RIDDLE JOKERのバナー設置しました。

RIDDLE JOKERのバナーを設置しました。
最近更新ご無沙汰ですがおとボク3も無事発売されたので更新。


今作もオナガーがいそう。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

皆既月食

約3年ぶりの皆既月食です。
Total Lunar Eclipse

Vixen New icarus D-80M+SONY NEX-6
このイベントをすっかり忘れてα7IIを修理に出してしまったので、前回と同じ機材で撮りました。
試しにα330でも撮ってみましたが、OVFだと小さすぎてピント合わせが難しく、NEX-6のEVFだと
拡大は出来ますがノイズが盛大に載っていてこれも難しく、撮るのにちょっと苦労しました。
フィルムで天体写真を撮る方の凄さを感じます。

望遠鏡が大部分プラスチックの初級機なので、オモリを吊るしてもカメラの自重やシャッターで鏡胴が揺れてしまい
長時間露光が難しいので、きちんと取ろうと思ったら新しい機材が必要なのかなと思いました。

2018年あけましておめでとうございます

戌年ということでaiboも発売間近ですが、うちのAIBO達もなんとか元気です。
今年もよろしくお願いいたします。

2017年、買って良かったもの、そうでもなかったもの

良かったもの
1.iPhone SE
巨大ファブレット全盛の中4インチというコンパクトさで片手で操作しやすく
性能もメインストリームラインということで凄く使いやすいです。
ローズゴールドの色も綺麗で、5Sの後継として活躍してくれています。

2.GPD Pocket
KickStater組でした。最初から例のマークもあり、大した不具合もなかったので
VAIO type Pの後継として大活躍してくれています。ポインティングデバイスもあり
フルサイズのUSBポートもあり、普通に使えるノートとして大活躍してくれています。

3.TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 11 USD (F004S)
いわゆるたむきゅー。
SEL2470Zが寄れなかったり撮るもののと合わなかったりとでα7IIで使える
ポートレートレンズが欲しかったのですが、LA-EA1/3でAFが使えるモータ内蔵の
F004Sが他のマウントと比べて半額になっていたのでポチり。
90mmなので狭い部屋でドール撮影するとちょっと苦労するのですが、寄れますし
撮れる絵もやわらかで好みの絵なので、これから活躍してくれると思います。

4.iPad Pro 10.5
新しいiPad(3rd)がiOS9でもういい加減使うのがつらいので思い切って買い替えました。
重量が軽くなり画面も広くなったので、ビューワーとしては凄く活躍してくれています。
iOS11でファイル操作が若干出来るようになったため、クリエイティブな用途にも活躍を
期待しましたが、やはりまだアプリ間でのファイルの受け渡しや、機能的な制限から
PCのような高度な作業というのは難しい様に思えます。

そうでもなかったもの
1.LINE Clova WAVE
未完成
8月の先行体験版から三ヶ月様子を見ましたが、競合と比べて音声認識で大きく劣り
アプリやデバイスの連携も皆無で今のところ周回遅れのプロダクトだと思いました。
Google HomeやEcho Dotは活躍してくれています。

2.Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS (SEL2470Z)
α7IIでフルサイズの標準ズームが欲しかったので買いましたが
あんまり描写が好みでなく、寄れないのに加えて後からFE 24-105mm F4 G OSSが発表されたので
買うならこちらを買えばよかった…という気分です。
ワイド保証5年つけてしまったので値段分は使い倒す気ではありますが、24-105も気になります….

あきら #5

Akira #5
お仕事の予定と体調不良でアイドールもドルパも行けませんでした。
特にドルパ行きたかった…。

最近たむきゅーを買ったのもあるので試写も兼ねてあきらさんをパチリ。
たむきゅーはF004のAマウントが異様に安い(キヤノン・ニコンの半額以下)になっているのを
みつけてつい買ってしまいました。前から試してみたいと思っていたんですが、272Eはモータを持っていないのでLA-EA1/3だとAFが使えないので躊躇していました。モータの入ったF004Sが安くなって嬉しい限り。

あきらさんはウイッグが大分荒れてきているので買い替え時期かなぁと思いつつ。
頻繁に写真をとらないのでいろんなノウハウを全く吸収できずに今に至ります。
Flickrみているとみなさんすごく生き生きとドールをとられているので、私もそういう写真が
撮れるようになりたい。 来年の目標にしよう。

