ぎとして買いました。
写真付きベンチマークとかはすでにあるみたいなので、細かいところを箇条書きに。

・Ryzen5
シングルスレッド性能が若干心もとない気がするが、コア全て使いきれればそれなりに速い。
praphicsはディスプレイガチャで当たればFreeSyncが使えるので軽いゲーム用途には使えるが
CUDAなどはもちろん使えないので、動画編集とかはつらいかも。

☆ベンチマークを追加しました。(2018/10/28)
比較対象はDell XPS 13 9360 i5-82500U@1.6Ghz

環境はどちらもWindows10 64bit 1803 10月までの累計パッチ適用済
メーカー純正ユーティリティ以外は止めた状態です。
CPUの性能差だけが見えるようなベンチマークソフトでとりました。

VeraCryptベンチマーク(上がENVY 下がXPS)
スレッド性能差が出ているのか、ENVYの方が結構速いですね。

HWBOT x265ベンチマーク
若干XPSの方が速いのかなという感じ、8スレッド使い切っているので
ENVYの方が速いかと思いましたが、CPU支援機能が効いているのかも。

wPrimeベンチマーク
上2つは4スレッド、下1つは8スレッド設定で実行してます。
8スレッドで負荷をかけるとENVYの方が明らかに早くなりますね。

単純なシングルスレッドではi5が、マルチスレッドではRyzen5が速いという
順当に最近のAMDらしいスコアに見えます。

2機種を比べるとCPU自体の違いもありますが、ENVYは実行中ファンが100%(Critical)で
やかましいのに対して、XPS13はほとんどファンの音がしません。
このあたりはRyzenの排熱が追いついていないのではないかなと思います。

Ryzen 5 Mobile 2500Uのスコアはネット上のものを見るとこれよりも良いものが結構あるので
ENVY自体の排熱設計に余裕がないのかもしれません。

・タッチパネル
画面端の感度が非常に悪く、ネットで調べる限り不良が多い。
手元機も画面端が反応せず、修理で交換になった。
交換後は多少マシになったが、純正保護シート(OverLay Plus)を貼るとはやり反応が悪くなるので実質的に保護シートは使えない状態。
(hpに純正の保護シートでもまともに動かないって言ったら保護シート返品対応してくれることになった。意外)

・液晶の品質
上記理由で修理に出し液晶がBOEからLG Philipsのものに変わったが、BOEは明らかに発色がおかしかった。
LG Philipsはだいぶマシに見える。だけどそもそもこの機種6bitパネル仕様らしく、液晶に期待するものではない。
日本モデルはパネル仕様を選べない(多分海外機の最低ラインのパネル仕様固定)のでどのパネルが来るかはガチャっぽい。
ENVYの立ち位置的にディスプレイはこんなもんかなと思っていたらDellのinspironが結構良いディスプレイを積み始めて若干複雑。

・ファン
初期状態では割とうるさい。Youtube 2Kを再生するぐらいの負荷でも最大回転まで行くことがあるが
hpのツールでファンモードを選ぶことができるので、静音状態にすることも可能。
重いものを動かさなければ静音状態で困ることはあまりない。
ここも初期不良がちょくちょくあるらしく、CPU Tempとかで90度を簡単に超えるようであれば修理に出したほうがよい。
手元機は負荷をかけると簡単に100度超えする不良機だったので修理コースだった。

・キーボード
バックライトはON/OFF手動切替で、ON時は常時点灯。
Enterキーの右に1列キーがあるので、割と人を選ぶキーボードだと思う。
個人的にはBackspaceの押し間違いが多いので端にあるhomeキーを殺してBackspaceにしている。

・タッチパッド
Synaptics。スルスル動くのでよい。

・スピーカ
BANG&OLUFSENブランドでそこそこ場所をとってることもあり、13インチモバイルノートとしては良い。

・Bluetooth
6時間ぐらいスリープにするとデバイスが見えなくなる。再起動で復帰。
他のWindows10デバイスでなったことがないのでこの機種固有の問題っぽい。

・USBコネクタ
大分固くしっかりささるので安心感がある。type-CはaltでDisplay Portが出ていて、使えることを確認済み。

・ACアダプタ
AC側のケーブルが3ピンなので太い。持ち運びにはバッファローのBSACC0802BKAに付け替えるとちょうどよい。
サブのアダプタが欲しい時は同じものはオプションでないので、代わりに45W スマートACアダプター(2ピン、4.5mm) L6F60AA#ABJが使えた。

・その他
スリープ時の電源ボタン点滅がゆっくりではなくはっきりしているので安っぽい。
保守マニュアルを見るとSSDはソケットタイプだが、本体のネジ穴が底面ゴム足の下にあり再利用不可で個人が買える保守部品としては取扱がないので実質的に換装は不可能と思ったほうが良い。

