2019年買ってよかったもの/そうでもなかったもの

買ってよかったもの

1.Unihertz Titan
ギリギリ年内滑り込みセーフで12/29着弾。
でかくて重いがバッテリーライフが強い。
SIPとExchangeを設定し、日に数分の通話とLINE程度なら
1週間は持ってしまう。
キーボードの癖はAquaMozcがだいたい吸収してくれるので良い。

2.iPad mini(5gen)
小ささは正義。
LightningがUSB2.0だけなのが惜しいが、ペンも使えて液晶品質もよく
PSとLRが動くので通勤中にレタッチができる すごく便利。

3.Raspberry Pi4 model B
初代model B(512MB)からの置き換え。
nodejsが軽く走る様になり、VPNルータとしてもGbEになったので
スループットがかなり上がって良い感じ。サーバとして使っていて
ビデオ周りは使っていないので排熱はヒートシンクでどうにかなっている。

そうでもなかったもの

1.Fitbit Aria2(体重計)
体脂肪率の判定ロジックがおかしく、まともに測れていない。
また、体重の近い複数ユーザで使うと、違うユーザに間違ってアップロードされてしまうことがあり
一度間違ったユーザに上がってしまうと初期化しない限り戻ってくれない。大変不便。
Withingを買ってFitbitに連携すればよかった。大外れ。

2.JBL Link300
投げ売りされていたChromecastスピーカ
低音ズンドコはGooglehomeアプリから調整できるのでマシにはなるが
そもそもの音質があまりよくない。よくこれ2万5千円で出したなというレベル。
投げ売り価格でも買ったのを後悔している。

3.EPSON EP-30VA
用紙のカラープロファイルが指定できる一応ハイクラスのプリンタ
起動と印刷開始までがとにかく遅い。A4のウェブページ1枚印刷するのに5分くらいかかる。
一度起動し終わってもちょっと時間が空くと何やら動き出して再印刷までやたら時間がかかる。
画質は染料なのでまあこんなもんかという感じ。
本体が高い代わりにインクが安いはずが、数が出ていないのでインク代も高いという微妙なモデル。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。