タグ : iPad

iPad OS(iOS13)でマウスを使ってリモートデスクトップを試す。

19:45:一部機能を見落としていたので記事を書き換えました。(マウスの右クリック実現について)

iPad OS(iOS13)ではOSの標準機能として、マウスがサポートされました。

アクセシビリティのいち機能としての実装になりますが、iOSでもポインタによるマウス操作が出来るようになりました。

長い間iOSでリモートデスクトップを使う場合、マウスが使えないことによる

使い勝手の問題がありましたが今回のサポートで大分状態が改善されたため、軽くまとめてみます。

※これまでもCitrix X1 MouseやSwiftPoint GTなどリモートデスクトップ専用マウスがありましたが
価格が高く対応アプリケーションも限られるため、広く使える方法ではありませんでした。

1.設定方法について

有線マウスについては直接接続、無線マウスについてはBluetooth経由の接続となります。

Bluetoothマウスについては設定アプリトップのBluetoothからはペアリング出来ず

アクセシビリティ->タッチ->AssistiveTouch->デバイス->Bluetoothデバイスからペアリングします。

ペアリング後、Assistive Touchを有効にすると、マウスカーソルが表示されます。

デフォルトのマウスカーソルはかなり大きいため、AssistiveTouch->ポインタのスタイルから

カーソルの大きさを変更することができます。

また、軌跡の速さからマウスカーソルの移動速度を変更することができます。

2.リモートデスクトップアプリの対応について

ペアリングしたマウスについて、デバイスから選択すると、ボタンのカスタマイズが出来ます。

Assistive Touchからデバイスを選択し、ペアリングしたマウスを選択。

以下の様にボタン1を「シングルタップ」、ボタン2を「長押し」とすると、一部アプリにて

右クリックを実現することができます。

この状態で各種リモートデスクトップアプリについて、操作を試した表が以下のとおりです。

Chromeリモートデスクトップはタッチモードではクリックしか出来ないためうまく使えませんが

MSリモートデスクトップやSplashtop、AnyDeskは右クリックも含めて操作出来ます。

3種のアプリはいずれもマウスモードをトラックパッドではなくタッチモードにします。

 

おまけとしてMSのアプリは現時点でiPad Pro11の解像度には対応していないので注意が必要です。

またWAN越しの操作をする場合は、VPNで接続するか、対応のアプリを使用する必要があります。

3.Tips

Assistive Touchを有効、かつマウスを接続していない場合、画面にメニューが表示されてしまいます。

マウスのためだけにこの機能を使っている場合、設定からいちいちON/OFFするのは面倒ですが

コントールセンターにこの機能のON/OFFを追加することができます。

設定->コントールセンター->アクセシビリティのショートカットを追加し

コントロールセンターからショートカットを選択すると、簡単にON/OFFすることができます。

iPad Pro11(2018)買いました。

もう昨年の話になりますが、iPad Pro10.5からiPad Pro11へ買い替えました。

主な用途の一つが写真の現像だったので、type-Cになったことがとても便利です。
高くて不便なLightningケーブルから開放されています。

もう発売から時間が経っているので、手元で色々試した結果を軽く残しておきます。

1.保護シート
iPadの液晶はとても指紋がつきやすいので、保護シートが必須に近いです。
iPad Pro11ではこれまで使用出来ていたガラスの保護シートとの相性がどうも悪く、3製品ほど試しましたがフリック切れやタッチ暴走などが起きます。
結局、エレコムのファインティアラを採用した保護シートに落ち着きました。
これでもデレステではフリック抜けがたまにあるので、10.5の頃と比べると若干ストレスです。

2.ケース
絵は書かないので当分Apple Pencilは要らないと思い、側面まで保護があるタイプのケースを入手しました。今手に入るものはApple Pencil装着面の保護がないものが多く、つけられないものは結構安く処分されているので、Pencil使わない方は側面保護有りのものがおすすめです。

3.カメラ
10.5と違い、手ぶれ補正がありません。これで写真を撮るかというと微妙なのですがEvernoteなどの書類取り込みをする時に手ぶれ補正が結構効くので、ないとハッキリわかります。

4.USB DAC(3.5mmジャック出力)
基本的にtype-Cへ変換してあげれば動きますが、イヤホンだと音量が大きすぎるDACもあり音に拘りがなければ純正のアダプタを買うのが良いかと思います。
手元にnexumのAQUAというtype-C DACがあったので使用していますが、上記の問題があり、アッテネータが必須でした。

5.磁気
今回のモデルはケースの保持が磁気になった影響で、本体に磁石が山程入っています。これが曲者でうっかり忘れてキャッシュカードや通帳を近づけるとあっさりと死にます。今までのカバー検知用の磁石の比でなく強力なので、カバンに一緒に磁気が関係するものを放り込むと危険です。

3.その他
今回もiPadは国内とアメリカ以外の国でモデルNoが同一(例:A1934)なので、海外版を輸入すればシャッター音のないマークのあるモデルが入手出来ます。
私は今回香港版をガウロンドットコム様経由で購入しました。かなり迅速に対応いただき
1週間程度で入手出来たのでありがたかったです。

α7IIIでiPadに画像を取り込むときはUSB給電をOFFにすると出来る

T/O

α7IIの時は機能自体がなかったので気が付かなかったのですが、iPadにLightning – USBカメラアダプタ経由で画像を取り込む際、α7IIIだと設定のUSB給電がOFFでないと、「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます」というエラーが出ます。

設定のUSB給電をOFFにすると、問題なく取り込むことができます。
USB給電の機能がついたα7RII,α7SII,α9,α7RIII,α7IIIいずれの機種も同じ設定で行けるみたいです。
便利そうな機能はとりあえずONにしておけ、みたいな感じで使っていたので今更にして気が付きました。

ちなみにLUNをマルチにするとスロット2が見えて、シングルにするとスロット1が見えるようになるみたいです。