全体的に15万円~のSpectreやXPS13、VAIO Zなんかと比べると細かいところでコストダウンが見られ、デザインは良いけど削るところは削っているなぁという印象。
初期不良報告が多いので開梱時はしっかり確認した方がよいかも。

その花が咲いたら、また僕は君に出逢うのバナーを設置しました。

『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
初恋シンドローム面白かったので期待。
Windows10だとDRMが半期ごとにリセットかかるのが不安(フユウソが結構な回数再認証している) campusのPlayDRM、認証上限あるのかなぁ…

FiiO X7をBluetoothリモコンで操作する(v3.3.5不具合の話)

FiiO X7はAndroid5.1を積んでおり、BluetoothのAVRCPプロファイルに対応しているので
一般的なBluetoothリモコン、例えばiRemoteShutterやサンワサプライSP-01M、 KASHIMURA BL-53などで曲送り戻し、音量、再生停止などが出来ます。
X7は本体が重いので便利にこれらを使っていたのですが、X7の最新ファームウェアであるv3.3.5に含まれるFiiO Musicではこれらリモコンを接続すると、本体のボタン操作などができなくなり、正常に動きません。

X7以外のAndroid採用モデル、X7IIとX5IIIについては6月ぐらいにファームウェアアップデートがあり、改善した様なのですがX7はこのアップデートがなかったため、ずっと未修正のままでした。

最近本国のFiiOフォーラムでこの問題を問い合わせている方がおり、FiiOからX5IIIに導入されているFiiO Musicを入れてみてくれという投稿があり、これを試した所リモコンの不具合が解消されました。

FiiO X7をv3.3.5に上げた状態で
FiiO X7 與 RM1 的問題のスレッド返信にある
http://fiio-file.fiio.net/FiiO%20Music0612.apkをDLしてインストールすると解消されます。

Head Fiや英語の方のフォーラムでは放置されていたので見落としていました。
X7とBluetoothリモコンの組み合わせで困っていた方はぜひアプリを更新してみてください。

時雨 私服Ver.

時雨 私服Ver.

GOOD SMILE COMPANYの時雨 私服Ver.を購入しました。
前々から欲しいと思いつつ値段に躊躇していたのですが、Amazonに入荷していたのをみて思わずポチリ。

製品写真の造形と比べると若干頭部とアイが伸びている気がしますが、まあ許容範囲。
それよりもメガネと指の距離が製品写真よりだいぶ隙間があるので構図に悩みました。
この辺りねんどろいども造形甘いのでグッスマの製品はこんなもんなのかな、と思います。
ねんどろいど以外のフィギュアを買うのはレーシングミク2013以来なので、4年ぶりくらい。
すっかりドールやねんどろいどの様な稼働部位のある人形に慣れきってるので、つい曲げて直しそうになって壊しそうになりました。
慣れって怖い。

白露型の中でも早期に改二なった時雨と夕立は結構フィギュアがでているのでいいですね。

α7IIIでiPadに画像を取り込むときはUSB給電をOFFにすると出来る

T/O

α7IIの時は機能自体がなかったので気が付かなかったのですが、iPadにLightning – USBカメラアダプタ経由で画像を取り込む際、α7IIIだと設定のUSB給電がOFFでないと、「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます」というエラーが出ます。

設定のUSB給電をOFFにすると、問題なく取り込むことができます。
USB給電の機能がついたα7RII,α7SII,α9,α7RIII,α7IIIいずれの機種も同じ設定で行けるみたいです。
便利そうな機能はとりあえずONにしておけ、みたいな感じで使っていたので今更にして気が付きました。

ちなみにLUNをマルチにするとスロット2が見えて、シングルにするとスロット1が見えるようになるみたいです。

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIの背面液晶は122万画素のWhiteMagic液晶
α7IIIの背面液晶は92万画素の普通の液晶
α7IIからIIIへのモデルチェンジでHW的に下がったのが
背面液晶の画素数です。WhiteMagicでなくなった分
Wの画素が減った数値となっており、これはNEX-6ぐらいまでの
背面液晶と同スペックとなりました。

前々から実際どんなものなのか比較しようと思っていて
時間が取れたのでこの2台の比較画像を撮りました。

照明なしの部屋に2台を置き、PowerShot G9Xのマニュアル露出で
だいたい撮影時の色が適正となるように調整して撮りました。

以下画像、左がα7IIで右がα7IIIです。
画像クリックで等倍表示されます。


本体設定の明るさ設定画面 α7IIの方が白っぽく感じます。

解像度チャート、α7IIの方が漂白された白っぽい色に対して、α7IIIの方は少し暖色に向いています。
撮影したカメラがコンデジなので解像度については参考レベルですがどちらも
数字までしっかり読み取れ、差は無い様に見られます。
肉眼で直接確認した際も、どちらもはっきりと線と数字が読み取れました。

