タグ : Camera

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶はどれくらい違うのか

α7IIの背面液晶は122万画素のWhiteMagic液晶
α7IIIの背面液晶は92万画素の普通の液晶
α7IIからIIIへのモデルチェンジでHW的に下がったのが
背面液晶の画素数です。WhiteMagicでなくなった分
Wの画素が減った数値となっており、これはNEX-6ぐらいまでの
背面液晶と同スペックとなりました。

前々から実際どんなものなのか比較しようと思っていて
時間が取れたのでこの2台の比較画像を撮りました。

照明なしの部屋に2台を置き、PowerShot G9Xのマニュアル露出で
だいたい撮影時の色が適正となるように調整して撮りました。

以下画像、左がα7IIで右がα7IIIです。
画像クリックで等倍表示されます。


本体設定の明るさ設定画面 α7IIの方が白っぽく感じます。

解像度チャート、α7IIの方が漂白された白っぽい色に対して、α7IIIの方は少し暖色に向いています。
撮影したカメラがコンデジなので解像度については参考レベルですがどちらも
数字までしっかり読み取れ、差は無い様に見られます。
肉眼で直接確認した際も、どちらもはっきりと線と数字が読み取れました。

カラーグラデーション α7IIの方がやはり少し白浮きし気味です。

カラーグラデーションパターン2 こちらも同様。
実機を見るとα7IIの方が若干明るめに見えました。

サンプル画像比較 α7II方がやはり白が強調されている感じです。
カラマネがちゃんとしているモニタと比較すると、α7IIIの方が発色がナチュラルに見えます。

α7IIのWhiteMagic液晶とα7IIIの液晶は、こうして屋内で比較する分には
解像度感に差はなく、WhiteMagicの方が若干白っぽく明るく感じます。

WhiteMagicは屋外で使用した際に視認性が高いと言われていますが、実際はどうなのでしょう?
屋外晴天時にどれくらい差があるのか比較したのが次の写真です。
(使用したカメラで目で見たままを撮るのが難しかったので、わかりやすい様に多少露出をいじっています)
まずは、背面モニタの明るさを標準のマニュアルのままにした場合

これも左がα7II、右がα7IIIですが、わずかにα7IIの方が明るく見えるかな、という程度
次に背面モニタの明るさを「屋外晴天」にした場合

どちらもかなり明るく、炎天下においても画面がはっきりと映ります。

α7IIとα7IIIにおいては、背面液晶のスペックの差を実感する機会はあまりなさそうです。

α7II/IIIの良いところ

最近の記事を見直して、ブログを立てた時に方針とした
「ネガティブな事をあまり書かない」という点からだいぶ離れてきてしまったので
方向修正するつもりで直近disっていたα7II/IIIのいい所を書きます。

α7IIのいい所


α7IIIにはない所だけ

    • 後からいじりやすい絵作り
      α7IIのイメージセンサーはIMX157AQRという品番のもので、これはα99、VG900、α7と
      同じ製品です。後段の処理が異なるので各機種同じ絵とはなりませんが
      多機種で採用されている実績のあるセンサーだけあって吐き出す絵に無理がなく、RAWでもいじりやすいです。
    • PMCAのレンズ補正がフル機能使える。
      PlayMemoriesCameraAppsにレンズ補正というアプリがあるのですが
      これはレンズごとに補正値のプロファイルを作って設定でき、α7II以降のPMCA搭載機種では
      レンズ名と焦点距離をExifに書けます。
      社外レンズ、とりわけ電子接点のないオールドレンズで遊ぶ時に後からどのレンズでとったかを
      見直せるので凄く便利です。この1点だけでオールドレンズ母艦として勧められるくらい便利です。
      フルサイズ機でExif書き込みまで含めたフル機能が使えるのはα7II世代だけです。
    • スマートリモコンが多機能
      これもPMCAでアプリとして独立している影響なのですが、スマートフォンから操作する
      スマートリモコンが結構多機能です。QX1のような本体に表示機を持たない機種でも使えるように
      拡張されてきた背景か、ライブビューからタッチフォーカスまで色々と機能があります。
    • 背面液晶がWhiteMagicで屋外でも多少見やすい
      NEX-5/6辺りの液晶と比べるとピーカンで真っ黒とはならないので屋外でも見やすいです。
    • スイングパノラマが使える
      カメラを横に動かし、パノラマ撮影が出来るこの機能。面白い絵がとれるので結構使います。

