カテゴリー : Gadget

iPad OS(iOS13)でマウスを使ってリモートデスクトップを試す。

19:45:一部機能を見落としていたので記事を書き換えました。(マウスの右クリック実現について)

iPad OS(iOS13)ではOSの標準機能として、マウスがサポートされました。

アクセシビリティのいち機能としての実装になりますが、iOSでもポインタによるマウス操作が出来るようになりました。

長い間iOSでリモートデスクトップを使う場合、マウスが使えないことによる

使い勝手の問題がありましたが今回のサポートで大分状態が改善されたため、軽くまとめてみます。

※これまでもCitrix X1 MouseやSwiftPoint GTなどリモートデスクトップ専用マウスがありましたが
価格が高く対応アプリケーションも限られるため、広く使える方法ではありませんでした。

1.設定方法について

有線マウスについては直接接続、無線マウスについてはBluetooth経由の接続となります。

Bluetoothマウスについては設定アプリトップのBluetoothからはペアリング出来ず

アクセシビリティ->タッチ->AssistiveTouch->デバイス->Bluetoothデバイスからペアリングします。

ペアリング後、Assistive Touchを有効にすると、マウスカーソルが表示されます。

デフォルトのマウスカーソルはかなり大きいため、AssistiveTouch->ポインタのスタイルから

カーソルの大きさを変更することができます。

また、軌跡の速さからマウスカーソルの移動速度を変更することができます。

2.リモートデスクトップアプリの対応について

ペアリングしたマウスについて、デバイスから選択すると、ボタンのカスタマイズが出来ます。

Assistive Touchからデバイスを選択し、ペアリングしたマウスを選択。

以下の様にボタン1を「シングルタップ」、ボタン2を「長押し」とすると、一部アプリにて

右クリックを実現することができます。

この状態で各種リモートデスクトップアプリについて、操作を試した表が以下のとおりです。

Chromeリモートデスクトップはタッチモードではクリックしか出来ないためうまく使えませんが

MSリモートデスクトップやSplashtop、AnyDeskは右クリックも含めて操作出来ます。

3種のアプリはいずれもマウスモードをトラックパッドではなくタッチモードにします。

 

おまけとしてMSのアプリは現時点でiPad Pro11の解像度には対応していないので注意が必要です。

またWAN越しの操作をする場合は、VPNで接続するか、対応のアプリを使用する必要があります。

3.Tips

Assistive Touchを有効、かつマウスを接続していない場合、画面にメニューが表示されてしまいます。

マウスのためだけにこの機能を使っている場合、設定からいちいちON/OFFするのは面倒ですが

コントールセンターにこの機能のON/OFFを追加することができます。

設定->コントールセンター->アクセシビリティのショートカットを追加し

コントロールセンターからショートカットを選択すると、簡単にON/OFFすることができます。

SP 35mm F/1.8 Di USD

SAL35F18のフルサイズ版を探してたどり着いた。

でかくて重い。でも描写が柔らかくてすき。

SEL2470Zと比べると一層デカさが目立つ。

α7III+LA-EA3でそれなりに速くAFが動く。これからの活躍に期待。

iPad Pro11(2018)買いました。

もう昨年の話になりますが、iPad Pro10.5からiPad Pro11へ買い替えました。

主な用途の一つが写真の現像だったので、type-Cになったことがとても便利です。
高くて不便なLightningケーブルから開放されています。

もう発売から時間が経っているので、手元で色々試した結果を軽く残しておきます。

1.保護シート
iPadの液晶はとても指紋がつきやすいので、保護シートが必須に近いです。
iPad Pro11ではこれまで使用出来ていたガラスの保護シートとの相性がどうも悪く、3製品ほど試しましたがフリック切れやタッチ暴走などが起きます。
結局、エレコムのファインティアラを採用した保護シートに落ち着きました。
これでもデレステではフリック抜けがたまにあるので、10.5の頃と比べると若干ストレスです。