カラーグラデーション α7IIの方がやはり少し白浮きし気味です。

カラーグラデーションパターン2 こちらも同様。
実機を見るとα7IIの方が若干明るめに見えました。

サンプル画像比較 α7II方がやはり白が強調されている感じです。
カラマネがちゃんとしているモニタと比較すると、α7IIIの方が発色がナチュラルに見えます。

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶は、こうして屋内で比較する分には
解像度感に差はなく、WhiteMagicの方が若干白っぽく明るく感じます。

WhiteMagicは屋外で使用した際に視認性が高いと言われていますが、実際はどうなのでしょう?
屋外晴天時にどれくらい差があるのか比較したのが次の写真です。
(使用したカメラで目で見たままを撮るのが難しかったので、わかりやすい様に多少露出をいじっています)
まずは、背面モニタの明るさを標準のマニュアルのままにした場合

これも左がα7II、右がα7IIIですが、わずかにα7IIの方が明るく見えるかな、という程度
次に背面モニタの明るさを「屋外晴天」にした場合

どちらもかなり明るく、炎天下においても画面がはっきりと映ります。

α7IIとα7IIIにおいては、背面液晶のスペックの差を実感する機会はあまりなさそうです。

Chrome68対応

Google Chrome 68からHTTPコンテンツに対して「保護されていない」表示が出るとのことなので
このBlogの通信をすべてHTTPSにリダイレクトにするように設定しました。

元々Let’s Encryptの証明書設定してHTTPSで見られるようになっていたので、リダイレクトの設定だけちょろっと。
ただ、サイト右端に貼っている埋め込み画像バナーが概ねHTTPのままなのでMixed Content表示になるになるのだけは回避できず。
ちょくちょく確認してバナー側の対応が終わったら「保護された接続」表示になる予定です。
#現状HTTPSでつなぎに行くとapacheのデフォルトページが出てくるブランドも居るので当分先の予定…
#2018/09/01 なんか最近流入がおかしいので見直していたらhttpのアクセスが全部トップに来るようにredirectを
書いていることに気がついたので直しました。お恥ずかしい…

α7II/IIIの良いところ

最近の記事を見直して、ブログを立てた時に方針とした
「ネガティブな事をあまり書かない」という点からだいぶ離れてきてしまったので
方向修正するつもりで直近disっていたα7II/IIIのいい所を書きます。

α7IIのいい所


α7IIIにはない所だけ

    • 後からいじりやすい絵作り
      α7IIのイメージセンサーはIMX157AQRという品番のもので、これはα99、VG900、α7と
      同じ製品です。後段の処理が異なるので各機種同じ絵とはなりませんが
      多機種で採用されている実績のあるセンサーだけあって吐き出す絵に無理がなく、RAWでもいじりやすいです。
    • PMCAのレンズ補正がフル機能使える。
      PlayMemoriesCameraAppsにレンズ補正というアプリがあるのですが
      これはレンズごとに補正値のプロファイルを作って設定でき、α7II以降のPMCA搭載機種では
      レンズ名と焦点距離をExifに書けます。
      社外レンズ、とりわけ電子接点のないオールドレンズで遊ぶ時に後からどのレンズでとったかを
      見直せるので凄く便利です。この1点だけでオールドレンズ母艦として勧められるくらい便利です。
      フルサイズ機でExif書き込みまで含めたフル機能が使えるのはα7II世代だけです。
    • スマートリモコンが多機能
      これもPMCAでアプリとして独立している影響なのですが、スマートフォンから操作する
      スマートリモコンが結構多機能です。QX1のような本体に表示機を持たない機種でも使えるように
      拡張されてきた背景か、ライブビューからタッチフォーカスまで色々と機能があります。
    • 背面液晶がWhiteMagicで屋外でも多少見やすい
      NEX-5/6辺りの液晶と比べるとピーカンで真っ黒とはならないので屋外でも見やすいです。
    • スイングパノラマが使える
      カメラを横に動かし、パノラマ撮影が出来るこの機能。面白い絵がとれるので結構使います。