α7IIIのいい所


α7IIにはない所だけ

    • 位置情報をExifに書ける
      ついにソニーのカメラにもBluetooth連携の位置情報書き込みが実装され、旅行の時に大変便利。
      GPSロガーからの開放、RAWにもちゃんと書き込まれる 本当に便利。
    • RAW+JPGの時にJPGの画質が設定できる
      今まではRAW+JPGに設定するとJPG側はFine固定だったのですが、画質を選べるようになりました。
      撮って出しで使う時にExtraFineで出せるようになったので良いです。
    • ジョイスティックのAFポイント指定が便利
      今まで多点のAFって思った所にAFが合わなくてうーん?って感じだったのですが
      ジョイスティックで思ったところにピントを合わせられるのが凄く便利です。
    • バッテリー容量強化
      α7の泣き所バッテリーの持ちの悪さにメスが入り、容量が約2倍に。
      おさんぽスナップなら1本でも一週間ぐらい充電不要になりました。
      α7IIまでのNP-FW50もあれはあれで小型で安いのでポンポン買って入れ替えて使うのでも
      あまり不満は無かったのですが、バッテリー残量残り30%ぐらいからの余裕が違いますね。
    • 液晶をチルトするとEVFに切り替わらなくなる
      NEX-6から改善しないかなと思っていた、EVFのアイセンサが敏感すぎて液晶面に近づくとすぐに液晶からEVFに切り替わってしまう仕様がようやく改善され、液晶をチルトしてる間はEVFに切り替わらなくなりました。

α7II/IIIのいい所
共通

    • ファインダーが拡大できる
      EVFだからこそできる、ファインダー拡大はマクロやMFレンズで追い込みたい時に重宝します。
      α7II/IIIのEVFは倍率とコーティングの違いはあれど基本NEX-7から続くXGA OLED TrueFinderなので見やすいです。
    • APS-C向けレンズでもクロップで使える
      これはフルサイズのαすべて共通ですが、フルサイズセンサー搭載機でもAPS-C向けのレンズが使えます。
      クロップなので24MPから10MPになってしまいますが、比較的廉価で写りの良いレンズ(SAL35F18とか)が使えるので便利です。 他社でも機能自体はありますが、αのEVF機だとクロップに合わせてファインダーもきちんと拡大表示されるので見やすいです。
    • ボディ内手ブレ補正
      ほぼこのためにαを使っているのですが、本体単体で手ぶれ補正が動くのは本当に便利です。
      シャッタースピードの余裕が違いますし、レンズを選びません。 電子接点のないレンズでも
      設定またはレンズ補正アプリから焦点距離が設定出来るので使用できます。
    • AマウントSAM/SSMレンズ+LA-EA1/3で像面位相差AFが使える
      α7II世代以降のボディではLA-EA1/3(素通しアダプタ)でコントラストAFだけでなく鏡面位相差AF
      が使えるようになりました。
      コントラストAFは正直最低限動くといったもので静物相手でもピントが合うまでに結構な時間が
      かかっていたのですが、アップデートで鏡面位相差が使えるようになってからは大分短縮されました。
      静物相手なら実用になる速度です。AマウントのSAM/SSMレンズは数が限られますが、どれも中古の
      値段が結構落ちてきているので、手軽に楽しむにはいい選択肢になります。