処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星のバナーを設置しました。

処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星のバナーを設置しました。
最近BlogバナーがなくなってTwitterのヘッダとアイコンだけになる作品が増えてきて
若干寂しさを覚えます。 置きたいのでヘッダーをBlog貼り付けてるけど。
#しかしアイコンはともかくヘッダーって見る機会あるんだろうか、Twitterどっちもリンク設定出来ないから流入とかも分からないよね。


まさかの第三作目。 流石に時間が開いているので完全新作で独立しているそうですが、今回も楽しみです。

ほんとはカタハネVitaのバナーを貼りたかったのですがないのでリンクだけ。

#例によって各作品発売ぐらいまでこの記事がTopに来ます。通常の更新はスクロールしてどうぞ。

フルウソ

『フルウソ -Complete Four Seasons-』2018年2月23日発売!

ウソシリーズのセット版+追加シナリオ(アフターアフター)有りでフルプライス。
追加シナリオは個別4作品購入の特典(ハレウソ)とは別で個別販売は今のところアナウンスなし。

とのことなので、DL販売が決定した様です。Twitterや5chとかでもひどいと言われていたので
あわてて対応したのかなぁという感じですが、4作品コンプユーザとしてはひとまず安心。
今後の作品がどうなるのかはわかりませんが、事前に売り方のアナウンスがあるといいですね…

以下、追加発表前の内容なので二重線引いて消しておきます。
ウソシリーズ4作品を買っている人はハレウソは読めるが、アフターアフターは読めない。
フルウソを買った人はアフターアフターは読めるが、ハレウソは読めない。
追加シナリオをすべて読みたければ倍の出費をしてほぼ同じものを2つ買わなければならない。

いやーこう来るとは思わなかった。ひどいな。
一度こういう事やられると次は買おうと思わなくなりますよね。
完全版商法でもここまで露骨なのはあんまり見ない。
コンシューマ移植とかも基本後に出た方の作品買えば全部読めるし。

応援していないのでバナーはこのページだけです。

スマートスピーカー3種雑感

Google HomeとEchoが国内でも出て揃った感があるので軽く触った感じをメモ。

Google Home mini
不具合でアクションボタン使えなくなったのが地味に痛い。
Ok Google(ねえ、Google)というウェイクワードが呼びにくい印象だが
音声認識精度は悪くないし、合成音声も聞き取りやすい。
Actions on Googleがどれくらい広まるかがキモ。
綺麗に実装してあれば「ねぇ、Google ○○して」でボイスコマンドが収まるので
一番スッキリしている。

Amazon Echo Dot
早くから開発環境を公開していただけあってSkill(出来ること)が充実している。
RoombaもHueも操作出来るし、IRリモコンも各社出揃ってる。
音声認識精度も合成音声も悪くない。スマホのAlexaアプリで認識結果を確認出来て
そこからフィードバックを投げられるので操作のストレスも少ない。
ボイスコマンドの呼び方は「アレクサ ○○(Skill名)で○○(詳細)をして」と、現段階では
Google Assistantより長くなりがちなので、エイリアスが設定できるといいと思う。
特にナビタイム、列車の運行情報を知るのに「アレクサ、ナビタイム運行情報で中央線を教えて」と
かなりコマンドが長くなるので使いづらい。「アレクサ、中央線の状況を教えて」ぐらいで使いたい。
Skillによって終了コマンドが違うので呼び出した後止められなくなることがある。(じゃらんの終了方法がわからない…)
Echo Dotはライン出力がついていてホームオーディオに出力を流せるので既設の環境に組み込みやすいのがよい。

LINE Clova WAVE
日本でのリリースは一番早かったが機能としては最も未成熟。
LINE MUSICのターゲット層でサブスクリプションチケットを買ったら「かなり不便な」Bluetoothスピーカーが着いてきたぐらいの気持ちでいないと多分買ったのを後悔する。している。
音声認識周りが本当に未熟でテレビをつけているとウェイクワードを誤検知してずっと喋っている。
ボイスコマンドの確認もできないのでどうやったら動くか確認できずストレスだけが溜まっていく。
サードパーティの機能実装が現状殆どない(radikoが聴けるくらい)なので何もできない。
LINE MUSIC再生時とBluetooth経由で音楽を再生する時に音質差が結構あり、後者は音がスカスカになる。ワザとやってんのかなコレ。


