ソニーカメラの互換性がひどくてうんざりしてきました。


α9/α7RIII/α7IIIなどの2017年以降に発売となったカメラでは
PlayMemories Camera Appsが非搭載になりました。

これによりNEX-6からα6500ぐらいまでのEマウントαカメラで利用できていた
各種アプリケーションは全て利用できません。
比較明合成やタイムラプスなど便利な機能はだいたいアプリ側で提供されてきたので
それらは全て使えなくなりました。

唯一スマートリモコンのみ、製品紹介に記載があり、機能が搭載されているように見えますが
PMCA版のスマートリモコンとはサポートされている機能が大きく異なり、一部機能が使えません。
軽く確認した範囲では

・タッチフォーカスが出来ない
・タッチシャッターが出来ない

・動画のプレビューが出来ない
・ライブビュー画質の設定が出来ない

など、個人的にはタッチフォーカスをよく使っていたのでかなりデグレです。
カメラから離れて手持ちレフで撮影する時などにとても便利だったのですが…

サポートに問い合わせた所、これらの機能差に関する情報はウェブ上の仕様表や
製品情報ページやサポートサイトなど、どこにも記載がないとのことでした。
これらについて掲載する予定も現段階では回答できないとのことでした。
 いつものことです。

ソニー製品に慣れているとサイレントに機能がなくなったり仕様が変わったりすることが
結構あるのですが、α7III世代だとUIが変更されていることもあり、他にもありそうな気がします。

ソニーのカメラは世代が違う製品を終息せず併売する戦略になってから
販売中の機種でも各カメラ毎に搭載機能・対応機能がバラバラで
製品寿命が長くても機能追加が入ることはほぼなくしかもかなり調べないと分からない事が多いので
気をつけて買わないと期待していた機能が無かったということもあり得ます。

比較的互換性の仕様がわかりやすいPlayMemories Camera Appsで例をあげると

○RX100シリーズ
RX100無印:PMCAに非対応
RX100M2:同上
RX100M3:PMCA対応、スマートフォンシンクでは転送に非対応/スマートリモコンでは連続撮影に非対応などアプリにより非対応機能が多い。
RX100M4:M3で非対応だった機能に概ね対応
RX100M5:(多分)同上
と、5機種で3種類ぐらいに互換情報が別れます。
2017年以降の機種はPMCAがなくなっているので、多分次の世代でアプリ自体が非対応になると思います。
→RX100M6が発表されましたが予想通りPMCA非対応になりました。

○α7シリーズ
α7無印世代:PMCA対応、レンズ補正アプリのExif書き込み非対応/7Sのみライトトレイルアプリに対応など
α7II世代:PMCA対応、レンズ補正アプリのExif書き込み対応/7II無印のみスマートリモコンで動画の再生非対応/何故かライトトレイルアプリ非対応など
α7III世代:PMCA自体非対応「スマートリモコン」だけ同名称の別機能として搭載

と、もう7Sだけ使えるとか7IIだけ非対応とか機種ごとに互換性がバラバラです。ふざけてんのか。
これを購入前に調べるのが面倒くさいですし、PMCAに限らずレンズについても機種ごとに互換・対応状況が違います
α6000とかα7とか、現行機でも古めのやつはレンズ互換ページに注記が山のようにあります。

今回のスマートリモコンのデグレでもういい加減にしろよって思いました。
これだから人にソニーのカメラ勧められないんですよ。
機種ごとに互換性バラバラだし併売するのにアップデート打ち切るし。
作りがやわい上に修理で変なケチつけられて破損扱いになるからワイド保証がないとカネがかかるし。(特にSELP1650とかな)

ソニーのカメラをご購入の際は、欲しい機能や互換性があるかを十分に確認されることをおすすめします。
私はそろそろ疲れてきました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。