2.ケース
絵は書かないので当分Apple Pencilは要らないと思い、側面まで保護があるタイプのケースを入手しました。今手に入るものはApple Pencil装着面の保護がないものが多く、つけられないものは結構安く処分されているので、Pencil使わない方は側面保護有りのものがおすすめです。

3.カメラ
10.5と違い、手ぶれ補正がありません。これで写真を撮るかというと微妙なのですがEvernoteなどの書類取り込みをする時に手ぶれ補正が結構効くので、ないとハッキリわかります。

4.USB DAC(3.5mmジャック出力)
基本的にtype-Cへ変換してあげれば動きますが、イヤホンだと音量が大きすぎるDACもあり音に拘りがなければ純正のアダプタを買うのが良いかと思います。
手元にnexumのAQUAというtype-C DACがあったので使用していますが、上記の問題があり、アッテネータが必須でした。

5.磁気
今回のモデルはケースの保持が磁気になった影響で、本体に磁石が山程入っています。これが曲者でうっかり忘れてキャッシュカードや通帳を近づけるとあっさりと死にます。今までのカバー検知用の磁石の比でなく強力なので、カバンに一緒に磁気が関係するものを放り込むと危険です。

3.その他
今回もiPadは国内とアメリカ以外の国でモデルNoが同一(例:A1934)なので、海外版を輸入すればシャッター音のないマークのあるモデルが入手出来ます。
私は今回香港版をガウロンドットコム様経由で購入しました。かなり迅速に対応いただき
1週間程度で入手出来たのでありがたかったです。

LinkJapanのeRemoteシリーズはGoogle homeと相性がわるい

なぜなら、家電のON/OFFが照明として登録されるから。

eRemote miniなどの製品は単体で使うとスマホから操作出来て便利なのですが
Google homeと組み合わせて使うには製品仕様が微妙で使いにくいです。

なぜかというと、基本的にeRemoteのアプリで登録した家電のうち、エアコンと照明のカテゴリで
登録した製品のみ、Google homeのデバイス一覧に表示されるからです。

テレビや扇風機など、単純な電源ON/OFFで動くものは照明としてeRemoteへ登録するように製品のマニュアルページには書かれていますが、これはFAQにもあるようにGooogle home側では
照明として認識されるため、「Ok google 照明を消して」や「ok Google 電気を消して」など
Google home的に照明と解釈される音声コマンド全てに反応して、一斉に電源が操作されます。

Google Homeからは登録デバイスが照明に見えるため、全て照明というカテゴリで一斉操作されてしまいます。


これが曲者でGoogle home側としては表記のゆれ「照明or明かり」、「つけてor消して」を認識して
動作してしまうため、例えばシーリングライトをだけ消したいと思うと、登録ワードを工夫しないとなりません。
(ライトを消してでは全て反応してしまうため、うちではシーリングを消して、と登録しています。)

Google home側の制限なのかというとそんなことはなく、例えばNature Remoで登録した扇風機などは
Google home側ではスマートコンセントとして見える(スクショの電気毛布がそれ)ため、照明と連動することはありません。

アップデートで改善されないかなと期待しましたが、FAQにも書かれるくらいなので、これはもう仕様として割り切って使うのがいいようです。

eRemote miniは国内ではそれなりにするので、この仕様差ならばNature Remo mini辺りを買った方が
Google homeユーザーとしては幸せになれそうです。

hp ENVY x360 13インチ買いました。(CPUベンチ比較結果追加)

Ryzen5の方です。VAIO Z(2010)が限界だったのでとりあえずの繋ぎとして買いました。

2019/03/03追記

最近公開されたBIOS(F33 Rev.A)を適用すると、VRAMの予約分が

2GBから1GBに戻りました。正直6GBは辛くて苦情を入れていたので直って何よりです。

2019/02/19追記

年末ぐらいのBIOSアップデートでVRAMに固定で2GB割当たるようになり

8GBモデルだとOSからは実質6GBしかメモリが使えなくなりました。

正直1GBでもきつかったのに2GBだと動かないソフトが出てきますね。

基本的人権のないPCとなりますので購入の際はご参考までに。

(HPのサポート曰くPlayReadyDRMの為の仕様変更だと言うが今更PlayReady使っているものなんてあるのだろうか…)