α7IIIのいい所


α7IIにはない所だけ

    • 位置情報をExifに書ける
      ついにソニーのカメラにもBluetooth連携の位置情報書き込みが実装され、旅行の時に大変便利。
      GPSロガーからの開放、RAWにもちゃんと書き込まれる 本当に便利。
    • RAW+JPGの時にJPGの画質が設定できる
      今まではRAW+JPGに設定するとJPG側はFine固定だったのですが、画質を選べるようになりました。
      撮って出しで使う時にExtraFineで出せるようになったので良いです。
    • ジョイスティックのAFポイント指定が便利
      今まで多点のAFって思った所にAFが合わなくてうーん?って感じだったのですが
      ジョイスティックで思ったところにピントを合わせられるのが凄く便利です。
    • バッテリー容量強化
      α7の泣き所バッテリーの持ちの悪さにメスが入り、容量が約2倍に。
      おさんぽスナップなら1本でも一週間ぐらい充電不要になりました。
      α7IIまでのNP-FW50もあれはあれで小型で安いのでポンポン買って入れ替えて使うのでも
      あまり不満は無かったのですが、バッテリー残量残り30%ぐらいからの余裕が違いますね。
    • 液晶をチルトするとEVFに切り替わらなくなる
      NEX-6から改善しないかなと思っていた、EVFのアイセンサが敏感すぎて液晶面に近づくとすぐに液晶からEVFに切り替わってしまう仕様がようやく改善され、液晶をチルトしてる間はEVFに切り替わらなくなりました。

α7II/IIIのいい所
共通

    • ファインダーが拡大できる
      EVFだからこそできる、ファインダー拡大はマクロやMFレンズで追い込みたい時に重宝します。
      α7II/IIIのEVFは倍率とコーティングの違いはあれど基本NEX-7から続くXGA OLED TrueFinderなので見やすいです。
    • APS-C向けレンズでもクロップで使える
      これはフルサイズのαすべて共通ですが、フルサイズセンサー搭載機でもAPS-C向けのレンズが使えます。
      クロップなので24MPから10MPになってしまいますが、比較的廉価で写りの良いレンズ(SAL35F18とか)が使えるので便利です。 他社でも機能自体はありますが、αのEVF機だとクロップに合わせてファインダーもきちんと拡大表示されるので見やすいです。
    • ボディ内手ブレ補正
      ほぼこのためにαを使っているのですが、本体単体で手ぶれ補正が動くのは本当に便利です。
      シャッタースピードの余裕が違いますし、レンズを選びません。 電子接点のないレンズでも
      設定またはレンズ補正アプリから焦点距離が設定出来るので使用できます。
    • AマウントSAM/SSMレンズ+LA-EA1/3で像面位相差AFが使える
      α7II世代以降のボディではLA-EA1/3(素通しアダプタ)でコントラストAFだけでなく鏡面位相差AF
      が使えるようになりました。
      コントラストAFは正直最低限動くといったもので静物相手でもピントが合うまでに結構な時間が
      かかっていたのですが、アップデートで鏡面位相差が使えるようになってからは大分短縮されました。
      静物相手なら実用になる速度です。AマウントのSAM/SSMレンズは数が限られますが、どれも中古の
      値段が結構落ちてきているので、手軽に楽しむにはいい選択肢になります。

Sony α9/7IIIシリーズのFTP転送機能について

2017年以降のフルサイズEマウントαカメラにはFTP転送機能が実装されている。
これは今の所機種により実装機能が異なるのでメモとして書いておく。

2018/05/27時点でリリースされているαのファームウェア
α9(v2.00),α7RIII(v1.10),α7III(v1.01)での仕様の違い。

αのFTP転送機能は現段階ではどの機種もキヤノンやニコンの様に撮影時に逐次転送することは出来ず
撮影後メニューから機能を選んで転送することになる。

この転送の際の画像選択について、現時点でα9(v2.00)とα7IIIシリーズでは仕様が異なってる。

画像の選択方法について
α9(v2.00)では
画像選択/この日付の全プロテクト画像 /この日付の全画像
/このフォルダの全画像 /このメディアの全プロテクト画像
/このメディアの全画像
という種類分けで一括転送が出来るが、これはα7IIIシリーズでは出来ない。

画像の一括転送は今の所、α9かつv2.00のファームウェアでしか実装されていない。

α7IIIシリーズでは画像を一つ一つ手でチェックして転送するか、連射グループで選択するか
フォルダごとか何れかでしか転送出来ず、チェックボックス選択でも、最大100個までに限定される。
これはフォルダ内(例えば100MSDCF)に100以上画像がある場合、エラーとなり転送出来ない。

α7IIIシリーズの1枚1枚チェックをつけないと転送出来ないのは流石に使いづらいというか
FTPサーバまで用意してこういう使い方をするユーザが居るとは思えず、実装意図が見えない。

α9もv2.00になってようやく一括転送が実装されたので、ユーザからの要望はかなりあったのだと思う。
v2.00は今年1月にリリースされたので7RIIIへの実装が間に合わなかったのは分かるが、3月後半に発売の
7IIIでも実装されていないのは首をかしげる。

おそらくいつかは実装されるとは思うが、α9の仕様でもニコンキヤノンのFTP転送機能とは
大分機能差があり今の所実用性においてかなり差がある。

ちなみにこれも例によって製品仕様に記載はなく、各機種本体のヘルプとFTP機能のヘルプでも記載事項が
食い違っておりサポートに根気強く問い合わせて分かる内容なので購入前に気がつくのはかなり難しい。