タグ : RemoteDesktop

iPad OS 13.4にてリモートデスクトップアプリの右クリックを実現する

iPadOS13.4でマウス、トラックパッドが正式サポートされ、開発者向けにAPIも用意されたことから
今後、右クリックにも対応するリモートデスクトップアプリが出てくると思いますが現時点では非対応のものが多いです。
そのためいくつかのリモートデスクトップアプリで右クリックを実現するには、今の所
マウスのボタンに長押しを割り当てる必要があります。
iPadOSの一般設定から設定できる内容では長押しが設定できないため
iPad OS13.4においても以下の様にAssistiveTouchを利用した設定が必要となります。

リモートデスクトップの右クリックを長押しで代用するという方法は変わらないので
どのアプリで使えるか、という情報は以前の記事を参照してください。
iPad OS(iOS13)でマウスを使ってリモートデスクトップを試す。
(今後、各アプリで正式対応されるかと思いますが、このサイトでは特に追いかけません。)

ここからはiPad OS 13.4でリモートデスクトップアプリの右クリックを実現する方法を
簡単に記載します。

1.ペアリング

iPadOS 13.4からは設定のBluetoothからマウスのペアリングができるようになりましたので
そちらからペアリングします。

2.AssistiveTouchの有効化

マウスをペアリングすると一般設定に「トラックパッドとマウス」という設定項目が出てきますが
こちらでは副ボタン(右クリック)に長押しを割り当てることができません。
なので引き続き、AssistiveTouchからマウスのボタン割当を行います。

アクセシビリティ->タッチ->AssistiveTouchを選びます。
AssistiveTouchをオンにした上でポインティングデバイスをタップすると
先程ペアリングしたデバイスが見ますのでタップします。

3.追加ボタンのカスタマイズ

マウスを選択すると追加ボタンをカスタマイズという項目がありますのでタップ
ポタンをカスタマイズというウインドウが表示されたら、マウスの右ボタンを押します。
割り当てる機能を選択する画面に遷移しますので、長押しを選択します。

これでマウスの右ボタンに長押しを割り当てることができました。
この割当はAssistiveTouchが有効の状態でのみ動作します。

4.Tips

Assistive Touchを有効、かつマウスを接続していない場合、画面にメニューが表示されてしまいます。
リモートデスクトップのためだけにこの機能を使っている場合、設定からいちいちON/OFFするのは面倒ですが
コントールセンターにこの機能のON/OFFを追加することができます。
設定->コントールセンター->アクセシビリティのショートカットを追加し

コントロールセンターからショートカットを選択すると、簡単にON/OFFすることができます。

iPad OS(iOS13)でマウスを使ってリモートデスクトップを試す。

iPadOS13.4以降についてはこちらに追記:
iPad OS 13.4にてリモートデスクトップアプリの右クリックを実現する

iPad OS(iOS13)ではOSの標準機能として、マウスがサポートされました。

アクセシビリティのいち機能としての実装になりますが、iOSでもポインタによるマウス操作が出来るようになりました。

長い間iOSでリモートデスクトップを使う場合、マウスが使えないことによる

使い勝手の問題がありましたが今回のサポートで大分状態が改善されたため、軽くまとめてみます。

※これまでもCitrix X1 MouseやSwiftPoint GTなどリモートデスクトップ専用マウスがありましたが
価格が高く対応アプリケーションも限られるため、広く使える方法ではありませんでした。

1.設定方法について

有線マウスについては直接接続、無線マウスについてはBluetooth経由の接続となります。

Bluetoothマウスについては設定アプリトップのBluetoothからはペアリング出来ず

アクセシビリティ->タッチ->AssistiveTouch->デバイス->Bluetoothデバイスからペアリングします。

ペアリング後、Assistive Touchを有効にすると、マウスカーソルが表示されます。

デフォルトのマウスカーソルはかなり大きいため、AssistiveTouch->ポインタのスタイルから

カーソルの大きさを変更することができます。

また、軌跡の速さからマウスカーソルの移動速度を変更することができます。

2.リモートデスクトップアプリの対応について

ペアリングしたマウスについて、デバイスから選択すると、ボタンのカスタマイズが出来ます。

Assistive Touchからデバイスを選択し、ペアリングしたマウスを選択。

以下の様にボタン1を「シングルタップ」、ボタン2を「長押し」とすると、一部アプリにて

右クリックを実現することができます。

この状態で各種リモートデスクトップアプリについて、操作を試した表が以下のとおりです。

Chromeリモートデスクトップはタッチモードではクリックしか出来ないためうまく使えませんが

MSリモートデスクトップやSplashtop、AnyDeskは右クリックも含めて操作出来ます。

3種のアプリはいずれもマウスモードをトラックパッドではなくタッチモードにします。

 

おまけとしてMSのアプリは現時点でiPad Pro11の解像度には対応していないので注意が必要です。

またWAN越しの操作をする場合は、VPNで接続するか、対応のアプリを使用する必要があります。

3.Tips

Assistive Touchを有効、かつマウスを接続していない場合、画面にメニューが表示されてしまいます。

マウスのためだけにこの機能を使っている場合、設定からいちいちON/OFFするのは面倒ですが

コントールセンターにこの機能のON/OFFを追加することができます。

設定->コントールセンター->アクセシビリティのショートカットを追加し

コントロールセンターからショートカットを選択すると、簡単にON/OFFすることができます。