写真付きベンチマークとかはすでにあるみたいなので、細かいところを箇条書きに。

・Ryzen5
シングルスレッド性能が若干心もとない気がするが、コア全て使いきれればそれなりに速い。
praphicsはディスプレイガチャで当たればFreeSyncが使えるので軽いゲーム用途には使えるが
CUDAなどはもちろん使えないので、動画編集とかはつらいかも。

☆ベンチマークを追加しました。(2018/10/28)
比較対象はDell XPS 13 9360 i5-82500U@1.6Ghz

環境はどちらもWindows10 64bit 1803 10月までの累計パッチ適用済
メーカー純正ユーティリティ以外は止めた状態です。
CPUの性能差だけが見えるようなベンチマークソフトでとりました。

VeraCryptベンチマーク(上がENVY 下がXPS)
スレッド性能差が出ているのか、ENVYの方が結構速いですね。

HWBOT x265ベンチマーク
若干XPSの方が速いのかなという感じ、8スレッド使い切っているので
ENVYの方が速いかと思いましたが、CPU支援機能が効いているのかも。

wPrimeベンチマーク
上2つは4スレッド、下1つは8スレッド設定で実行してます。
8スレッドで負荷をかけるとENVYの方が明らかに早くなりますね。

単純なシングルスレッドではi5が、マルチスレッドではRyzen5が速いという
順当に最近のAMDらしいスコアに見えます。

2機種を比べるとCPU自体の違いもありますが、ENVYは実行中ファンが100%(Critical)で
やかましいのに対して、XPS13はほとんどファンの音がしません。
このあたりはRyzenの排熱が追いついていないのではないかなと思います。

Ryzen 5 Mobile 2500Uのスコアはネット上のものを見るとこれよりも良いものが結構あるので
ENVY自体の排熱設計に余裕がないのかもしれません。

・タッチパネル
画面端の感度が非常に悪く、ネットで調べる限り不良が多い。
手元機も画面端が反応せず、修理で交換になった。
交換後は多少マシになったが、純正保護シート(OverLay Plus)を貼るとはやり反応が悪くなるので実質的に保護シートは使えない状態。
(hpに純正の保護シートでもまともに動かないって言ったら保護シート返品対応してくれることになった。意外)

・液晶の品質
上記理由で修理に出し液晶がBOEからLG Philipsのものに変わったが、BOEは明らかに発色がおかしかった。
LG Philipsはだいぶマシに見える。だけどそもそもこの機種6bitパネル仕様らしく、液晶に期待するものではない。
日本モデルはパネル仕様を選べない(多分海外機の最低ラインのパネル仕様固定)のでどのパネルが来るかはガチャっぽい。
ENVYの立ち位置的にディスプレイはこんなもんかなと思っていたらDellのinspironが結構良いディスプレイを積み始めて若干複雑。

・ファン
初期状態では割とうるさい。Youtube 2Kを再生するぐらいの負荷でも最大回転まで行くことがあるが
hpのツールでファンモードを選ぶことができるので、静音状態にすることも可能。
重いものを動かさなければ静音状態で困ることはあまりない。
ここも初期不良がちょくちょくあるらしく、CPU Tempとかで90度を簡単に超えるようであれば修理に出したほうがよい。
手元機は負荷をかけると簡単に100度超えする不良機だったので修理コースだった。

・キーボード
バックライトはON/OFF手動切替で、ON時は常時点灯。
Enterキーの右に1列キーがあるので、割と人を選ぶキーボードだと思う。
個人的にはBackspaceの押し間違いが多いので端にあるhomeキーを殺してBackspaceにしている。

・タッチパッド
Synaptics。スルスル動くのでよい。

・スピーカ
BANG&OLUFSENブランドでそこそこ場所をとってることもあり、13インチモバイルノートとしては良い。

・Bluetooth
6時間ぐらいスリープにするとデバイスが見えなくなる。再起動で復帰。
他のWindows10デバイスでなったことがないのでこの機種固有の問題っぽい。