開発者のスタンスがこんな感じなので、正直今後も期待出来ない。
Google HomeやEchoの発売に焦って正式版として販売しているが、中身は本当に未成熟で
先行する2者に比べて周回遅れになっている。こんなんで店頭販売されても普及を妨げるだけ。

今のところ各社ともボイスコマンドというか、決まった指示言葉を組み合わせて操作する形なので
自然な会話で操作が出来るわけではない。今後の成熟に期待。

Android端末で受信したLINE通知をiOS端末にも通知させる

普段はXperiaでLINEを受信しているのですが、たまに持ち出し忘れたり
するとメッセージに全く気が付かないので、他の端末で新着通知だけでも
飛ばす方法を探しました。
とりあえず動いているので備忘録として書いておきます。

1.処理全体の流れ
1.Androidの通知のうち、LINEのみをより分けてEventを起こす。(Tasker)
2.EventをiOS端末へPush通知する(Pushbullet)

2.セットアップ
1.Pushbulletのインストールと動作確認
Android,iOS端末両方にPushbulletをインストールし、相互にメッセージを送って
Push通知が届く事を確認します。 iOSで通知が来ない時は一度サインアウトしてから
やり直すとうまくいきます。
(Pushbulletには通知ミラーリングという機能がありますが、これはAndroidからPCに通知を送る機能で
iOS端末へは通知が遅れないので今回は使用しません。)

2.TaskerのインストールとEventの設定
(1)Android端末にTaskerをインストールし、初期設定(通知の許可・ユーザ補助の許可)をしておきます。
(2)TASKSの+ボタンを押し、適当に名前をつけた後Actionを追加します。
ActionはPluginのPushbulletを選択します。
(3)Action Editの画面でConfigrationの左にある鉛筆マークを選び、Pushbulletの通知設定をします
Toに対象となるiOS端末を入れ、タイトルに「LINE:%evtprm2 %evtprm3」と入力
メッセージは特に設定せずチェックマークをいれて戻ります。

(4)Taskditの画面に戻ったら通知をプッシュという表題でActionが追加されていると思いますので
左下の再生ボタンを押し、iOSへ通知が飛ぶかを確認します。
(スクショは2件表示されていますが、これは2台設定しているので1台だけならば1件表示されます)

この時点で以下のような通知がiOSへ飛べばOKです。

(5)PROFILESの+ボタンを押し、EventのUIにあるNotificationを選択します。
(6)Event Edit画面でOwner ApplicationとしてLINEを選択します。他は空欄でOKです。

(7)矢印で戻るとTASKを紐付けろと言われますので、先程作ったタスクを指定します。

(8)ハンバーガーメニューからExitを選びTaskerを一度閉じて再度開きます。
(これを行わないとTaskが反映されない事があるようです。)

3.動作確認
Android端末をスリープにして、他の端末からメッセージを送ってみます。
以下のような形でiOS端末に通知が飛べば成功です。

Androidの柔軟性に全力で助けられる形で機能を実現しています。
こういう細かい所に手が届くのをみるとやっぱりAndroid端末便利だなぁと思います。
iOSは逆に何もさせないことで安定性を担保しているので、こちらはこちらで運用が楽ですね。

・補足
%evtprmはNotificationの内容が変数として入ります。%evtprm2がタイトル、%evtprm3が内容です。
・以下試して駄目だったこと
IFTTTをトリガして通知をとばす。
両端末にIFTTTをインストールし、ifにAndroid Notication、thenにIFTTT Notificationを設定して
通知を飛ばす方法。これは個別の通知を選べないのでAndroidの通知が全て飛んでしまい綺麗ではありませんでした。
LINEもIFTTTに対応しているので細かく設定出来るかなと思ったら、ifには一切設定出来ないので意味がありませんでした。

ねんどろいど ホロ

受注分がここの所毎月来るので月刊ねんどろいどになっていますが、先月も来ました。8月号です。
今年はあとレーシングミクぐらいで打ち止めのはず。あれ、年内だっけこれ…

Holo(Spice and Wolf)

ねんどろいど ホロ
最近新シリーズが出た狼と香辛料、もう結構前の作品なのにリリースされて嬉しい限り。
ホロといえばやっぱりんごですね。