Nikomat FT2を【期間限定】MF旧製品メンテナンスサービスに出しました。

祖父の形見として譲り受け、結構長く使っているNiomart FT2、ここ数年シャッターが怪しくて
使うのを控えていたのですがニコンが100周年記念で3月まで「【期間限定】MF旧製品メンテナンスサービス」というのをやっているので、オーバーホールに出してみました。
※今みたら期間延長になった様で、9月の終わりぐらいまでやるようです。
Nikomat FT2
1月初めにだして、見積もりが来たのが1月9日。即日にお願いをして
帰ってきたのは3月17日でした。大体二ヶ月とちょいぐらいですね。
予想を超える申し込みがあったらしく、大分時間がかかるようです。今から申し込むと5月を超えるとかなんとか。
Nikomat FT2だとオーバーホールは一律\24,084
New Nikkor 50mm F2のメンテナンスは\7,884でした。

元々部品交換を伴わない範囲でのOHということで、気になっていた所が直るか微妙だったのですが
機械部と、電気系統の露出計も調整をしていただいて、無事完動品として戻ってきました。
シャッターも全速ちゃんと出るようになって帰ってきましたので、これからまた
135フィルムが続く限り、活躍してくれると思います。

半導体でブラックボックスになりがちなAFと違い、機械部品で調整可能な範囲が広い
MF製品だからこそできたサービスだと思います。古い製品でも出来得る限りの面倒をみてくれるニコンは良いですね。

IYH! Carl Zeiss!

IYH! Carl Zeiss!

追憶、写真を始めた頃

F60D
初めて写真を意識したのは、確か幼小の頃「子供の科学」に載っていた
フォトコンの写真だったと思う。
それは夕陽の写真で、子供心ながらに「こんな写真を撮ってみたい」と思わせる
力を秘めていた。

それから図書館に通って写真雑誌を読むようになって、親のカメラを借りて写真を撮るようになった。
といっても当時はまだ小学生、小遣いは月500円で1月に1本フィルムを買って、次の月に現像して
そのまた次の月でネガから選んだ数枚をL版プリントするのが精一杯だった。

PLフィルターが使いたくて一眼レフが欲しくなった。
カメラ屋でカタログを貰って、眺めているのが楽しかった。

特にニコンのF60D、カメラ本体よりもそのカタログに出てくる女の子が可愛くて
よく眺めていた。
F60D_01F60D_08
中学に入ったか、入る直前か、それくらいの時に念願の一眼レフを買った。
お年玉のやりくりで精一杯貯めた金額ではF60Dは買えなくて、当時EOS KissIIIが出て
在庫処分になっていたNew EOS Kissを買った。
それも純正キットじゃなくて、当時よくやっていた安レンズとのセット品、レンズはタムロンだった。
でも、それで十分だった。

中学校では写真部に入った。
写真部は顧問のこだわりからモノクロ写真限定で、指定フィルムはトライX。
そこで初めてモノクロ写真の楽しさを知った。
現像も引き延ばしも、全て学校で出来たから沢山写真を撮った。
まあ当時からセンスに乏しかったので、散々顧問には扱かれたのだけど。

初めて写真に触れてから20年近く経ったけど、今でも写真は撮っている。
携帯のカメラだったり、デジタル一眼だったり、フィルムだったり、そのときによって
道具は様々だけど、写真を撮るという行為自体は変わっていない。
年々フィルムの生産停止が増えて、やがてフィルムがなくなる日も来るんだろうけれど
きっと、そうなっても写真を撮るという行為は変わらず続けていくんだろう。

で、なんでこんな記事をポストしたかというと、最近当時欲しかった
ニコンのF60Dを偶然手に入れることが出来た。

実家を漁っていたら当時のカタログも出てきて、懐かしいこと懐かしいこと。
今見ても、カタログの彼女は可愛かった。

そこに、コダックのBW400CNがディスコンになるという話も入ってきて
自分が写真を始めたのってなんだったけなーとふと思って。
特に話に意味は無いのだけれど、書いてみたくなりました。