・USBコネクタ
大分固くしっかりささるので安心感がある。type-CはaltでDisplay Portが出ていて、使えることを確認済み。

・ACアダプタ
AC側のケーブルが3ピンなので太い。持ち運びにはバッファローのBSACC0802BKAに付け替えるとちょうどよい。
サブのアダプタが欲しい時は同じものはオプションでないので、代わりに45W スマートACアダプター(2ピン、4.5mm) L6F60AA#ABJが使えた。

・その他
スリープ時の電源ボタン点滅がゆっくりではなくはっきりしているので安っぽい。
保守マニュアルを見るとSSDはソケットタイプだが、本体のネジ穴が底面ゴム足の下にあり再利用不可で個人が買える保守部品としては取扱がないので実質的に換装は不可能と思ったほうが良い。

全体的に15万円~のSpectreやXPS13、VAIO Zなんかと比べると細かいところでコストダウンが見られ、デザインは良いけど削るところは削っているなぁという印象。
初期不良報告が多いので開梱時はしっかり確認した方がよいかも。

FiiO X7をBluetoothリモコンで操作する(v3.3.5不具合の話)

FiiO X7はAndroid5.1を積んでおり、BluetoothのAVRCPプロファイルに対応しているので
一般的なBluetoothリモコン、例えばiRemoteShutterやサンワサプライSP-01M、 KASHIMURA BL-53などで曲送り戻し、音量、再生停止などが出来ます。
X7は本体が重いので便利にこれらを使っていたのですが、X7の最新ファームウェアであるv3.3.5に含まれるFiiO Musicではこれらリモコンを接続すると、本体のボタン操作などができなくなり、正常に動きません。

X7以外のAndroid採用モデル、X7IIとX5IIIについては6月ぐらいにファームウェアアップデートがあり、改善した様なのですがX7はこのアップデートがなかったため、ずっと未修正のままでした。

最近本国のFiiOフォーラムでこの問題を問い合わせている方がおり、FiiOからX5IIIに導入されているFiiO Musicを入れてみてくれという投稿があり、これを試した所リモコンの不具合が解消されました。

FiiO X7をv3.3.5に上げた状態で
FiiO X7 與 RM1 的問題のスレッド返信にある
http://fiio-file.fiio.net/FiiO%20Music0612.apkをDLしてインストールすると解消されます。

Head Fiや英語の方のフォーラムでは放置されていたので見落としていました。
X7とBluetoothリモコンの組み合わせで困っていた方はぜひアプリを更新してみてください。

α7IIIでiPadに画像を取り込むときはUSB給電をOFFにすると出来る

T/O

α7IIの時は機能自体がなかったので気が付かなかったのですが、iPadにLightning – USBカメラアダプタ経由で画像を取り込む際、α7IIIだと設定のUSB給電がOFFでないと、「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます」というエラーが出ます。

設定のUSB給電をOFFにすると、問題なく取り込むことができます。
USB給電の機能がついたα7RII,α7SII,α9,α7RIII,α7IIIいずれの機種も同じ設定で行けるみたいです。
便利そうな機能はとりあえずONにしておけ、みたいな感じで使っていたので今更にして気が付きました。

ちなみにLUNをマルチにするとスロット2が見えて、シングルにするとスロット1が見えるようになるみたいです。

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIの背面液晶は122万画素のWhiteMagic液晶
α7IIIの背面液晶は92万画素の普通の液晶
α7IIからIIIへのモデルチェンジでHW的に下がったのが
背面液晶の画素数です。WhiteMagicでなくなった分
Wの画素が減った数値となっており、これはNEX-6ぐらいまでの
背面液晶と同スペックとなりました。

