カテゴリー : 2018年 5月

Sony α9/7IIIシリーズのFTP転送機能について

2017年以降のフルサイズEマウントαカメラにはFTP転送機能が実装されている。
これは機種により実装機能が異なるのでメモとして書いておく。

2018/05/27時点でリリースされているαのファームウェア
α9(v2.00),α7RIII(v1.10),α7III(v1.01)での仕様の違い。

2019/08/17時点でリリースされているαのファームウェアα9(v5.01),α7RIII(v3.01),α7III(v3.01)での仕様の違い。

α7IIISeriesのバージョンが上がっても実装に変更はなく、α9には自動転送機能の追加があったためむしろ一層差が開いている。

αのFTP転送機能は現段階ではα9を除きキヤノンやニコンの様に撮影時に逐次転送することは出来ず
撮影後メニューから機能を選んで転送することになる。

この転送の際の画像選択について、現時点でα9(v2.00以降)とα7III(v3.01)シリーズでは仕様が異なってる。

画像の選択方法について
α9(v2.00以降)では
画像選択/この日付の全プロテクト画像 /この日付の全画像
/このフォルダの全画像 /このメディアの全プロテクト画像
/このメディアの全画像
という種類分けで一括転送が出来るが、これはα7IIIシリーズでは出来ない。

画像の一括転送は今の所、α9かつv2.00以降のファームウェアでしか実装されていない。

α7IIIシリーズでは画像を一つ一つ手でチェックして転送するか、連射グループで選択するか
フォルダごとか何れかでしか転送出来ず、チェックボックス選択でも、最大100個までに限定される。
これはフォルダ内(例えば100MSDCF)に100以上画像がある場合、エラーとなり転送出来ない。

さらに今年になってα9のv5.00アップデート(FTP自動転送機能実装)に伴い提供されたTransfer & Tagging Add-onでは対応機種に一応α7IIIシリーズも載っているが、このアプリはJPEG画像しか受付できず

RAWファイルはエラーとなる仕様で、α9はv5.00でRAW-JPEG設定時でもJPEGのみ転送するオプションが新設されたのに対してα7IIIシリーズはv3.00でも未実装のため、RAW+JPEG設定時は転送そのものがエラーとなり動作しない。

アプリ内に注意記載があるが、7IIIシリーズは設定項目自体存在しない

α7IIIシリーズの1枚1枚チェックをつけないと転送出来ない仕様は
FTPサーバまで用意してこういう使い方をするユーザが居るとは思えず、実装意図が見えない。

α9とα7IIIシリーズはフラッグシップか否かという違いはあれど、FTP転送機能を実装するのであれば、同等の機能に揃えるべきだと思う。

中途半端に使えない機能を実装するのあれば、実装しない方がわかりやすい。

特にTransfer & Tagging Add-onの転送機能についてはα9に追加設定を加える時点で機能的に使えないのが分かっているにも関わらず、α7IIIシリーズに同様の設定を加えないのは理解に苦しむ。そこは差別化する所ではないし、実質的に使えないような機能制限があるのであれば、対応機種に加えるべきではない。

おそらくいつかは実装されるとは思うが、α9の仕様でもニコンキヤノンのFTP転送機能とは
大分機能差があり今の所実用性においてかなり差がある。

α7RIVも発表されたので7III世代はこの仕様が変わることはないだろう。

ちなみにこれも例によって製品仕様に記載はなく、各機種本体のヘルプとFTP機能のヘルプでも記載事項が
食い違っておりサポートに根気強く問い合わせて分かる内容なので購入前に気がつくのはかなり難しい。