カテゴリー : 2013年 11月

Clover Day’sのBannerを設置しました。

Clover Day’sのBannerを設置しました。

ALcot『Clover Day's』応援中!

サイトデザイン的に大きいのはつらいので小さいのをちょこっとだけ、ですが。
Clover Heart’sを発売日に買い、登場人物の思春期っぷりに悶えてから早10年。
Clover Day’sも当然ながら興味津々です。

ALcotは結構作品ごとの揺れが大きいメーカーなので、Day’sの出来が
若干不安ではありますが、期待して待ちたいですね。

余談:
その昔最低動作環境ぎりぎりなPentiumII 400MhzのPCでクロハを初プレイした時
mpgではなくプログラムで描画するタイプのOPでフリーズしてしまい、先に進めず
サポートにパッチを作ってもらった記憶があるのですが、最近手元にあったコレ
にインストールしてみた所サックサクでOPもぬるぬる動いて、改めてPCの進化って
凄いなーと思いました。

WindowsRTなんて最初からなかった

やっぱりこうなるか。

Microsoftの3つのOSはWindowsに統合へ──ハードウェア責任者がRT消滅を示唆

その昔あったHandheld PCもそうですが、「Windows」の名前で
x86アプリが動かなければこうなりますよね。

出来るなら、Surface2を出す前にこういう発言をしたもらいたかった。
Surface2は適当なタイミングで引っ込めてBayTrailを載せて出しなおしてほしい。

Surface2+RemoteAppでエロゲが結構イケる

すべてのモバイルデバイスはエロゲを外で動かすためにある(断言
昔は頑張ってCEに移植したりしていましたが、今やリモートで普通に動いてしまうので良い時代です。

感覚的にはOSXでParallels使ってCoherenceモード動かしている感じです。

TSサーバからデプロイする形のRemoteAppではなくて、RemoteDesktopの ウインドウを切り出して表示するだけなら、Windows serverは要りません。

手順としては リモートデスクトップホスト側のレジストリで
HLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\ TsAppAllowList\fDisabledAllowList
を1にする。

そのあと、このホストに接続する .rdpを適当なテキストエディタで開き、以下三行を追加。
remoteapplicationmode:i:1
remoteapplicationname:s:アプリケーション名
remoteapplicationprogram:s:ホスト側のアプリケーションPath

例えばココロファンクション!を動かすなら
remoteapplicationmode:i:1
remoteapplicationname:s:ココロファンクション!
remoteapplicationprogram:s:C:\Program files(x86)\ココロ@ファンクション!\AdvHD.exe
のような形にして保存。

あとは通常のリモートデスクトップと同じようにrdpをダブルクリックして接続すると 以下のような感じになります。

RemoteApp

ローカルW-LANの様にリモートサーバ間の回線品質が良ければ、ココロファンクション!の場合
KIZUNASの背景エフェクトが多少辛い感じがあれど、それ以外は概ね快適に動きます。

エフェクトにあまり凝っていない、普通の紙芝居ゲームなら苦も無く動きます。

また、伺かの様なウインドウがないタイプのアプリケーションも普通に動きます。

流石に3Dゲームは無理そうですが、RemoteFXが動く環境ならまた違うかもしれません。

回線品質は上りが細いHSDPAだと辛いですが、WiMAXぐらい出るなら結構快適です。

きちんと速度の出るLTEならVPNを通してもローカルW-LAN環境と同等に利用できますが 湯水のように
データ通信を行うので速度制限に引っかかる恐れがあります。

思っていたよりも普通に利用できるので、リモート環境を用意できるならおすすめです。

 

 

XBA-30買いました。

10Proの代わりを色々探していたのですが、丁度XBA-30がディスコンで値下がりしていて
1万円だったのでポチっと。

10Proと比べてしまうと、高温の伸びやかさがちょっと物足りなかったりしますが
許容範囲。
XBA-40はちょっと音域の繋ぎに不満があったのですが、30は気になりませんね。
それよりも10Proで大分不満だった装着感が、XBA-30だとYケーブルにも関わらず
大分良いので、普段の持ち歩きにストレスなく使えそうです。

XBA-30はYケーブルですが、二又に分かれている部分に余裕があって
Uケーブル的に耳の後ろにケーブルを回しても余裕があるので、これならYでも良いかなと思います。

今度のイヤホンは何か月持つかなぁ 出来れば2年は持ってほしい所です。

iPad mini Retinaの実機をみてきました。

iOS7の時点で買う気はないのですが、一応冷やかしに。

確かにディスプレイは高精細なんだけれど色域が狭い気がする。
初代miniというか、iPad2ぐらい?
たしかiPad2はsRGB満たしていなくて、主にGの色が足りなかった記憶があるけど
今度のmini Retinaも同じように見える。
Airが隣に展示されているので、並べると違いが顕著にわかる。

iPad 3rdやSurface2に慣れているとちょっと残念だけど
Macbookの方のAirも液晶ひどいので、そんなものなのかしら。

動作速度はAirと同じ足回りだけあって十分に速いので、色域と
OSに不満がなければアリですね。