前々から実際どんなものなのか比較しようと思っていて
時間が取れたのでこの2台の比較画像を撮りました。

照明なしの部屋に2台を置き、PowerShot G9Xのマニュアル露出で
だいたい撮影時の色が適正となるように調整して撮りました。

以下画像、左がα7IIで右がα7IIIです。
画像クリックで等倍表示されます。


本体設定の明るさ設定画面 α7IIの方が白っぽく感じます。

解像度チャート、α7IIの方が漂白された白っぽい色に対して、α7IIIの方は少し暖色に向いています。
撮影したカメラがコンデジなので解像度については参考レベルですがどちらも
数字までしっかり読み取れ、差は無い様に見られます。
肉眼で直接確認した際も、どちらもはっきりと線と数字が読み取れました。

カラーグラデーション α7IIの方がやはり少し白浮きし気味です。

カラーグラデーションパターン2 こちらも同様。
実機を見るとα7IIの方が若干明るめに見えました。

サンプル画像比較 α7II方がやはり白が強調されている感じです。
カラマネがちゃんとしているモニタと比較すると、α7IIIの方が発色がナチュラルに見えます。

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶は、こうして屋内で比較する分には
解像度感に差はなく、WhiteMagicの方が若干白っぽく明るく感じます。

WhiteMagicは屋外で使用した際に視認性が高いと言われていますが、実際はどうなのでしょう?
屋外晴天時にどれくらい差があるのか比較したのが次の写真です。
(使用したカメラで目で見たままを撮るのが難しかったので、わかりやすい様に多少露出をいじっています)
まずは、背面モニタの明るさを標準のマニュアルのままにした場合

これも左がα7II、右がα7IIIですが、わずかにα7IIの方が明るく見えるかな、という程度
次に背面モニタの明るさを「屋外晴天」にした場合

どちらもかなり明るく、炎天下においても画面がはっきりと映ります。

α7IIとα7IIIにおいては、背面液晶のスペックの差を実感する機会はあまりなさそうです。

スマートスピーカーについて

スマートスピーカを導入して数ヶ月経ち、その間に得られた情報を書き出しておきます。

・Amazon Echo Dotについて
発売と同時に招待されて2017年11月15日に購入。
毎日最初の1回目、もしくは時間をおいて話かけた1回目において、「すみません。 EchoDotの接続が中断されました。」
というエラーを起こすことが多い。 Echoのアップデートはユーザに通知されず、Alexaアプリからもバージョン情報が得られないため発生条件は分からない。
2017年2月にサポートに依頼して本体交換をした所改善、上記の通りソフトウェアの状態がわからないのでハードウェア起因なのか、ソフトウェア起因なのかは分からないが交換後は1度も発生していない。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識した事は一度もない。

カレンダーにExchangeを指定可能。

Amazon Musicは国内では今のところ手持ち音源のアップロードが出来ないので音楽再生はBluetooth経由が使いやすいが音質的にスマートフォンとの差は小さく、あまりスピーカーとして利用する意味はない。

・Google home miniについて
半額キャンペーン実施中の2017年12月3日に購入。
本体上部のボタンはアップデートで無効にされているはずだが、なんらかの拍子に有効になることがある。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識することは時折あるが、コマンドと認識できなかった場合サイレントに待機に戻るので気にならない。

カレンダーはGoogle Calendarのみ利用可能。

Google Play Musicは手持ち音源のアップロードが出来、かつサブスクリプションを結ばなくても
再生が可能なため、単体で音楽再生が可能。 ただし曲名や歌手名、特に英語のものについては認識精度が悪く予めPCなどでプレイリストを作成しておき、それを指定する方が使いやすい。
プレイリスト名も日本語以外は認識しづらい。
この認識は音声認識エンジンの問題というよりは、Google Play Music側の問題に見える。
例えば「橘ありすのin factを再生」と呼びかけると、アクティビティからは正常に認識していることが分かるが、一致する楽曲があっても
「現在利用できないようです」との応答を返す場合がある。この事象は曲によりけりで、認識しない曲はプレイリスト以外で再生することができない。
例えば「橘ありすの曲を再生」と呼びかけると橘ありすの曲を順番に再生し始めるが、上記エラーが返る楽曲はスキップされて再生されない。

