タグ : LINE

スマートスピーカーについて

スマートスピーカを導入して数ヶ月経ち、その間に得られた情報を書き出しておきます。

・Amazon Echo Dotについて
発売と同時に招待されて2017年11月15日に購入。
毎日最初の1回目、もしくは時間をおいて話かけた1回目において、「すみません。 EchoDotの接続が中断されました。」
というエラーを起こすことが多い。 Echoのアップデートはユーザに通知されず、Alexaアプリからもバージョン情報が得られないため発生条件は分からない。
2017年2月にサポートに依頼して本体交換をした所改善、上記の通りソフトウェアの状態がわからないのでハードウェア起因なのか、ソフトウェア起因なのかは分からないが交換後は1度も発生していない。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識した事は一度もない。

カレンダーにExchangeを指定可能。

Amazon Musicは国内では今のところ手持ち音源のアップロードが出来ないので音楽再生はBluetooth経由が使いやすいが音質的にスマートフォンとの差は小さく、あまりスピーカーとして利用する意味はない。

・Google home miniについて
半額キャンペーン実施中の2017年12月3日に購入。
本体上部のボタンはアップデートで無効にされているはずだが、なんらかの拍子に有効になることがある。

騒音の多い環境でウェイクワードを誤認識することは時折あるが、コマンドと認識できなかった場合サイレントに待機に戻るので気にならない。

カレンダーはGoogle Calendarのみ利用可能。

Google Play Musicは手持ち音源のアップロードが出来、かつサブスクリプションを結ばなくても
再生が可能なため、単体で音楽再生が可能。 ただし曲名や歌手名、特に英語のものについては認識精度が悪く予めPCなどでプレイリストを作成しておき、それを指定する方が使いやすい。
プレイリスト名も日本語以外は認識しづらい。
この認識は音声認識エンジンの問題というよりは、Google Play Music側の問題に見える。
例えば「橘ありすのin factを再生」と呼びかけると、アクティビティからは正常に認識していることが分かるが、一致する楽曲があっても
「現在利用できないようです」との応答を返す場合がある。この事象は曲によりけりで、認識しない曲はプレイリスト以外で再生することができない。
例えば「橘ありすの曲を再生」と呼びかけると橘ありすの曲を順番に再生し始めるが、上記エラーが返る楽曲はスキップされて再生されない。

・LINE Clova WAVEについて
先行版を2017年8月に購入。
ウェイクワードの誤認識/音声認識不良が非常に多く、アップデートでも改善されないため2017年12月に処分。
Bluetoothスピーカとしても、LINE MUSIC使用時とBluetooth使用時で音質差があり、使用に耐えるものではなかった。

・LINE Clova Friendsについて
WAVE先行版利用者向けの特典として、12月に無償提供された。
ウェイクワードの誤認識はWAVEに比べて幾分改善されているが、他の製品と比較すると頻度はかなり多い。
認識状態になるとどんな音でも反応してしまい、また連続して認識状態となるため、長時間無意味な応答を返し続ける事が多い。

LINE通話機能は便利そうにみえるが、既に利用しているLINEアカウントとのヒモ付が必要で、かつそのアカウントからの発信扱いとなるため環境によっては不便。
例えば妻と夫が居て、Friendsに夫のアカウントを登録した場合、外から夫が家にいる妻に電話をかけても、Friendsは反応しない。
逆に妻が夫に電話した時には反応する。
LINEメッセージはClova Friendsのアカウントが作成され、そこへのメッセージ送信となるため、妻と夫どちらのアカウントでもFriendsは反応する。 
通話とメッセージで仕様が違う理由は不明。

LINE MUSIC以外の音楽プロバイダを選択することはできず、LINE MUSIC自体に手持ち楽曲アップロード機能が存在しないため
手持ち楽曲を再生するにはBluetooth接続しかない。 WAVEと違い音質差はほぼないが、そもそも音質があまり良くない。

Amazon EchoやGoogle Homeと違い、現時点で開発者向けのインターフェイスは提供されていないので出来ることはかなり少ない。 

Android端末で受信したLINE通知をiOS端末にも通知させる

普段はXperiaでLINEを受信しているのですが、たまに持ち出し忘れたり
するとメッセージに全く気が付かないので、他の端末で新着通知だけでも
飛ばす方法を探しました。
とりあえず動いているので備忘録として書いておきます。

1.処理全体の流れ
1.Androidの通知のうち、LINEのみをより分けてEventを起こす。(Tasker)
2.EventをiOS端末へPush通知する(Pushbullet)

2.セットアップ
1.Pushbulletのインストールと動作確認
Android,iOS端末両方にPushbulletをインストールし、相互にメッセージを送って
Push通知が届く事を確認します。 iOSで通知が来ない時は一度サインアウトしてから
やり直すとうまくいきます。
(Pushbulletには通知ミラーリングという機能がありますが、これはAndroidからPCに通知を送る機能で
iOS端末へは通知が遅れないので今回は使用しません。)

2.TaskerのインストールとEventの設定
(1)Android端末にTaskerをインストールし、初期設定(通知の許可・ユーザ補助の許可)をしておきます。
(2)TASKSの+ボタンを押し、適当に名前をつけた後Actionを追加します。
ActionはPluginのPushbulletを選択します。
(3)Action Editの画面でConfigrationの左にある鉛筆マークを選び、Pushbulletの通知設定をします
Toに対象となるiOS端末を入れ、タイトルに「LINE:%evtprm2 %evtprm3」と入力
メッセージは特に設定せずチェックマークをいれて戻ります。

(4)Taskditの画面に戻ったら通知をプッシュという表題でActionが追加されていると思いますので
左下の再生ボタンを押し、iOSへ通知が飛ぶかを確認します。
(スクショは2件表示されていますが、これは2台設定しているので1台だけならば1件表示されます)

この時点で以下のような通知がiOSへ飛べばOKです。

(5)PROFILESの+ボタンを押し、EventのUIにあるNotificationを選択します。
(6)Event Edit画面でOwner ApplicationとしてLINEを選択します。他は空欄でOKです。

(7)矢印で戻るとTASKを紐付けろと言われますので、先程作ったタスクを指定します。

(8)ハンバーガーメニューからExitを選びTaskerを一度閉じて再度開きます。
(これを行わないとTaskが反映されない事があるようです。)

3.動作確認
Android端末をスリープにして、他の端末からメッセージを送ってみます。
以下のような形でiOS端末に通知が飛べば成功です。

Androidの柔軟性に全力で助けられる形で機能を実現しています。
こういう細かい所に手が届くのをみるとやっぱりAndroid端末便利だなぁと思います。
iOSは逆に何もさせないことで安定性を担保しているので、こちらはこちらで運用が楽ですね。

・補足
%evtprmはNotificationの内容が変数として入ります。%evtprm2がタイトル、%evtprm3が内容です。
・以下試して駄目だったこと
IFTTTをトリガして通知をとばす。
両端末にIFTTTをインストールし、ifにAndroid Notication、thenにIFTTT Notificationを設定して
通知を飛ばす方法。これは個別の通知を選べないのでAndroidの通知が全て飛んでしまい綺麗ではありませんでした。
LINEもIFTTTに対応しているので細かく設定出来るかなと思ったら、ifには一切設定出来ないので意味がありませんでした。