・LINE Clova WAVEについて
先行版を2017年8月に購入。
ウェイクワードの誤認識/音声認識不良が非常に多く、アップデートでも改善されないため2017年12月に処分。
Bluetoothスピーカとしても、LINE MUSIC使用時とBluetooth使用時で音質差があり、使用に耐えるものではなかった。

・LINE Clova Friendsについて
WAVE先行版利用者向けの特典として、12月に無償提供された。
ウェイクワードの誤認識はWAVEに比べて幾分改善されているが、他の製品と比較すると頻度はかなり多い。
認識状態になるとどんな音でも反応してしまい、また連続して認識状態となるため、長時間無意味な応答を返し続ける事が多い。

LINE通話機能は便利そうにみえるが、既に利用しているLINEアカウントとのヒモ付が必要で、かつそのアカウントからの発信扱いとなるため環境によっては不便。
例えば妻と夫が居て、Friendsに夫のアカウントを登録した場合、外から夫が家にいる妻に電話をかけても、Friendsは反応しない。
逆に妻が夫に電話した時には反応する。
LINEメッセージはClova Friendsのアカウントが作成され、そこへのメッセージ送信となるため、妻と夫どちらのアカウントでもFriendsは反応する。 
通話とメッセージで仕様が違う理由は不明。

LINE MUSIC以外の音楽プロバイダを選択することはできず、LINE MUSIC自体に手持ち楽曲アップロード機能が存在しないため
手持ち楽曲を再生するにはBluetooth接続しかない。 WAVEと違い音質差はほぼないが、そもそも音質があまり良くない。

Amazon EchoやGoogle Homeと違い、現時点で開発者向けのインターフェイスは提供されていないので出来ることはかなり少ない。 

2017年、買って良かったもの、そうでもなかったもの

良かったもの
1.iPhone SE
巨大ファブレット全盛の中4インチというコンパクトさで片手で操作しやすく
性能もメインストリームラインということで凄く使いやすいです。
ローズゴールドの色も綺麗で、5Sの後継として活躍してくれています。

2.GPD Pocket
KickStater組でした。最初から例のマークもあり、大した不具合もなかったので
VAIO type Pの後継として大活躍してくれています。ポインティングデバイスもあり
フルサイズのUSBポートもあり、普通に使えるノートとして大活躍してくれています。

3.TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 11 USD (F004S)
いわゆるたむきゅー。
SEL2470Zが寄れなかったり撮るもののと合わなかったりとでα7IIで使える
ポートレートレンズが欲しかったのですが、LA-EA1/3でAFが使えるモータ内蔵の
F004Sが他のマウントと比べて半額になっていたのでポチり。
90mmなので狭い部屋でドール撮影するとちょっと苦労するのですが、寄れますし
撮れる絵もやわらかで好みの絵なので、これから活躍してくれると思います。

4.iPad Pro 10.5
新しいiPad(3rd)がiOS9でもういい加減使うのがつらいので思い切って買い替えました。
重量が軽くなり画面も広くなったので、ビューワーとしては凄く活躍してくれています。
iOS11でファイル操作が若干出来るようになったため、クリエイティブな用途にも活躍を
期待しましたが、やはりまだアプリ間でのファイルの受け渡しや、機能的な制限から
PCのような高度な作業というのは難しい様に思えます。

そうでもなかったもの
1.LINE Clova WAVE
未完成
8月の先行体験版から三ヶ月様子を見ましたが、競合と比べて音声認識で大きく劣り
アプリやデバイスの連携も皆無で今のところ周回遅れのプロダクトだと思いました。
Google HomeやEcho Dotは活躍してくれています。

2.Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS (SEL2470Z)
α7IIでフルサイズの標準ズームが欲しかったので買いましたが
あんまり描写が好みでなく、寄れないのに加えて後からFE 24-105mm F4 G OSSが発表されたので
買うならこちらを買えばよかった…という気分です。
ワイド保証5年つけてしまったので値段分は使い倒す気ではありますが、24-105も気になります….